「赤レンガ卒業設計展2013」

2014年日本建築学会賞[作品] 受賞記念講演会(Day2)

11月4日(火) 、新宿野村新宿野村ビル3階 総合資格学院 新宿校にて2014年日本建築学会賞[作品] 受賞記念講演会(Day2)が開催されました。

2009年 日本建築家協会新人賞(神保町シアタービル)、2010年 日本建築家協会賞(木材会館)、2012年 日本建築大賞(ホキ美術館)など、輝かしい受賞歴を誇る(株)日建設計の山梨知彦氏を招き、同氏が設計を担当したソニーシティ大崎(現NBF大崎ビル)を題材に、独創的なアイデアとクライアントの心を掴むプレゼンテーションの秘訣を、参加した多くの学生や建築家を前に熱弁されました。

冒頭で山梨氏は、9・11アメリカ同時多発テロ事件の世界貿易センタービルの様相から高い安全性を確保したい、都市温暖化の原因であるヒートアイランド現象を建物の機能によって効率的に抑制したいとの構想があったと述べ、「安全性・先進性を兼ね備えた建物づくり」というコンセプトでソニーシティ大崎は設計されたとのことでした。

安全性と合理性を兼ね備えたバルコニーや、ヒートアイランド現象を建物の機能によって効率的に抑制する気化冷却外装システム「バイオスキン」などの機能を外装に纏い、内装も自らデザインしたセキュリティーゲート、ローコストでありながら見た目も美しいステンレスを内壁に利用するなど、独創的なアイデアを紹介。またその発想が、利用者や社会にとって有用なものであり、費用対効果を示しつつ、クライアントに促した経緯などを語られました。

後半では質疑応答の時間が設けられ、学生やフリーランスの質問に真剣に答えられた山梨氏。講演会後の交流会でも若い方々と気さくに積極的に話されている姿が印象的でした。

今をときめく建築家の分かりやすい講演・回答に、集まった学生などは興味深く聞き入っていた様子で、今後の進路や業務を考えるにあたり、大変参考になるイベントになったと思われます。

名称

2014年日本建築学会賞[作品] 受賞記念講演会(Day2)

開催日 11月4日(火)
会場 新宿野村新宿野村ビル3階 総合資格学院 新宿校
講演者 山梨知彦氏((株)日建設計)
主催

(株)総合資格

pagetop

カテゴリトップに戻る 前のページに戻る pagetop