星野 早香さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

常に目標をもって積み重ねることが大事

平成30年度 1級建築士合格

星野 早香 さん(26)

学 歴
大学
勤務先
建設会社
設計
本試験得点

106点
(計画:17点、環境・設備:18点、法規:27点、構造:26点、施工:18点)

受講講座

受験経験 学科1回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

ものづくりに携わりたい

建築に限らず、デザインに関わることが小さなころから好きでした。大学でも模型づくりや建築のCGモデルを作成することが好きで、それに近い仕事ができないか考えていました。現在は、念願叶って3次元CADでの仕事をメインとするBIMチームに所属しています。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

知識を深め、実務の礎を築くため

BIM業務は完成品の検討のみならず、鉄骨建方など施工過程での検討も行います。私はデスクワークが多いため、現場での知識が乏しく、自ら学ばなければ身につかないと感じました。また、作業所の方と対等に会話するためには1級建築士というステータスが必要でした。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

昨年合格した先輩からの勧め

部内の昨年の合格者や、まわりの受験する方が通っていたため、迷わず総合資格学院に決めました。建築のプロである講師から、直に受講できることが大きな利点でした。また、通学前から会社の先輩からいただいた総合資格学院の法令集を使用していて、馴染みがあったのも理由のひとつです。

受験期間中の印象に残るエピソード

製図は学科よりも過酷

建築の仕事をしている側としては、一見、学科より製図の方が楽に思えますが、決してそんなことはありませんでした。タイムトライアルで取り組む課題は部活動のトレーニングそのもの。自分は元々体育会系だったため、性に合っていたのかストイックに取り組めましたが、苦しい人には試練だと思います。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

時間は自分でつくりだすもの

働きながらだとまとまった時間の確保が難しかったです。1時間半ある通勤時間を利用し、模試などは縮小コピーして電車の中で復習していました。勉強する環境と時間が取れるときは法令集を用いて法規を、隙間時間は施工などをこなすなど、場面に応じて勉強法を変え、効率を重視しました。また、勉強時間を記録することで、勉強量を見える化し、モチベーション維持に役立てました。設計製図講座が始まってからは時間をつくるために毎日始発電車で通勤し、会社で課題に取り組みました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

建築の各分野の基礎が身についた

仕事柄、構造や施工への関わりが薄く、表面的な知識しかありませんでした。けれども、講義を通して理解することで知識が身についたため、作業所の職員との打合せも話を傍観するだけでなく発言して参加できるようになりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

法規

苦手科目(分野)

構造、施工

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

苦手科目が得意科目に

通学を始めたころ、構造力学が大の苦手でした。一言も漏らすまいと講義にかじりついていても、途中から言っている言葉の意味すらわからなくなり、演習テストにも取り組めないほどでした。危機を感じてからは講義を最前席で、わからない箇所は徹底的に質問するなどの対策をしたことで、本番の力学は満点。構造全体でも9割取ることができました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

法規のトライアル課題

全範囲の受講が完了する前からオリジナル課題として、30問を実際の試験時間と同じ1時間45分で解く訓練を繰り返したことで、時間配分の感覚が掴めました。

学科合格のポイント

目標を見失わずモチベーションを保つこと

11月から7月という長い期間、モチベーションを維持することは容易ではありませんが、合格してなりたい姿、合格してやりたいことを具体的にイメージすることで意欲的に取り組めました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

立体構成

プランニングは平面だけでなく、縦の構成も考えなければいけません。今年度は温水プールという大空間があったため、全体のバランスを保ちながら組み立てることに初めは難しさを感じました。けれども、それぞれの課題の特色を分析しながら計画を重ねるうちに感覚が掴めてきました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

製図はチームワーク

孤独に戦っていた学科とは相反して、設計製図講座はクラスの協調性が試されました。クラスのメンバーと各々のプランを指摘しながら進め、自分のやり方に固執しすぎずに良いものを取り入れることで、互いのレベルアップに繋がりました。

設計製図合格のポイント

廊下と共用空間のプランニング

たくさんの所要室に惑わされがちですが、共用ホールと廊下の形状は強く意識しました。各フロアにきれいな形状で面積に過不足の無いホールがあり、真っ直ぐな廊下が通っていると第一印象も違うと思います。

今後の目標や抱負

試験合格はあくまで通過点です。これから1級建築士としての責任を果たして地域社会に貢献できるよう邁進します。

資格取得をめざす方へアドバイス

勉強の習慣とモチベーション維持の方法を早いうちに身につければ取り組みやすいと思います。

講師

学科も製図もプロの講師から直に受講できることで、知識が定着しやすかったです。一方的に教わるだけでなく質疑応答や時には他愛のない会話もあり、楽しみながら励むことができました。

合格サイクル+継続学習

講義の一週間後に達成度確認テストがあるため、復習に身が入りやすかったです。また、順位も張り出されるため競争意欲と向上心が駆り立てられ、常に高いモチベーションを保てました。

トレイントレーニング

移動などの隙間時間の勉強には画期的でした。理解の足りない分野には、白紙部分に自分で問題を足したり、図を書き加えたりしていました。

法令集

大きさや紙のめくりやすさは理想的で、アンダーラインの指針やインデックスは目的のページを導くのに重宝しました。また、講師から追加の線引きや、索引などを利用した解くコツを教わったことで、法規は得意科目となりました。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター