深川 燿介さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

夢を追うためにとにかく耐える!

平成30年度 1級建築士合格

深川 燿介 さん(24)

学 歴
大学
勤務先
商社
積算・見積
本試験得点

101点
(計画:16点、環境・設備:16点、法規:23点、構造:27点、施工:19点)

受講講座

受験経験 学科1回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

ものづくりが好きだから

高校時代の東日本大震災をきっかけに、建物への興味が生まれました。大学時代には建築全体のことを学びましたが、とても幅広い分野だと感じていました。ひとつの分野を極めてみようかなと思いはじめたのは、就職活動のときでした。建物の骨格である鉄に興味を持って、鉄の世界に進もうと思いました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

自分の可能性を広げるため

学生のときから、建設業界に就職するなら絶対に取得したいと思っていました。実際に働きはじめると、1級建築士を取得することで「できる仕事」が増え、「やりたい仕事」ができるようになるということがわかりました。勤務先の会社の補助があるのと、建築の仕事をするうえで自分の可能性が広がると感じたので、受験を決意しました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

ライブ講義が決め手

映像講義だけでは緊張感がなく、続く気がしなかったのでライブ講義が行われる、総合資格学院に決めました。限られた時間のなかで集中できる環境であり、わからないこともすぐにその場で解決できたのがよかったです。また、テキストの内容だけでなく、講師の方々の体験談や試験の裏話なども聞けて、内容の濃い講義だと感じました。

受験期間中の印象に残るエピソード

先輩からのいじりと励まし

会社で勉強しているときに、すでに資格を取得している先輩から冗談で「2年コース通っていたら余裕で合格やな」といじられました。私もそれに「余裕で合格です」と返事しました。そういうやり取りを何度かしていて、言ったからには「絶対に合格する」と、より合格への気持ちが強くなり、集中して勉強をするようになりました。そんな先輩も試験前になると「そんだけ勉強してたら受かるって」と声をかけてくれて、あせっていた気持ちがなくなりました。先輩の適度ないじりと励ましに感謝です。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

朝の時間とすきまの時間を大切に

私はまず、勉強する習慣をつけたかったので、無理のない勉強計画にしようと考えました。そのために仕事によって勉強時間にばらつきの出る夜より、確実に勉強時間が確保できる朝の時間を大切にしました。6:30に出社して始業までの2時間を勉強時間にあてました。その結果、睡眠も勉強時間も取れて、勉強の習慣がつくように。後は通勤などのちょっとした時間を利用して、1日に3~4時間、勉強時間を確保しました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

図面の読み取りがしやすくなった

今まで気にしていなかった、ほかの分野の図面も内容がわかるようになりました。自然と目を通すことも増え、図面の読み取りまでできるように。また、図面を見たときに寸法や構造の根拠を少しずつ理解できるようになりました。以前なら細かい部分は上司に質問していたのですが、その手間が省けてスムーズに仕事が進むようになったと思います。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

計画

苦手科目(分野)

法規

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

学ぶのを楽しいと思えるように

計画の分野は学生時代から学ぶのが楽しかったので、学習するのが苦になりませんでした。また、数値などが身近にあるものなので、実際に見ることでより理解できました。法規については、問題の意味さえわらずに苦手でした。そこで、法令集で確認する項目、記憶しておく内容をわけて覚えるようにしました。また、確認したいページを手が覚えて開けるようになるまで、繰り返し引き方の練習をしました。問題を見て法令集を使わず解答を予想できる段階になってくると、法令集を引くのが楽しいと思えてきて、点数が伸びました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

テキスト以外の指導も大事

各科目の講師がテキストには載っていない解き方や考え方、覚え方を指導してくれました。そのなかで自分に合った方法を選んで学習しました。また、学習のことだけではなく、心構えや出題の傾向なども教えてもらえることで、勉強方法の参考になりました。

学科合格のポイント

ひたすら反復すること!

ひたすら反復するのが大事だと思います。繰り返し学習することで、各科目の出題の傾向やよく出てくる問題が徐々にわかっていきます。また、自分がわからなくて曖昧に記憶している部分も、明確になっていきます。そこで、わからない問題を解けるようになるように、優先的に取り組んでいきました。ただ反復するのではなく、反復していくなかで原理・原則を理解する、そう意識することで、少しひねった応用問題にも対応ができると思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

100点を求めない!

私はいつもエスキスに目標より時間がかかっていました。各室の配置、階段の位置など、何度も入れ替えたりして悩んでしまうことがよくあったためです。そんなときに講師から「最初から100点のエスキスをめざすのではなく、まずは優先順位を決めて無理やりでもまとめきる」と言われました。それからは課題ごとの優先すべき点を見極めて、「多少の減点はしょうがない」と自分に言い聞かせて取り組みました。考え方が変わってからは、肩の力が抜けた感じがしてうまくいくようになり、時間を大幅に短縮できました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

描いて、描いて、ひたすら描く!

最初のころは解答例をトレースするだけで、6~7時間はかかっていました。学院から言われた手順、時間配分を守ってひたすら描いていくことでどんどん時間が短縮できるようになりました。また、描いていくと自分が苦手としている部分がわかるので、そこだけを何度も作図することでスピードを上げていきました。

設計製図合格のポイント

ハズしてはいけない条件を見極める

6時間半という試験時間では、少しの迷いが命取りになります。エスキス、記述、作図のどれもが欠かすことのできない要素のため、不安や疑問は試験前に解決することが大切だと思います。ただ、どれだけ準備をしても本番は焦りと緊張からミスをしてしまいがちです。ミスをしても焦らず、そのミスが些細なものか大きなものかを見極めるのも大事です。大きなミスは出題者が大事にして欲しい重要条件を外してしまっているレベル。逆をいえば、各課題で外してはいけない条件を見極めていくことが大事です。

今後の目標や抱負

合格後、家族や友人、職場などいろいろな方から祝福していただきました。家族や職場の協力がなければ、取得できていないと思うので感謝しています。正直、学生時代は設計が嫌いでした。今回、学習をするなかで設計の楽しさに気づきました。ここからがスタート。早く資格を仕事で活かせるように、日々努力をしていきます。

資格取得をめざす方へアドバイス

資格取得のためには多くの学習時間が必要です。今までで一番勉強をしました。当然休みを犠牲にして学習するので自由な時間はほとんどありません。途中で辛くなって投げ出したくなるときがあると思いますが、皆、資格を取得したい明確な理由や取得後の目標があると思います。取得後の自分を想像し、耐えてがんばってください。

合格サイクル+継続学習

繰り返し問題を解くことで自分の得意なこと、不得意なことを知ることができ、さらに確実に理解ができました。また、各テストの順位が教室に貼り出されるので、毎回1位を取るという気持ちで真剣に取り組むことでより深く理解ができました。

グループミーティング

同じ課題に取り組んだ受講生の図面を見ることは、多くの発見があり、とても有意義な時間でした。自分のプランの弱点把握や、ほかの受講生のプランのいいところを取り込めるなど、改善しやすかったです。エスキス力の向上や図面を速くきれいに描く方法は、グループミーティングなしでは培うことができなかったと思います。

学科模擬試験

本番のような緊張感を何回も味わうことができたので、いい経験になりました。受講生のなかでの自分の位置がはっきりとわかり、苦手な科目の分析にも役立ちました。学習の具体的な目標が明確になり、さらにモチベーションの維持にもとても有効でした。

合格ダイアリー

毎回の講義では、復習をしながら予習をする必要があります。なんとなく予定を立ててしまうと、どちらかが充分に学習できなくなってしまいます。自分の弱点や課題など、自己分析も行うことができたので、優先順位を考えてしっかりとしたスケジュール管理ができました。また、予定がずれこんだ場合にも、合格ダイアリーでスケジュール管理をしていると、すぐに立て直すことができました。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター