Face to Faceによる対面講義

講義理解度チェックポイント

講義中に実施されるプレテストには、その回の重要項目が「チェックポイント」として明記されています。講義はチェックポイントに沿って、受講生参加型の形式で進行します。講義中は、このチェックポイントを意識し、必ず理解するように努めましょう。

■受講生は

各回の講義の重要項目が「チェックポイント」としてコンパクトにまとめられているので、理解すべきテーマを正しく認識し、集中して講義に臨むことができます。さらに受講生一人ひとりの理解状況に応じた個別指導により、理解不足も解消できます。

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop