飯塚 亜季さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

最後まで自分を信じて、周囲への感謝を忘れない

平成30年度 1級建築士合格

飯塚 亜季 さん(26)

学 歴
大学
勤務先
ハウスメーカー
意匠設計
本試験得点

98点
(計画:14点、環境・設備:19点、法規:23点、構造:25点、施工:17点)

教 室

受講講座

受験経験 学科2回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

幸せな家族が笑顔で過ごすための住まいづくりがしたい

新築を考えるきっかけは人それぞれですが、不幸な人は新築の計画をしないはずです。自分の過去を振り返ってみて、幸せな家族が快適に笑顔で過ごすための住まいづくりの手伝いをしたいと思ったのがハウスメーカーに就職したきっかけでした。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

自分に自信を持って仕事がしたかったため

私が1級建築士をめざそうと思ったのは自分に自信を持って仕事がしたかったからです。一般の2階建て住宅であれば2級建築士でも設計できますが、もし自分が家を建てるとしたら、人生の中で最大かつ最後の買い物を2級建築士に任せないのではないかと思いました。自分に引け目を感じながら仕事をするのが嫌だというのと、お施主様や周囲の人からの信頼を得たかったので、1級建築士を取得しようと決めました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

効率よく学習を行うため

社会人になると、自分の自由な時間はかなり限られてきます。その限られた時間の中で1番効率良く学習できる方法は、総合資格学院のテキストを熟読し、宿題をこなすことでした。他の資格学校のテキストや一般のテキストと比較しても、総合資格学院のテキストはとても良くまとまっていると思います。

受験期間中の印象に残るエピソード

大きな別れ

学科初受験の年だった平成29年に親しい知人が亡くなり、勉強が手に付かなくなった時期がありました。また、平成30年の春頃に親族が亡くなり、大きなショックを受けました。受験期間中に2度の大きな別れがありましたが、だからこそ「今年絶対に受かる」という気力を奮い立たせ、合格することができました。受験者の中には、様々な事情があって受験をしている人がいます。試験は残酷で、受験者にどんな事情があったとしても、受験条件や採点条件は平等です。受験期間中に何が起きたとしても、決して諦めずに取り組んでいただきたいと思います。

学習時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

テキストや問題集を開かなくても勉強できる

集中して問題を解くまとまった時間も大事ですが、ふとしたときに公式を思い出したり、頭の中で覚えるべきことを図式化するだけでも立派な勉強になります。私は平日にあまりまとまった勉強時間が取れなかったため、テキストや問題集を開かなくてもできる勉強方法を考えました。私がやっていたのは、タブレットや携帯でテキストのページを写真に撮り、仕事の合間、移動中など、隙あらば見るようにしていました。あとは、キッチンや洗面所に公式一覧やテキストの縮小コピーを貼りつけたりして、日常生活の中でいつでもどこでも勉強ができる環境づくりを意識していました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

お施主様から信頼を得るきっかけに

住宅の設計は間取り・構造・設備など、幅広い分野でお施主様に合ったご提案をする必要があります。学科で学んだ室内環境や設備の知識を活かし、間取りなど目に見える部分だけでなく、目に見えない部分まで設計させていただくことで、お施主様からの信頼が厚くなりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

環境・設備

苦手科目(分野)

法規

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

得点源であるはずの法規への苦手意識を克服

法規は一度勉強し始めると時間がかかるため、なかなか手をつけるのが億劫で、苦手意識が強かったです。ただ、得点源にすべき科目なのはわかっていたので、まとまった時間を取るよりも、少しでも良いから毎日法令集に触れようと思いました。簡単な問題でも毎日法令集に触れていたことが苦手意識の克服につながったと思います。また、法規の中でも、「法6条絡みや消防法だけはどんな問われ方でも得点する!」という風に分野を決めて、苦手な法規の中でも得意分野をつくれるように学習を進めました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

実体験や実物を交えた講義

意匠設計をしていると、なかなか施工のイメージがつきにくいものですが、テキストには載っていない施工現場の写真を見せていただいたり、セパレーター等の実物を持ってきていただいたり、実体験に基づいた講義がとても役に立ちました。

学科合格のポイント

日々の努力の積み重ねと、忍耐力

結局のところ、自分がどれだけ勉強に時間を割けるかだと思います。日々の積み重ねは嘘をつきません。自分がやりたいことや、周囲の誘惑を断ち切って勉強に打ち込む忍耐力も必要です。仕事をする、寝る以外は勉強時間に充てるくらいの気持ちで毎日を過ごしてみると、意外と隙間時間というものは見つかるはずです。仕事が忙しい、残業が多いという方には特にこの隙間時間を活用していただきたいと思います。時間があって悠々と勉強ができる人たちに負けないでください(笑)

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

「課題=クライアント」という意識

仕事に置き換えてみるとわかりやすいかと思うのですが、クライアントの要求を満たすことなく設計した建物と、クライアントの要求をすべて満たした建物とでは、クライアントの満足度は大きく異なるはずです。そして、まったく同じ要求をしてくるクライアントもいないはずです。課題の数をこなしていくと、「前回の課題はこうだったから今回もこうかな」という思考になることもありましたが、講師に教えていただいた「課題=クライアント」という言葉を思い出し、毎回新鮮な気持ちで課題に挑むように心がけました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

とにかく速く、そして丁寧に!

作図で苦労したのは、クオリティを下げずに作図時間を短縮することでした。8月中に学院の目標時間を切れるように、どうしたら一番速く、効率良く描けるのかを試行錯誤しながら何十枚も描きました。本番では目標時間より15分早く作図を終え、最終チェックや補足の付け足し等に時間を回すことができました。私の場合、初期段階で作図スピードを上げる方法が確立できたのが合格に直結したのだと思います。最初は同じエスキスのもので良いので学院の目標時間を切れるまでひたすら描いて、スピード感覚を養ってみてください。なによりスピードです! 描き切らなければ合格はあり得ません。最後に、採点者の方に「見ていただく」ために描いているのだということを忘れないでください。

設計製図合格のポイント

最後は自分を信じて疑わない!

設計製図試験に合格するために費やす時間は莫大です。ですが、費やした時間の分だけ自分に自信が持てるはずです。本番中も、課題文の読み落としはないか、エスキスに条件違反がないかなど、不安の波が何度も何度も押し寄せます。本番で信じられるのは今まで時間を費やして得た知識と自信のみです。中間チェックが終わってエスキスが完成したら、あとは自分を信じて描き切るしかありません。最後は自分自身を信じて疑うことなく、本気で描く人生で最後の手描き図面を仕上げてください。

今後の目標や抱負

私は住宅設計を誇りに思っています。これからも、それぞれのお施主様にとってより良い住まいがご提案できるように努力していきたいと思います。

資格取得をめざす方へアドバイス

自分の家を建てるとき、2級建築士の設計担当者と1級建築士の設計担当者、どちらに設計をお願いしたいと思うでしょうか。答えは明白だと思います。1級建築士になってやりたいことは人それぞれだと思いますが、1級建築士取得はゴールではなく、ただの通過点に過ぎません。自分で思い描く自分に近づくために努力を惜しまないでください。また、自分を応援してくれている周囲の方々への感謝の気持ちを忘れなければ、がんばれるはずです。自分が試験勉強のために時間を割いていることで、応援しながらも悲しむ人や苦しむ人がいることを決して忘れないでください。努力は必ず報われます。

講師

学科の講師の方々は、身振り手振りで教えていただけ記憶に定着しやすかったです。設計製図の講師は厳しく、かつ優しく教えてくれました。当時は本当に苦しかったですが、講師の指導のおかげで合格できました。感謝してもしきれません。

トレイントレーニング

隙間時間の勉強といえばこれです。お風呂で読んだり、移動中に読んだりしていました。

製図模擬試験

時間内で終わらせることが絶対条件の設計製図試験において、本番さながらに模試を受けられたのはかなり大きな経験だと思います。時間配分や周囲の雰囲気など、肌で感じることが大事なのだと実感しました。

学科テキスト

私が今まで目にしてきたテキストの中で、一番わかりやすくまとまっていました。テキストは内容を覚えるときも演習をするときも重宝します。自分で書き込んだり、アンダーラインを引いたりして、オリジナルの一冊にしてください。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター