梶田 知典さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

与えられたものを最大限利用して自分のものにする!

平成30年度 1級建築士合格

梶田 知典 さん(35)

学 歴
大学院
勤務先
設計事務所
建築設計
本試験得点

108点
(計画:16点、環境・設備:20点、法規:26点、構造:27点、施工:19点)

受講講座

受験経験 学科6回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

社会のなかで新しい建築をつくる

自分のイメージやアイデアだけをよりどころに設計を行うのではなく、クライアント、施工者、経済、土地…など、社会の様々な条件に対して整理、調整を重ねてひとつのものをつくりあげていくところに、ほかのものづくりにはない魅力を感じ、設計の道を選びました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

スタート地点に立つために

設計の仕事をして行くためには必要不可欠な資格だと思ったためです。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

通学するなら1年で合格

独学で勉強していた時期もありましたが、1人で勉強しているときは勉強の全体像が見えず、スケジュールも立てられませんでした。勉強のテンポをつかむためにも、学校を活用しようと考えたのです。数ある資格学校の中でも合格率が1番高く、短期で合格できると思い、総合資格学院を選びました。当時勤めていた会社の同僚や先輩でも学院で勉強している方が多く、安心感があったというのも大きかったです。

受験期間中の印象に残るエピソード

わりとリラックス

実務経験が長く、すでに知識があったこともあり、予想より余裕を持って勉強に取り組めました。それにより通学当初の想像よりもリラックスして色々なことに望めたことが印象的でした。

学習時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

生活リズムに勉強時間を

朝1 時間、夜3〜4時間と、まとまった時間を取ることを習慣化しました。毎日一定時間以上の勉強時間を確保し継続させることに努め、スケジュール管理を単純化して管理しやすくしました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

他分野への理解

意匠設計以外の、構造、環境設備、施工の分野の理解が深まったことで、仕事上で自分と異なる分野の方との話がスムーズになりました。例えば、空調システムの用語が理解できたことで、設備の施工担当者との打ち合わせでも、「なぜそのシステムを選んだのか」など、より細かい部分を話せるようになりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

施工

苦手科目(分野)

計画

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

実務経験を生かして

実務経験がわりと長かったため、覚えることの多い施工などは言葉を理解する際にも多少のアドバンテージをもって望めたと思います。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

講師に気軽に質問ができたこと

講義中やその前後、遅い時間になっても、気軽に質問ができたことが1番助かりました。教材より、やはり人から直接教わることの方が情報の吸収量は多いと思います。

学科合格のポイント

積み重ねから平常心へ

教材や模試にきちんと取組むことを重ねることで、確実に得点につながり、本試験前に自分の勉強の成果を確認できました。こうした積み重ねによって自信を持って、平常心で試験を受けられたことが大きかったと思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

復習と自分なりの分析

各課題のエスキスを課題毎にかかさず復習、分析することで、自分で考える力や応用力を養えたと思います。解答例や解説を読んで、「なぜこのようなプランにしたんだろう?」と徹底的に考えるようにしました。解答例が考えるきっかけになったと思います。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

とにかく描く、自分の描き方を発見する

総合資格学院が教える作図手順は、一般的に効率よく図面を描く手順だと思います。何度も描くことで、自分の手癖や思考に合った描き方にフィットさせていく作業が必要で、かつ1番大事だと思いました。時間はかかってしまいますが、ある一定量の図面を描くことは必要だと思います。

設計製図合格のポイント

全力投球

学科とは違い勉強時間が2カ月程の短期間なので、最初から最後まで全力で望んだことです。また勉強をはじめた頃は成果が出にくく非常につらい時期が続きましたが、めげずに全力を続けたことが合格につながったのではないかと思います。

今後の目標や抱負

より職能を活かして活動できるようになりますが、更に責任感を持って精進して行きたいと思います。住宅だけではなく、公共事業や美術館の設計など、色々な建築物に携わっていきたいです。

資格取得をめざす方へアドバイス

学院を信じて勉強すれば安定、自分なりの勉強方法を見つけられれば一歩リードすることができます。与えられた教材だけで満足するのではなく、自分でどう勉強すればよいか考えて勉強を進めることが大切です。

チューター

講義外でも柔軟に、熱心に対応していただけて助かりました。また、ご本人が受験していたころの生の情報が知れたことも大変有益でした。

学科模擬試験

本試験のシミュレーションを行えたこと、自分の弱点を学習するきっかけづくりになったことが役立ちました。

オリジナル製図課題

バラエティの多い課題から、色々な問題に対する対応力が養え、課題に対する分析も同時に行えたことがよかったです。

合格ダイアリー

スケジュールの自己管理を行うことに役立ちました。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター