平成29年度 インテリアコーディネーター資格2次試験 総評

インテリアコーディネーター対策講座

インテリアコーディネーター合格対策グッズ 応募者全員プレゼント

建築士対策講座

総評

平成29年度の2次試験では、平成28年度同様、「課題T プレゼンテーション」と「課題U 論文」は直接的には関連性がない課題でした。また、アイソメ図やパース等の要求がなかったため、例年に比べて、全体的には解きやすい内容だったと考えられます。

プレゼンテーションは、突出して難しい要求はなかったものの、作図量が多かったため、作図に対するスピードと精度が合否を分ける要因になったのではないかと考えられます。
論文は設問の要求順に記述していけば、それほど専門的な内容を書かなくても十分に解答できる課題でした。

【プレゼンテーション】

空間に十分な余裕があり、かつ家具の位置や寸法が指定されていたため、依頼主の要求条件で求められている家具の内容を正しく読み解くことができれば、レイアウトを決めるために時間を取られることはなかったと考えられます。

ただし、平面図以外に、「立・断面図」が2面、「造作家具正面図」が2面出題されたほか、「造作家具の正面図」については内部詳細の記入が求められるなど、例年に比べ作図量は非常に多く、時間を多く要する課題でした。

また、家具の仕上げ材においては、従来縮尺が1:20や1:30の課題がほとんどでしたが、今回は縮尺が1:50の立・断面図が要求されており、小さい図面に記入しなくてはならない、描きづらい課題でした。

【論文】

設問は、インテリアエレメントの決定に至るまでの一般的な業務の進め方を、壁クロスを例にして550〜600字で記述する内容でした。

一見、「実務の有無を問う出題」だと思わせる出題でしたが、一次試験の学科の内容(ICの実務)を理解していれば対応できたと考えられます。また、設問には「解答に際しては、『ヒアリングと助言』、『イメージの具体化と提案』、『確認と決定』の3段階に分けて記述すること」とあり、具体的な記述条件が明記されていたため、この順番に沿えば、ある程度は記述できる内容でした。

プレゼント

『平成29年度インテリアコーディネーター2次試験
オリジナル参考解答例』

平成26年度インテリアコーディネーター2次試験プレゼンテーション試験課題オリジナル参考解答例』

◎2次試験の見直しに最適

平成29年度 インテリアコーディネーター2次試験のオリジナル参考解答例をプレゼント。試験のポイントを的確におさえた当学院オリジナルの参考解答例ですので、試験の見直しに最適です。

※イメージは前年のものです

※ 参考解答例は当学院が独自に作成するもので試験実施機関とは一切関係ありません

 
 

平成30年度 インテリアコーディネーター試験対策講座

平成30年度
インテリアコーディネーター2次対策講座(添削指導付)

インテリアコーディネーター2次対策講座 受講イメージ

受講料150,000円+税で、論文+プレゼンテーションの一貫指導(添削指導付)

教材費や入学金が別料金であったり、2次試験で重要な出題範囲となる論文対策がオプション講義で別料金が必要なっているスクールもありますが、当学院の2次試験対策講座は、 「150,000円+税」の受講料のみで、合格レベルの実力を確実に養成します。

H28年度も、1級建築士試験でNo.1の合格実績を達成した当学院の「製図指導ノウハウ」は本講座にも活かされており、充実の「論文+プレゼンテーション」指導で皆様を合格へと導きます。

製図試験のNo.1専門指導校だから「作図」・「記述」に強い!

プロ講師による論文添削指導・プレゼンテーション添削指導!

「入学金なし・教材費込み」で受講料150,000円+税!追加料金は一切ありません!

平成30年度
インテリアコーディネーター1次対策講座

インテリアコーディネーター1次対策講座 受講イメージ

平成26年度から従来の「販売編」「技術編」が統合され、1科目となった一次試験。
「環境工学」や「建築構造」など、難解な建築系問題が多く出題される一次試験ですが、1級建築士をはじめ、多くの建築系資格で抜群の合格実績を達成している当学院なら、そのノウハウを活かした指導で、最新の出題にも完全対応。初めて学習をする方でも 確実に一次試験合格レベルの学力を身につけることができます。

独学では絞りきれない広い出題範囲から、試験に必要なポイントを効率よく学習

効率的で無駄のないカリキュラムで、合格に必要な知識が、無理なく確実に身につく

難しい建築系科目をわかりやすく指導!

▼いますぐお問い合わせください。

資料請求 受講相談

建築士・宅建士試験対策

1級建築士試験対策
イメージ

1級建築士は建築のスペシャリスト。設計範囲に制限がなく、個人の住宅はもちろん、大規模なマンションや超高層ビルまで何でも扱えます。
さまざまな仕事で活躍できるだけでなく、企業からの高い評価や独立開業などのメリットも多いため、難関資格ながら人気の高い資格です。
Wライセンスを取得し、建築業界のオールラウンド・プレイヤーをめざしましょう。

 
2級建築士試験対策
イメージ

2級建築士は家作りのプロフェッショナル。戸建住宅の設計から完成後のアフターケアまでをトータルコーディネートする仕事です。
インテリアコーディネーターとしてのスキルに、建築士としての知識が加われば、生活空間のトータルプロデュースも可能であり、顧客に対する絶好のアピールポイントとなります。
継続学習でWライセンスを取得し、オールマイティーな技術者をめざしましょう。

 
宅建試験対策
イメージ

宅建試験は、毎年約二十万人が受験する、もっとも人気の高い国家資格の一つ。人気の秘密は、評価・需要の高い国家資格でありながら、年齢や学歴に関係なく、誰でも受験できること。また、不動産業・ハウスメーカーで働く方にとっては、必須の資格です。
インテリアコーディネーター資格は、「宅建」との親和性は高く、両方の資格を有することで、お客様からの要望に沿った魅力的な生活空間をトータルプロデュースに役立ちます。

 

総合資格学院でめざすインテリアコーディネーター資格 総合資格学院が、皆様のインテリアコーディネーター試験合格を応援します!

インテリアコーディネーター試験に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒にインテリアコーディネーター試験合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop