清瀧 彩加さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

最後の最後まであきらめない

平成30年度 1級建築士合格

清瀧 彩加 さん(27)

学 歴
大学
勤務先
構造設計事務所
耐震診断
本試験得点

102点
(計画:17点、環境・設備:17点、法規:22点、構造:27点、施工:19点)

教 室

受講講座

受験経験 学科2回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

きっかけは実家の新築工事

中学のころ、実家の新築工事を見たことがとても印象深く、自分の思う通りに自宅を設計してみたいという気持ちが芽生えました。また理系科目が得意だったことから、建築系の大学行こうかなと決めたのがきっかけでした。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

建設業界で働き続けるため

以前、転職時に他業界も視野に入れたところ、結局建築にしか興味がないことに気づきました。そのとき、この先も建設業界で働き続けるためにも1級建築士の資格を取ろうと決めました。目標があるとがんばれる自分にとって、1級建築士の取得はとても良い目標となりました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

教務や講師の方々のフォロー

私は2級建築士受験のときも総合資格学院に通い、そのときは1年で合格することができました。そのため、学院のカリキュラムなどは信頼していましたし、なにより2級建築士受験のときはとても楽しく通えた記憶がありました。同じ受験勉強をするのなら楽しく通いたいと思い、学院に決めました。

受験期間中の印象に残るエピソード

情報の共有の大切さを実感

大学時代の友人や会社の同僚、先輩が学院に通っていたため、模擬試験のあとに自習室に集まり、どの問題が難しかったなど試験の解説会をしました。また普段どんな勉強をしているかなどの情報交換をし、自分にあった学習方法を模索していきました。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

外で勉強する

学科試験の勉強はなるべく家以外でやるようにしました。家にいるとほかのことに気をとられやすかったし、他人の目がない分サボりやすかったので、仕事と寝る時間以外はほとんど自習室かカフェか図書館にいるようにしました。外ではやりづらい製図の勉強は、自宅の部屋を改造し、いつでも準備することなく製図板に向かえるようにしました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

仕事面でもより深い理解

耐震診断を扱う仕事柄、構造で勉強した内容は仕事でも使うことがありました。逆に仕事で使っていたものの理解が浅かったことが、講義を聞くことにより深まったこともありました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

計画

苦手科目(分野)

環境設備

得意科目の理由、もしくは苦手な科目の克服方法

苦手科目はとにかく繰り返し

苦手科目は、演習テストや模擬試験、過去問で出た問題だけは最低限取れるように、何回も繰り返し見直しをしました。特に直前期は、高確率問題をひたすら繰り返し見直しました。不安から色々な教材をやりたくなると思いますが、苦手科目ほど教材を絞って、一度解いた問題だけはすべて点数が取れるようにしようと考えました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

ライブ講義ならではフォロー

講義を受けるだけならば映像を観るという選択肢もありますが、疑問に思ったことを休み時間や講義が終わったあとに講師に質問できることがとてもよかったです。また、講師も講義中の受講生の様子をちゃんと見ていてくれているため、講師から『わからないところがありましたか?』と声をかけてくれたこともありました。

学科合格のポイント

教材をしぼる勇気を持つ

1年目では、点数をとりたいがために不安になり、あれもこれもやりたいと焦っていました。しかし、仕事をしながら勉強しているため時間に限りがあり、満足のいく勉強ができませんでした。そのため2年目では、講師や教務スタッフに相談しつつ、教材に優先順位をつけ、優先順位の高い教材を徹底的にこなしていくことを心がけました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

ほかの人がどう考えたかを聞く

仕事でプランニングをやらないため、何もかもが大変でした。そのため、グループミーティングや休憩中に同じクラスの受講生や講師と意見交換をし、同じ課題からほかの人がどう考えたかを聞けたことがとてもよかったと思います。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

作図が進んでいても安心しない

講師に作図スピードを上げるようにと都度指導を受けました。注意された後はスピードが上がるのですが、ある程度描けてきて「時間に余裕があるな」と思うとすぐスピードが落ちてしまい、また注意されるということが多々ありました。そのため、計画通りに作図が進んでいても、安心しないで、スピード感をキープしたまま進めるよう心がけました。

設計製図合格のポイント

減点されないプラン

私は普段仕事でプランニングをしていないため、こだわりを持ったテクニカルなプランはできないと思い、基本に忠実な「減点されない」プランニングをすることを心がけました。

今後の目標や抱負

まだはっきりとは決めていませんが、1級建築士の資格を活かし、今後は耐震診断だけでなく構造設計にも関われるようになりたいと思っています。これからゆっくり考えていこうと思っています。

資格取得をめざす方へアドバイス

最後まであきらめないでください。私は設計製図試験中、間に合わないかもしれないと思い、あきらめそうになりました。しかし「せっかく何カ月もがんばってきたのに採点されることなく不合格になるのは嫌だ、とりあえず最後までやってみよう」と思い直し、合格することができました。あのときあきらめてしまわなくて本当に良かったと思っています。

法令集

試験用によく考えられていて、さらに自分でも色分けなどでカスタマイズしていくことで、点数が取れるようになりました。

ライブ講義

映像講義も経験しましたが、同じ講師の講義でもライブ講義のほうが印象に残りやすかったです。また受講生の反応を見て、講義内容を調整してくれたりするのでよかったです。

合格ダイアリー

限られた時間のなかで計画的に勉強できました。また、各種テスト結果をまとめることで、苦手科目がわかり学習の計画をたてるうえでとても参考になりました。

学科模擬試験

本番と同じ時間で行うため、試験当日の休み時間などの使い方を試すのにとてもよかったです。また試験直前1週間の期間で、何を優先して学習すべきか知ることができました。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター