松本 志郎さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

やり抜く覚悟と追い込む勇気

平成30年度 1級建築士合格

松本 志郎 さん(41)

学 歴
大学
勤務先
建設会社
設備設計
本試験得点

103点
(計画:15点、環境・設備:18点、法規:26点、構造:26点、施工:18点)

教 室

受講講座

受験経験 学科1回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

大学の講義

中学の工作で作品が展示された時からものづくりに興味が湧き、理系に進みました。その後、大学の給排水設備の授業で建築のなかでも設備設計に興味が湧き、現在はそれを行う職についています。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

誰にでも設計の仕事をしていると言えるように

建設業以外の方に設計業務をしていると話すと、「1級建築士なんですね~」と言われ、その返答として「業務内容が異なる」「仕事が忙しく取得できない」などと、言い訳をしていました。子供が成長し、子供に対して「言い訳するな」と叱る自分が情けなく感じていたこと、また子供に「何でもやればできる」ということを証明したかったこと、そして、設備設計者だろうが設計業務に携わっているのであれば、持つべき資格だと思っていたので、受験を決断しました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

ライブ講義と実績

1級建築士は、施工管理技士や建築設備士とは異なり、幅広い分野と専門性を問われる資格で、学習期間も1年程度必要と聞いており、独学でモチベーションを維持できる自信がありませんでした。ゆるぎない合格実績、さらにその実績を成す原動力のひとつであるライブ講義、またその後に個別質問や学習アドバイスもしていただけ、わからない点をしっかりつぶし、理解を深めることができるという点から総合資格学院に決めました。

受験期間中の印象に残るエピソード

まわりの協力があってこその合格

妻は、平日休みの仕事でしたので、資格学習前の休日は私が子供の面倒を見ていました。学習に専念できるよう、休日の子供の面倒は祖母にきてもらい、保育園の送り迎えや家事等はすべて妻が引き受けてくれたことは本当に助かりました。また、資格に理解のある職場で学習に支障がでないよう、業務内容を調整していただきました。試験前に数日休んだ際にも、代わりに対応していただき感謝しています。教務スタッフの方にも、自習室で、なかなか帰らない私につき合っていただいたことに感謝です。チューターや講師の方々にも試験間近の夜にわざわざ自習室に来てアドバイスしていただいたことに感謝しています。一人の力だけではなく、まわりの方々のサポートがあってこその合格なので、他のどんな合格よりも嬉しく、みなさまに感謝しています。

学習時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

学習は質にこだわる

自宅は、誘惑が多いため、図書館や喫茶店、学院の自習室で集中して学習しました。また、図書館や喫茶店は、建築以外の学習をしている方も多く、刺激になり、学習の質が上がりました。通勤中は集中して学習できないため、無理に学習はせず、早い時間帯の電車で座り睡眠を取り、勤務時間前の会社や近くの喫茶店で学習して、できるだけ学習の質を上げることに心掛けました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

建築計画の難しさ

設備担当であるため、ある程度建築プランができてから設備計画に入ることがほとんどで、白紙から計画することはありませんでした。それだけに機械室が足りないとかシャフトがないなど、プランニング無視の設備最優先で意見していましたが、ゼロから計画することを経験して、意匠担当者や構造担当者の気持ちが理解できるようになり、譲れる部分は譲りながらも最も重要な施主要望に対してはしっかりと対応したひとつの建物としての計画ができるようになったと思います。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

環境・設備

苦手科目(分野)

計画

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

テキスト余白の有効活用

私はノートをつくるのが苦手だったのでテキストの余白にイメージ図を描いたり、コメントを追記したりして記憶に残りやすくなる様にしました。また、模試などで間違えた部分には、テキストにフセンを貼り、問題番号や関連ページをメモすることで、テキスト一冊で総チェックできる様に加工して、得意科目に変えていきました。苦手な建築作品は、GW特別対策講座のテキストを繰り返し学習することで、克服することができました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

達成度確認テストは模擬試験

11~7月までの約8カ月間、毎週講義があります。覚える範囲は広く、習得に時間を要しますので、毎週着実に知識をつけていく必要があります。そこで1週間の学習の成果として、講義前に行う達成度確認テストがわかりやすい指標になると思います。常に満点を取る、模試のつもりという高いモチベーションで毎週挑めば、なんとなく行っている受講生との1点の差は、最終的には大きな差になります。

学科合格のポイント

先行逃げ切り型になる

本試験では、1日で5科目すべての学習の結果を出さなければなりません。試験前に詰め込んだだけでは、すぐに忘れてしまい、全科目結果を出すことは難しいと思います。また、試験前は誰もが学習するので差が出ないと思います。ですので、ライバルより1日でもはやく学習時間を確保し学習を定着化する。そして、確保した時間で繰り返し学習による、記憶の定着化を図ることで、本試験でどんな問題が出ても惑わされず、結果を出せると思います。私は誰よりもはやくスタートし、学習の貯金を蓄えれば、途中でモチベーションが下がっても貯金で耐えきれる、先行逃げ切り型の学習方法をオススメします。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

優先順位を見失わない

模試Ⅰまでは、作図時間に気を取られて、エスキスをなんとなくまとめていましたが、以降は、条件も増え、読み飛ばしや細かい部分に気を取られることが多発し、エスキスがまったくまとまらなくなりました。講義後、自分のエスキスを見返すと「なぜこんな些細な部分を一生懸命考えていたのだろう?」の繰り返しでした。自習室で学習しているクラスメイトにどの様にエスキスをしているかを相談し、試験前一週間の休みを取った数人で自主的に模擬再試験を実施し、グループミーティングを行って、なんとか悪いクセを矯正することができました。隣の席はライバルですが、設計製図試験は、ある意味クラス対抗団体戦の様な部分もあるので、早い段階からコミュニケーションを取り、みんなで切磋琢磨していく環境にした方が良いと思います。アドバイスをいただいたクラスメイトのみなさまには、本当に感謝しています。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

人間プロッターになったつもりで

学習当初は、丁寧に考えながら作図していたため、作図時間がなかなか縮まりませんでした。あるとき、前年度の合格者の作品を見る機会があり、じっくり見たところ、全体がまとまっていれば細かい部分は多少粗くても問題ないことに気づきました。それ以降は、とにかく機械の様に、濃く速く描くことだけに専念できる様になり、作図時間も必ず学院の目標時間を切れ、全体で試験時間内におさまるレベルにまで到達しました。

設計製図合格のポイント

最後の一秒まで絶対にあきらめない

模試Ⅱで苦手なエスキスをまとめることができず、ランクⅣの失格となりました。残り2週間しかなくあきらめかけましたが、講師やチューター、教務スタッフからは根気強くアドバイスや励ましの言葉を頂いたおかげで折れた心を取り戻し、エスキスのやり方を基本から見直すことで、なんとか立て直すことができました。本試験でも、想定外の条件がありエスキスがうまくいきませんでしたが、土俵に上がれる図面にできるよう、最後まであきらずにやり切りました。2カ月半の短期決戦ですが、作図、エスキス、記述、時間管理など数々のハードルに対して、最後まであきらめずに挑戦し続けたことと、サポートしていただいた関係者のみなさんのおかげで合格できたのだと思います。

今後の目標や抱負

設備設計業務を行っていますので、設備設計1級建築士が最終目標です。今回の合格に満足することなく、学習のコツを忘れずに、次の試験も合格したいです。

資格取得をめざす方へアドバイス

生半可な学習ではもちろん受からないですし、「受かったらいいな」という希望ではなく、「受からなくてはならない」という強い気持ちで学習しないとモチベーションが維持できないと思います。自分だけではどうしても甘えが出るので、プライベートや職場等で多くの方に公言し、資格取得を最優先することで、不合格報告の苦痛を想像したり、もう1年同じことをする訳にはいかない状況にするなど、自分を追い込むのも重要だと思います。

合格サイクル+継続学習

日々のテストは、繰り返し学習ができ、記憶に知識をしっかりと定着させることができました。

自習室

学科、設計製図ともにメインの学習場所として利用させていただきました。お金も掛からず、雑音もないので集中して学習できました。

製図課題

様々な条件の課題に取り組むことで応用力がつくのと、時間配分や上手くまとまらない課題もなんとかまとめることを実践できるので、良い学習になりました。

合格ダイアリー

学科の学習期間は8カ月程度あり、学習計画を立てないと効率的な学習ができませんが、この合格ダイアリーにしっかり書き込んでいくことで良い道しるべとなりました。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター