2019(令和元)年度 1級土木施工管理技術検定 学科試験総評

総評

2019(令和元)年の1級土木施工管理技術検定学科試験は、問題A(選択問題)61問から30問を選択解答し、問題B(必須問題)は35問すべてを解答する、例年通りの出題形式でした。
2018(平成30)年と比較して難易度は高くなっており、特に問題B(必須問題)で初出題の難しい内容が目立ちました。近年の学科試験では、比較的得点しやすい問題が多く出題されていた問題B(必須問題)が難化したことで、多くの受験生が苦戦したと考えられます。

(1)問題A〔選択問題〕

土木一般(15問中12問選択)、専門土木(34問中10問選択)、法規(12問中8問選択)の出題で、例年通りの出題数と選択数でした。

このうち、専門土木と法規に関しては、初出題の問題もありましたが、解答できる問題を的確に選択できれば十分に得点できる内容でした。
一方、土木一般に関しては、難しい問題が多数出題されたため、得点を伸ばせなかった受験生が多かったと考えられます。難易度が高かった問題として、No.3(土工)、No.12(基礎工)などがあげられます。

No.3 は、盛土の情報化施工に関する問題で、盛土の締固め規定方式のひとつである「工法規定方式(使用する締固め機械や締固め回数などの工法そのものを規定し、施行中は規定内容の確認により管理を行う方式)」の理解が必要でした。工法規定方式では「試験施工と同じ盛土材料を使用して、試験施工で決定した締固め回数等で施工すれば現場密度試験は不要」と判断できたかどうかがポイントでした。

No.12 は、(1)直接基礎、(2)杭基礎、(3)鋼管矢板基礎、(4)ケーソン基礎について、基礎形式の特徴を問う問題でした。「鋼管矢板基礎」に関しては初出題で、特徴の記述に「周面抵抗」、「鉛直せん断地盤反力」などの難しい用語も含まれていたため、過去問の暗記による対策だけの受験生は苦戦したと考えられます。

(2)問題B〔必須問題〕

例年通り、共通工学4問と施工管理法31問が出題されました。
施工計画、工程管理、安全管理、品質管理など、1級土木施工管理技士としておさえておくべき現場管理上の実務知識の有無が問われた内容でした。

近年の問題Bは、過去に出題された内容を事前に学習していれば解ける問題の割合が多かったのですが、本年度は「初出題」や「過去に出題された内容より深い知識を問う問題」の割合が上昇しました。そのため、2018(平成30)年度より難易度が高く、苦戦した受験生が多かったと考えられます。
特に難しかった問題としては、No.7No.18などがあげられます。

No.7 は、施工体制台帳の作成に関して、「公共工事の場合は下請契約の金額にかかわらず施工体制台帳を作成する必要がある」ことを理解しているかどうかを問う出題でした。正答するには、「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の改正によって、施工体制台帳の作成対象範囲が変更されていることをおさえている必要がありました。

No.18 は、墜落による危険を防止する安全ネットに関して出題されました。安全ネットに関しては過去にも何回か出題されましたが、本年度は「安全ネットの落下高さの定義」に関して、具体的な内容が問われたため、難易度が高い出題でした。

2019(令和元)年度 1級土木施工管理 実地試験対策

当学院の実地試験対策で令和初年度の合格をつかみとりましょう!

2020(令和2)年度 1級土木施工管理 学科試験対策

   

1級土木施工管理技士取得後のネクストステップ!

 

2019年度 1級土木施工管理技術検定学科試験 合格実績

2018年度 1級土木施工管理技術検定実地試験 合格実績

総合資格学院でめざす土木施工管理技士資格 総合資格学院が、皆様の土木施工管理技士合格を応援します!

総合資格学院では、実地試験合格に必要な分野を基礎から段階的に身につけ、実地試験の合格をめざす「 実地講座」をご用意しています。また、総合資格学院各校では、実地試験の合格のカギを握る施工経験記述の攻略ポイントがわかる実地試験攻略ガイダンスを開催します。

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop