1級土木解答・解説書

合格速報

2019 2級土木施工管理合格対策


令和3年7月6日(火)に、令和3年度 2級土木施工管理技術検定 第一次検定(前期)の合格発表がありました。概要は下記の通りです。

■種別:土木のみ

受検者数 14,557人
合格者数 10,229人
合格率 70.3%
合格基準 選択問題、必須問題を合わせて解答する40問のうち、24問以上正解を合格基準とする。

合格発表を受けて

令和3年6月6日(日)に実施された令和3年度2級土木施工管理技術検定第一次検定(前期)の受検者数は 14,557名、合格者数は 10,229名、合格率は 70.3%となり、前回の前期試験(令和元年度※)と比較すると、受検者数・合格者数ともに 大幅に増加(受検者数+2,401名、合格者数+2,701名)しました。また、合格率も8.4%上昇しています。 なお、合格基準については令和元年度と変わらず「選択問題、必須問題を合わせて解答する40問のうち、24問以上正解」となりました。

  • ※令和2年度の前期学科試験は、新型コロナ感染症拡大防止の観点から中止

本年度試験の特徴

受検者数は、前回の前期試験(令和元年度)と比べ大幅に増加(+2,401名)

受検者数の大幅な増加について、技術検定制度の改正により、第一次検定に合格すると2級土木施工管理技士補の国家資格を取得することができるなど、資格取得の魅力が一層高くなったことが、 年々増加している受験者数に拍車をかけた結果になったと考えられます。

■トピックス

第一次検定合格者には「技士補」の称号が与えられます。

建設業法が改正となり、第一次検定合格者には「技士補」の称号が与えられるようになりました(2級土木施工管理 第一次検定に合格した場合は2級土木施工管理技士補)。資格を取得することは「実務」で役立つ知識が身につくことはもちろん、在学中に取得すれば、就職時のアピールともなります。そのような意味でも、実務者の方、学生の方問わず「技士補」を取得する価値は高いといえます。

合格者属性で20代が前回より1.8%上昇

前期第一次検定は、年齢が17歳以上の方であれば、だれでも受験できる試験です。 本年度、「年齢別」では、29歳以下は46.5%となり、前回の前期試験(令和元年度)より1.8%上昇しました。前期試験が開始された平成30年と比較すると4.3%の上昇となっています。現在も若手技術者の建設業への入職・定着を促す取り組みは官・民を挙げて継続的に行われており、今回の結果からはその取り組みが奏功していることが伺えます。

今後の試験対策について

前期第一次検定を受験するメリット

同年に第一次・第一次検定を受験する場合、前期第一次検定受験のメリットとして、前期第一次検定に合格しておけば、 十分な時間をかけて第二次検定に特化した対策が講じられることや、万が一、前期第一次検定で不合格となった場合でも、 もう一度、同年10月の第一次検定を受験できる等が挙げられます。また、その際には、前期試験で習得した知識をすぐ活かすことができます。

「第一次・第二次検定」試験を受験予定の方

前期第一次検定を受験されていない方で、本年度「第一次・第二次検定」を受験予定の方は、第一次検定と併せて 第一次検定より難易度の高い第二次対策も万全にしておく必要があります。 10月の本試験は第一次検定と第二次検定が同日に実施されるため、両試験を受験する方は、 計画的かつ効率的な学習が必要です。
なお、第二次検定まで合格すれば「2級土木施工管理技士」の称号が付与され、工事現場における主任技術者になることができます。確実に2級土木施工管理技士になるため確実な試験突破をめざしましょう!

当学院では、10月試験に向けて第一次・第二次検定対策講座をご用意しています。
最新の出題傾向を分析し制作した教材と当学院の長年の指導ノウハウを凝縮した学習システムで忙しい方でも効率的に合格レベルの力を身に着けることができます。
本年度、資格取得をめざされている方は、ぜひ、受講をご検討ください。

プレゼント

2級土木施工管理 合格対策グッズプレゼント

令和3年度 2級土木施工管理 第一次検定(前期)
『解答・解説書』

2級土木施工管理 第一次検定分析に最適な解答・解説書。すべての問題に詳細な解説付。専門指導校ならではのわかりやすい解説書です。

※解答・解説書は当学院が独自に作成するもので、試験実施機関とは一切関係ありません

※画像はイメージです

※7月上旬より発送予定

令和2年度 2級土木施工管理 実地試験
『解答・解説書』

令和2年度 2級土木施工管理 実地試験(現第二次検定)分析に最適な解答・解説書! 令和2年度の実地本試験を丁寧に解説しています。令和3年度試験対策にもご活用ください。

※ 解答・解説書は当学院が独自に作成するもので、試験実施機関とは一切関係ありません

 

2級土木施工管理技士 『合格ガイドブック』

2級土木施工管理技術検定試験の概要や近年の出題傾向、第一次・第二次検定ごとの学習方法、試験データなど、受検勉強をスタートする前に必ず押さえておきたい情報が満載。初受検の方には特に入手していただきたい一冊です。

 
 

【10月受験対策講座 申し込み受付中】2級土木施工管理技士取得なら総合資格学院

 

当学院の二次対策コースでは、プロ講師による添削指導で、受講生の弱点と本試験へ向けての学習ポイントを明確にし、合格レベルの記述力を養成します。

幅広い出題範囲から試験で問われるポイントを的確に学習。基礎からの段階的な学習で確実に第一次検定突破に必要な実力を身につけます。

合格への最短距離を進みたい方に最適
当学院の学習は、原理・原則の正しい理解からスタートするため、初めて受検される方でも、段階的に実力を身につけることができます。また、第一次検定対策の段階から記述式の演習を取り入れ、第二次検定を見据えた学習で、2級土木施工管理試験のストレート合格を狙います。

合格された方へ。1級土木施工管理技士を取得し、さらなるキャリアアップをめざしましょう!

1級土木施工管理技士を取得すれば、より大規模な工事を管理できるようになります。今後のキャリアアップを考えれば、「1級土木施工管理技士」は必備の資格。学習習慣や知識が身に付いている「今」こそ、ネクストチャレンジに最適なタイミングです!

当学院は、1級建築士資格取得でNo.1の実績を誇る専門指導校これまで数多くの合格者を輩出した指導ノウハウで、最短での「1級土木施工管理技士」取得を実現します。

第一次検定対策の段階から、実地試験合格を見据えた指導で 一次対策・二次対策のストレート合格をめざす。

基礎知識の習得から、実戦レベルまで 段階的に実力を養成する第一次検定必勝講座。

「経験記述」について6回の添削指導を実施し万全対策!さらに 「選択科目」についても 8回の添削指導を実施!総得点を引き上げ確実な試験突破を目指す!

pagetop

総合資格学院でめざす土木施工管理技士資格

ニ級土木施工管理技術検定に関する疑問や不安を、総合資格学院が解決します。当学院のライセンスアドバイザーが、数多くの合格実例に基づき的確にアドバイスいたしますので、ぜひ、私たちと一緒にニ級土木施工管理技術検定合格をめざしましょう!