管工事施工管理技士インフォメーション
2級管工事施工学科試験 即日採点サービス
総合資格学院の合格実績

平成30年2月23日(金)に、平成29年度 2級管工事施工管理技術検定試験の合格発表がありました。概要は下記の通りです。

  学科試験※1、2 実地試験
受検者数 12,157人(前年 12,182人)
14,449人(前年 13,775人)
合格者数 7,211人(前年 8,064人) 5,903人(前年 6,136人)
合格率 59.3%(前年 66.2%) 40.9%(前年 44.5%)
  • ※1 学科のみ試験の受検者数および合格者数については、含まれておりません。学科のみ試験の合格発表についてはコチラをご覧ください。
  • ※2 平成28年度学科試験の受検者数/合格者数/合格率については、「平成28年度 2級管工事施工管理技術検定試験合格発表」(国土交通省発表)より当学院が独自に算出。

総評

平成29年11月19日に実施された平成29年度 2級管工事施工管理技術検定学科試験(※1)の受検者数は、12,157人で合格者数は、7,211人となり合格率は59.3%となりました。平成28年度(※1、2)と比較すると、受検者数、合格者数はそれぞれ25人、853人減少しており、合格率は6.9%低下しています。
実地試験について、受検者数は14,449人で、合格者数は5,903人となり、合格率は40.9%となりました。平成28年度と比較すると受検者数は674人増加、合格者数は233人減少しており、合格率は3.6%低下しています。

  • ※1 学科のみ試験の受検者数および合格者数を除く。
  • ※2 平成28年度学科試験の受検者数/合格者数/合格率については、「平成28年度 2級管工事施工管理技術検定試験合格発表」(国土交通省発表)より当学院が独自に算出。

特に特徴的だった点として、学科のみ試験受検者(825人)を含めた場合、本年度学科試験の受検者数が過去10年で最多となったことや女性の受検者比率、合格者比率ともに過去15年で最高(5.6%、6.2%)となったことなどが挙げられます。

学科試験受検者数が増加した要因として、受検資格の緩和などによる学科試験のみ受検者の増加や、企業で技術者確保の動きが活発化していることなどが考えられます。

今後、国内のインフラ(下水道、ガス配管など)は、 急速に老朽化することが懸念されています。また、高度経済成長期に設置された空調・衛生・冷暖房設備などは 耐用年数を迎え、更新の必要がでてきます。

今後20年間で、建設後50年以上経過する施設の割合は加速度的に高くなる見込みであり、それに伴い 老朽化する設備を戦略的に維持管理・更新することが求められています。 このような状況下では、 「管工事」に関連する技術者の確保が課題となりますが、現在、資格保有率の高い年齢層の業界人が順次、定年を迎えており「技術者不足」が問題となっています。

上記のような状況に関連し企業などで資格取得者を増やす動きが活発化していることが考えられます。

また、女性の受検者比率の上昇については、「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」の策定をはじめとして、建設業における女性活躍支援は、現在も国だけでなく、業界団体や企業単位の取り組みとして拡大しながら継続的に行われています。今回の結果は、そのような取り組みが実を結んだものと推察されます。

学科試験 総評

今回の出題では、1級管工事施工管理技術検定試験で過去に出題された内容を問う問題が目立ちました。中には、1級建築士試験の学科U環境・設備でも過去に頻出している問題も複数問あり、平成28年と比較し難易度の高い試験だったと言えます。

2級管工事施工管理技術検定試験の学科試験に確実に合格するためには、出題の傾向をしっかり捉えた、幅広い学習が必要です。また、学習で得た知識は、実務の他、1級管工事施工管理技士など他の資格取得対策にも活かすことができます。

実地試験 総評

必須問題・選択問題とも、過去問からの出題内容が主で、全体的には取り組みやすい印象の試験でした。過去に本試験で出題された内容を十分に理解したうえで、繰り返し記述練習をしておけば高得点が狙えたと推察されます。 しかし、初出題の内容や過去問を10年ほど遡らなければ学習できない内容もあったため、どれだけ範囲を広げて学習していたかがポイントでした。

【トピック】平成30年度より学科試験は年2回受験可能

平成30年度からは2級管工事施工管理技術検定 学科試験が6月と11月の年2回受験可能になり、今後も受験者数は増加していくと推察されます。早期に学科試験に合格することで、実務者であれば仕事上で有利になり、学生であれば就職活動でアピールポイントにできるなどのメリットが考えられるため、この好機を活かして、受験を検討されることをおすすめします。

pagetop

プレゼント

試験の見直しにも、今後の対策にも最適!

H29 2級管工事施工管理
学科試験 解答・解説書

H29 2級管工事施工管理
実地試験 解答・解説書

お申込フォーム

平成30年度 2級管工事施工管理対策講座

2級管工事施工管理対策講座

平成30年度 1級管工事施工管理対策講座

1級管工事施工管理 対策講座

2級管工事施工管理技術検定の願書を無料でお手元にお届けします!

願書取り寄せ無料サービス

総合資格学院でめざす管工事施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の管工事施工管理技士合格を応援します!

管工事施工管理技術検定に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に管工事施工管理技術検定合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop