平成30年度 1級管工事施工管理技術検定 実地試験総評

総評

平成30年度実地試験は、例年通り問題1〜6の6問が出題され、問題1と問題6が必須問題、問題2と問題3および問題4と問題5が選択問題で、必要解答数は合計4問でした。
問題2と問題3は過去問と出題形式が異なり、戸惑った受験生が多かったと推察されます。

問題1:施工要領図等の読取り(改善策の記述等) 【必須問題】

施工要領図等の読取り問題は、例年、空調設備関係及び、排水設備関係が出題されています。平成30年度は、過去に出題された図と類似した図が5問中4問出題されましたが、過去の出題と全く同じ出題は、設問1「ポンプの並列運転に関する出題」だけでした。「ポンプの並列運転に関する出題」は、学科試験では基礎となる部分が問われ、実地試験では、給排水の施工管理を行う上で実務的(応用的)な内容が問われました。特に、給排水の施工管理業務を行っていない受験生にとっては、過去問であっても理解しがたい内容といえます。

問題1では、実務での経験に関わらず、空調、給排水の問題すべてに解答しなければならないため、学科試験の対策と同様に、『管工事全般の施工管理』について幅広い知識が必要になります。

問題2(空調設備)、問題3(給排水設備):施工上の留意事項等の記述【選択問題】

問題2と問題3は、どちらかを選択して解答する形式でした。

例年、各種設備の施工上の留意事項を4つ解答する問題が2問出題されており、平成30年度は問題2で「中央式の空気調和設備」、問題3で「中央式の強制循環式給湯設備」が出題されました。

平成29年度までは単に留意事項を4つ解答する形式だったため、各種施工に関する多くの留意事項の中で理解しやすいものを優先的に覚えておけば対応できる内容でしたが、平成30年度は初めて「解答する留意事項が具体的に指定される形式」に変更されたため、解答の自由度が無くなり、戸惑った方が多かったと推察されます。

問題4:工程管理(工程表等)、問題5:法規(労働安全衛生法関連)【選択問題】

問題4と問題5は、どちらかを選択して解答する形式でした。

問題4では「ネットワーク工程表と山積み図」が出題されました。近年、工程管理の出題は非常に難易度の高い問題が目立ちますが、平成30年度は、過去10年に出題が無かった内容も含まれていたものの、全体的に解答しやすい問題が多かったと考えられます。

問題5では「労働安全衛生法関連条文の穴埋め問題」が出題されました。過半が過去問やそれに類似した内容でしたが、「石綿作業主任者の職務内容」に関して初めて出題されたこともあり、例年と比較すると難易度はやや高めであったと思われます。

問題6:経験記述【必須問題】

平成30年度のテーマは、(1)「工程管理」、(2)「総合的な試運転調整」または「完成に伴う自主検査」が出題され、前年と同テーマの出題はありませんでした。

経験記述でしっかり得点するためには、どのようなテーマが出題されても解答できるように、あらかじめテーマごとに区別、整理して、記述を準備することが必要です。

また、各テーマに対して、主に「重要と考えた事項とその措置(対応策)」が問われ、その内容を採点者にわかりやすく伝えることが重要になります。記述は、自分自身の解答の問題点を把握しづらいため、第三者の添削を受けることが最も効果的です。

1級管工事施工管理 合格対策グッズプレゼント

平成30年度1級管工事施工管理実地試験 解答・解説書

平成31年度 1級管工事施工管理技術検定試験対策

平成31年度 1級管工事施工管理技術検定試験対策

平成30年度 1級建築士学科試験 合格実績

平成29年度 1級建築士設計製図試験 合格実績

平成30年度 1級建築施工管理技術検定学科試験 合格実績

平成30年度 1級土木施工管理技術検定学科試験 合格実績

総合資格学院でめざす管工事施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の管工事施工管理技士合格を応援します!

管工事施工管理技術検定に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に管工事施工管理技術検定合格をめざしましょう!

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop