堀 恭平さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

手順を踏んで着実に積み重ねていれば
予想以上の結果が得られる

平成30年度 1級建築士合格

堀 恭平 さん(29)

学 歴
専門学校
勤務先
建設会社
施工管理
本試験得点

100点
(計画:16点、環境・設備:16点、法規:25点、構造:25点、施工:18点)

受講講座

受験経験 学科2回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

モノづくりへの興味

幼少期から工作や絵を描いたりするのが、とても好きで将来はモノづくりの業種に就きたいと考えていました。そうして十代に建設の解体業者のアルバイトをしていた時期に「建築の仕事などどうだい?」と先輩に言われ、そこから建築を意識しだしました。そこからまずは学費を集め、学校に通いだしたことがきっかけです。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

学生時代の先生のアドバイス

建築の仕事で将来進んでいこうと決心した学生時代から2級建築士、さらに1級建築士資格取得をしようと決心していました。それは当時お世話になった先生から「資格の取得は、その人を信頼する要素の一つだから必ず取っておいて」とアドバイスを受けたことがきっかけでした。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

聞ける環境があること

私は初年度、学科を独学で挑みました。そこで気づいたことは問題自体が何を指しているのか理解できないということでした。総合資格学院には、読解困難な問題などについて聞ける環境、優れた合格実績があり、さらに最初の説明会の時に担当していただいた教務スタッフのわかりやすい説明が決め手となり、お世話になりました。

受験期間中の印象に残るエピソード

夢の中でも勉強

模試の1週間前や本番試験1ヵ月前などでは、常にそぞろ心となり、勉強をしていないと安心できない状態で夢の中でも勉強しているようになりました。模試から解放された後、心地よい余韻も束の間、次の模試に向けての緊張が始まるといった状態になっていました。すべてが終わった現在ではいい思い出です。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

ローテーションを組む

勉強に対して工夫した点として、1週間を「復習」→「宿題」→「予習」→「復習」とローテーションを組んで日々勉強に取り掛かりました。そのおかげで「次は何をしよう?」という時間を削減し、勉強に専念して効率的に学習できるようになっていました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

説明することで一層理解が深まる

後輩と現場を見回る際にさまざまな質問や疑問などに正確に返答できるようになっていました。これにより、後輩の仕事の力も伸び、また説明する自分も一段と理解を深めることができました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

法規

苦手科目(分野)

環境

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

わかりやすい法令集

得意科目にできた理由として、講師の教え方はもちろん、独特な法令集のつくり方に助けられました。一目瞭然でわかりやすい線の引き方、そして過去問題のどの項目にも対応できるようになっており、法令集づくりが本番の試験において強力な武器となっていました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

フォローアップ学習の大切さ

特に助けになったこととして、講義終了時のフォローアップ学習の際に自分の気になる部分や確認したい箇所など、実際に納得できるまで講師に質問ができたことが毎週の達成度確認テストや模試、本試験の点数に繋がったと思います。

学科合格のポイント

日々少しずつ知識を入れていくこと

昨日より今日、そして、今日より明日、と少しずつでも確実に自分が解ける問題を増やしていくことで自信にも繋がっていくと感じました。そして最終段階の詰めの時期には、確実に取れる問題はしっかり点を取る「盤石な点数確保」を意識していました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

グループミーティング時に解決

最初のころは、順序に沿ってエスキスを行うことが難しく、時間がかかったりプランがなかなかうまくいかなかったりしました。回数を増やすごとに条件整理や問題の読み込みを理解していきました。受講生たちのグループミーティングの時に人のいい部分や自分の至らぬ点を話し合い、解決する機会があり、参考になることが多かったです。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

速い人のやり方を真似る

学生時代から、製図は得意でスピードにも自信があったのですが製図の講義が始まり学院目標時間で図面を完成させることの難しさを知りました。そんな時、作図の速い2年目、3年目の人の方法を見て、省略できるところや、速く描くコツなど真似て最終的には、目標時間内で注釈を含めた図面を完成させることができていました。

設計製図合格のポイント

他人のいい部分を取り入れる

グループミーティング時のダメだしを真摯に受け止め、他の受講生のいい部分を取り入れることが重要だと思います。図面を限界までスピードアップさせて残った時間を確認や注釈の描き込みと、いびつな線の修正に充てるのが、よりよい図面にするポイントだと思います。

今後の目標や抱負

今後は総合資格学院でチューター業務に携わり、ゆくゆくは講師業を務めたいと思っています。本業としては構造設計業務に移り、5年の経験を積んだ後、構造設計1級建築士資格を取得したいと思っています。

資格取得をめざす方へアドバイス

資格の有無により可能な仕事内容も信頼も増えると思っています。とても価値のある資格で、またいい経験にもなります。何年もかけるつもりでやるよりは「1年で受かる」という気持ちで挑むことが大事だと思います。

講師

みなさん熱心で教え方の上手な講師ばかりで、読解が困難な問題に対してもわかりやすく原理・原則からていねいに説明していただいたことが何より総合資格学院にして良かった点だと思います。

教務スタッフ

私のさまざまな要望(○○の問題がまた欲しい等)にも即座に対応していただいたことや勉強の相談ごとで「毎年合格者はこの時点でどこまでの点数を取っている」など、常に目標のアドバイスをしてもらっていたことががんばるきっかけとなっていました。

学科問題集

項目ごとや類似した問題ごとにまとまっている、理解しやすい問題集になっていて、その点が点数を伸ばす推進力になっていたと思います。

法令集

インデックスや柱脚の表記があって法規の高得点に繋がったと思います。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター