多田 和広さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

その学習は必ず実務に繋がる

平成30年度 1級建築士合格

多田 和広 さん(40)

学 歴
工業高校
勤務先
設計事務所
意匠設計
教 室

受講講座

受験経験 学科4回 / 設計製図5回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

日常に建築があった

建築の仕事が身近であったため、その道に進もうと思いました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

様々なタイミング

①ラグビーワールドカップ2015 日本VS南アフリカ戦を見て、②不惑の年までに何とかしたかった、③ライセンスアドバイザーとの運命的な「縁」を感じたためです。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

過酷な環境に自ら入る

自己をより厳しい環境に置き、拘束する必要があると考えたためと、受験を決断した理由と被りますが、学院のライセンスアドバイザーとの縁を感じたためです。

他講習と比較して、実際学院で学んだ感想

物量多し!

課題、宿題の物量が多いと思いました(ある別の資格学校と比較して3倍は余裕であると思います)。

受験期間中の印象に残るエピソード

「実践」

学習時間確保を目的にスマホからガラケーに交換しましたが、不便極まりないため、結局スマホに戻しました。よくよく考えたらスマホを自主学習ツールにすればよかったのです……。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

日常生活の見直し

自分が現在、何にどの程度の時間を費やし生活しているかを分析し、学習時間に割り切ること。時間に投資(時間を金で買う)するとともに、日常生活も「時短」を意識することです。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

プレゼン力が増した

講師の「自分だけにしかわからない図面を描かないこと!」という言葉を意識し、発注者への提案図を作成しています。結果、プレゼン力が増し、理解を得られているという実感があります。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

エスキス学習

ほぼ自分しかわからないエスキスを描いていたため、いざエスキスを学びたいと講師に話しかけてもアドバイスを受けづらかったことです。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

作図力UPは早期に対策を

講義の早い段階で枚数をこなし、ペンが止まる時間を少なくしたことで濃密な作図が可能になりました。思考する時間も短くなり、講義後半で総合的な復習が可能になりました。

設計製図合格のポイント

分析と覚悟

「合格に必要なものは何か?を自ら問う」「合格に足りないものは何か?を考え実行に移す」「覚悟を決め、会社・家族・社会活動の団体へ理解を求め身辺整理する」

今後の目標や抱負

建築の賞を取りたい!

資格取得をめざす方へアドバイス

どうせやるなら若いうちです! ( 40歳が言うのだから間違いない)

講師

県内の建築士を輩出した「生の言葉」をリアルに受け止めることができ参考になりました。また、同業者としてもエネルギーをもらいました。

グループミーティング

他者の考え方や作図を参考にすることができました。

記述用教材

語彙を広げることができ、迷わずに記述できるようになりました。

設備用教材

設備は実務でも基本的な素養が乏しかったため、システムの概略や用語の学習で理解を深め、実務でアウトプットできました。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター