平成30年度 1級土木施工管理技術検定 学科試験総評

総評

平成30年度の出題形式について、問題A(選択問題)は61問の出題から30問を選択解答し、問題B(必須問題)は35問すべてを解答するもので、例年通りの出題形式でした。
試験の難易度について平成29年と比べると、問題A、Bともやや難しかったと考えられます。

(1)問題A〔選択問題〕

土木一般(15問中12問選択)、専門土木(34問中10問選択)、法規(12問中8問選択)の出題で、例年通りの出題数と選択数でした。
このうち、専門土木法規に関しては、過去の学科試験でも出題された問題が散見されたため、自分が解ける問題を的確に選択することができれば、十分に得点できる内容でした。

一方、土木一般に関しては、難易度の高い問題が多く出題されたため、得点を伸ばすことができなかった受験生が多かったと考えられます。難易度が高かった問題として、No.4(建設発生土)No.9(暑中コンクリート)No.11(型枠に作用する側圧)などがあげられます。

No.4は、建設発生土を利用した裏込め材に関する問題でした。この問題について「安定処理された土」がどのような性質なのか理解しておらず、一般的な裏込め材と混同したため、誤った解答をした受験生が多かったと考えられます。

No.9は、学科試験の出題頻度が高い「暑中コンクリート」が出題されました。本年度は暑中コンクリートの定義について問われましたが、「最高気温」と「日平均気温」の違いを正確に理解していれば解ける問題でした。

No.11は、型枠に作用するコンクリートの側圧分布が出題されました。過去の本試験では、コンクリートの打ち上がり速度やスランプ等と型枠に作用する側圧との関係性を理解できているかどうかが問われましたが、本年度は「コンクリートの側圧分布に関する模式図」が初めて出題されました。過去の出題内容を理解できていても、模式図の具体的な形まで学習していた受験生は少なかったと考えられることから、難しい問題だったと言えます。

(2)問題B〔必須問題〕

例年の出題通り、共通工学4問と施工管理法31問が出題されました。施工計画、工程管理、安全管理、品質管理など、1級土木施工管理技士として当然理解しておくべき各種の施工管理手法について、一般知識の有無や適切な判断力の有無が問われた内容でした。

しっかり学習していれば対応できる問題が多く出題されていた一方で、初出題の用語難易度の高い内容も出題されていたため、基本的な問題で取りこぼしを防ぐことが重要でした。

問題Bにおいて特に難易度が高かったのは、品質管理(No.25〜No.31)で、No.30(鉄筋の継手)では、鉄筋のガス圧接継手、ねじ節鉄筋継手、機械式継手に関して詳細な施工方法が初めて出題されました。これらの継手の施工経験が少ない受験生には、かなり難しい内容だったと言えます。

学科試験合格のためには、必須問題(問題B)でより多く得点することがポイントであると言えます。平成31年度以降の本試験では、基本的な内容と併せて、上記のような最新の出題傾向の問題に対しても、十分な対策な対策を講じなければ試験突破は難しいと考えられます。

平成30年度 1級土木施工管理 実地試験対策

当学院のサービス利用で合格可能性を高めましょう!

平成31年度 1級土木施工管理 学科試験対策

   

1級土木施工管理技士取得後のネクストステップ!

 

平成30年度 1級土木施工管理技術検定学科試験 合格実績

平成29年度 1級土木施工管理技術検定実地試験 合格実績

総合資格学院でめざす土木施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の土木施工管理技士合格を応援します!

総合資格学院では、実地試験合格に必要な分野を基礎から段階的に身につけ、実地試験の合格をめざす「 実地講座」をご用意しています。また、総合資格学院各校では、実地試験の合格のカギを握る施工経験記述の攻略ポイントがわかる実地試験攻略ガイダンスを開催します。

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop