広島8大学卒業設計展 2010

3月19日(金)から21日(日)にわたり、「広島8大学卒業設計展 2010」が開催されました。この設計展は、広島を中心に中国地方8大学の卒業生の作品を一同に集め、広く公開すると共に、広島平和祈念卒業設計賞をはじめとする各賞を決定する展示会です。

展示期間初日に行われた審査会では、審査委員として、中国地方で活躍されている建築家の方々に加え、今年は特別審査委員として、坂本一成さん(建築家)をお招きして、例年以上に熱い議論が展開されました。当日の審査結果発表では、広島平和祈念卒業設計賞(最優秀賞1点・優秀賞2点)が選出され表彰状授与式が行われました。

企画・運営は学生主体で開催され、当学院では将来性豊かな卒業生が優秀な建築家になるための第一歩のお手伝いとして運営に加わり、ブースにて受験情報等の無料プレゼントを実施。多くの来場者を迎え、盛況の内に幕を閉じました。

名称

広島8大学卒業設計展 2010

開催期間

2010年3月19日(金)〜3月21日(日)

会場

広島市文化財団 アステールプラザ 市民ギャラリー

主催

広島8大学卒業設計展実行委員会

特別協賛 総合資格学院/株式会社総合資格
参加大学 広島大学・広島工業大学・近畿大学工学部・広島女学院大学・広島国際大学・福山大学・安田女子大学・山口大学
入賞

「広島平和祈念卒業設計賞」(最優秀賞1点・優秀賞2点)、JIA(中国支部)賞3点

  • 最優秀賞:菊地晃平さん (山口大学 工学部 感性デザイン工学科)
  • 優秀賞:浜本拓幸さん (広島工業大学 環境学部 環境デザイン学科)
  • 優秀賞:森山晴香さん (広島女学院大学 生活デザイン・情報学科)

以上の3人に対して、同賞とJIA(中国支部)賞が同時授与されました。

作品集 今秋発売予定

広島8大学卒業設計展2010の作品集が、今秋、(株)総合資格より発行される予定です。詳細が決定し次第、当ホームページにてお知らせいたします。どうぞご期待ください。

pagetop

広島平和祈念卒業設計賞 受賞作品紹介

最優秀賞(1点)

菊地 晃平さん (山口大学)
『灰色に染まる街』

優秀賞(2点)

浜本 拓幸さん (広島工業大学)
『境界に活きる建築』

森山 晴香さん (広島女学院大学)
『stay』
- 過ぎるまちから過ごすまち へ -

入選作品

新川 沙耶さん (安田女子大学)
『隙間 −n-spaceの建築−』

佐伯 亮太さん (山口大学)
『共同体をつくること。』
−欠けた住宅は地域に依存する−

中平 祐子さん (近畿大学)
『ちいさなむらの おおきながっこう』

上田 寛之さん (広島工業大学)
『小さな町の大きな学校』

豊後 亜梨紗さん (近畿大学)
『せいかつしあう』

木原 里菜さん (広島女学院大学)
『本が路地から溢れ出したら』

坂本 大輔さん (広島工業大学)
『intertwine agritecture』
- 建築化された農園が創出する風景 -

大町 有紀さん (安田女子大学)
『Ground zero −忘れられた建築−』

青木 史晃さん (近畿大学)
『壁に住まう』

高橋 翔太朗さん (近畿大学)
『発見する住宅』
〜カタチと隙間が生む集合住宅〜

pagetop

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop