2級建築士設計製図講座

発表された当年度課題から想定されるあらゆる条件の対策を行う当年度課題攻略のための講座。学科試験後からのスタートで設計製図試験合格をめざします。
2級建築士設計製図講座 講座一覧MAP
TOP 学習内容・
講座の流れ

講座概要

学習内容

〔設計製図指導〕

本試験課題対策講座 、試験終了講座

受験年度 平成30年度受験対策
標準開講日

〔日曜コース〕 平成30年7月8日
〔水曜コース〕 平成30年7月11日

受講料

430,000円+税

  • ※税込受講料は、税別受講料に受講申込日時点での消費税率を乗じた金額となります。
一般教育訓練給付制度 利用可
備考
  • ※試験制度の変更などにより、学習する内容・カリキュラムについては、変更を行う場合があります。
  • ※開講日程は教室により異なる場合がありますので、詳細は 最寄りの各校までお問い合わせください。
  • ※水曜コースは教室によって開講していない場合がございます。詳細は 最寄りの各校までお問い合わせください。

関連リンク

〔個人対象〕 給付制度により最高10万円が支給
10万円を上限に受講料の2割に相当する額が支給

  • ※ご利用には条件があります。
  • ※給付制度利用に関する詳細は、必ず当学院までお問い合わせください。

資料請求

  • さらに詳しい講座情報は、
    資料をご請求ください。

受講相談

  • 講座に関するご質問や
    ご不明な点はこちらから。

受講予約

  • 教室の席を優先的に確保します。 受講の予約はこちらから。

総合資格学院の設計製図講座

学科試験終了後から本格的な学習がはじまる本講座。当学院独自の効率的な学習で、当年度課題攻略に向け、 基礎から応用まで段階的に“わかるまで”“独力で描けるまで”学ぶことができます。そのため、初めて設計製図を学ぶ方でも、十分に本試験で合格できる実力を養うことができます。

■建築設計の「原理・原則」から導き出すプレゼンテーション指導

当学院は、旧来の作図指導のような「何度も描いて真似る」「パターンを覚える」という詰め込み指導とは違い、一つひとつを理解する指導を実践。CGや模型、アイソメ図等を使用し、 自ら手を動かして確認する体験型講義です。建物全体を立体的に捉え、建築物そのものを理解できるため、 応用力や本試験でも対応できるプレゼンテーション力(作図力)が身につきます。

■自由度が高い設定の中でまとめていく指導

近年の本試験では、自由度が高いからといってエスキスが建築の常識や原理・原則を無視した内容となっていては、合格はできません。当学院では、様々なパターンを分析、検証しながら建築設計における考え方(原理・原則)を指導することにより、 どのような課題が出題されても必ず形にできる、本試験で確実に合格するための指導を実践しています。

  • ※講座テキストより抜粋

■実務(クライアントの要望を汲み取る力)=本試験(課題文の条件を読み取る力)

当学院オリジナルの 読み取りメソッドを徹底し、正しく、効率の良い手順で合格図面が描けるよう指導していきます。また課題文の読み取る力を強化するために、 読み取り手順のプロセス管理を徹底しています。これにより、読み落としの防止やタイムマネジメントができるようになり、自信を持って本試験に臨むことができます。

資料請求

  • さらに詳しい講座情報は、
    資料をご請求ください。

受講相談

  • 講座に関するご質問や
    ご不明な点はこちらから。

受講予約

  • 教室の席を優先的に確保します。 受講の予約はこちらから。

総合資格学院のさらなる強み

平成29年度 2級建築士設計製図試験 合格実績

資料請求

  • さらに詳しい講座情報は、
    資料をご請求ください。

受講相談

  • 講座に関するご質問や
    ご不明な点はこちらから。

受講予約

  • 教室の席を優先的に確保します。 受講の予約はこちらから。

前年・前々年学科合格者向けの講座

  • 早期スタートのメリットを活かし、課題発表前は、考える力や実務的知識などの基礎力を養成。課題発表後は、想定されるあらゆる条件への準備を行います。
ガイダンス実施中 お近くの教室検索
当学院の法人サポート
合格実績
合格者占有率No.1
  • ※総合資格学院の合格実績には、模擬試験のみの受験生、教材購入者、無料の役務提供者、過去受講生は一切含まれておりません。
2級建築士インフォメーション
2級建築士インフォメーション
資格取得のメリットから、試験の最新情報まで、ここでしか手に入らない情報満載!!
詳しくはこちら
カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop