土木施工管理技士インフォメーション

土木施工管理技士 土木施工管理技士の仕事

一級土木施工管理技士は、施工技術の指導的技術者として社会的に高い評価を受けております。

土木施工管理技士は、ほ装工事やしゅんせつ工事などを含む土木工事の施工計画を作成し、現場での工程管理や品質管理・安全管理などの面で指導監督的立場に立って、土木工事の質的な向上を支える重要な技術資格です。
現場監督者にとって一級土木施工管理技士を取得することは安全面や予算的なことも含め、現場管理に必要な土木工事に関する広く深い知識と判断力の証しとなります。工事を請け負う企業にとっては、土木施工管理技士の数はそのまま施工技術力の証明であり、公共工事では取得者が多ければそれだけ入札も有利になります。

施工管理技士の制度

施工管理技術検定は、建設業法第27条に基づく国家試験です。建設業法の目的は、建設業を営む者の資質の向上、建設工事の請負契約の適正化を図ることによって、建設工事の適正な施工を確保し、発注者を保護するとともに建設業の健全な発展を促進することをもって公共の福祉の増進に寄与することであり、その目的達成の一環として、国土交通大臣は、建設工事に従事する者を対象にして技術検定を行い、施工技術の向上を図ることとされています。

pagetop

一級土木施工管理技士の仕事

一級土木施工管理技士は、土木一式工事等に関し高度の応用能力を有する技術者としての指導的立場で、以下の業務を行うことができます。

  1. (1)主任技術者または監理技術者としての施工計画作成
  2. (2)工程管理をはじめ現場におけるさまざまな管理を実施

pagetop

総合資格学院でめざす土木施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の土木施工管理技士合格を応援します!

一級土木施工管理技術検定に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒に一級土木施工管理技術検定合格をめざしましょう!

株式会社総合資格は、建設業法第26条の4の規定に基づき、国土交通大臣の登録講習実施機関(登録番号7)として、「監理技術者講習」を開催しています。

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop