冨田 真さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

努力は自信につながる!!

平成30年度 1級建築士合格

冨田 真 さん(25)

学 歴
大学
勤務先
建設会社
施工管理
教 室

受講講座

受験経験 学科1回 / 設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

幼心に建築に魅了され……

私が幼いころ実家の新築工事現場を見学した際に、何もない更地からどんどんと建ち上がり形になっていく現場の様子を見て、建築に魅了されました。もともとモノづくりが好きなため建築関係の仕事に就くという夢は揺るがず現在に至ります。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

上司からの言葉

新入社員の時に「資格を取らなければいけないな」と思いながらも少し迷っていた私ですが、「1級建築士の資格を持っていれば当然責任は大きくなるが、社会に評価され、会社から必要とされ、周りから信頼を得られる」と現場の上司の言葉に背を押され、早々に受験を決意しました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

頼もしいライセンスアドバイザーに出会えたから

大学時代に所属していた研究室に、何度も総合資格学院のライセンスアドバイザーが訪問されていました。その担当は、資格の必要性を教えてくれ、生涯設計についても親身に相談に乗ってくれました。そういったこともあり学院に決めました。

受験期間中の印象に残るエピソード

誘惑に弱い自分にけじめをつけるため

1年目はいろいろな誘惑に負け、なかなか受験勉強一筋とはいきませんでした。それではまずいと2年目に危機感を抱き、自分に取りつく誘惑を排除するため、テレビ、ゲーム、スマホアプリ、そしてそのとき付き合っていた彼女に別れを告げました……。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

資格取得は自分の業務

周りからの協力を仰ぐため、上司や同僚、家族に「今年必ず合格します」と公言しました。幸いにもほぼ全員が協力的で試験勉強に注力することができました。現場に出ている以上、仕事の進捗により勉強時間の確保が難しい時期もありましたが「勉強しないと周りから置いて行かれる……」という危機感を持ち、仕事の効率をアップさせ、遅くとも20時には切り上げて勉強していました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

建築主事・消防検査など先頭に立ち対応

入社2年目で鉄骨造の建物の新築工事に携わり、大きな問題もなく建築主事検査を受検しました。そのとき主事から「柱のダイヤフラムは何の材質を使っていますか?」と聞かれ、会場のみんなの表情が凍りつくなか、「ダイヤフラムはSN490Cです!」と冷静に対応することができました。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、平成30年度の講座強化についての感想

2時間の壁

1級建築士設計製図完全合格対策講座の最初に学院の完成時間のラインを聞いたときは、冗談が過ぎると思いました。しかし、講師の目は笑っておらず、本気で言っているのだと悟りました。何度も繰り返し行い、グループミーティングや講師からのアドバイスにより、1カ月も掛からずにラインを切ることができました。時間に余裕ができれば、読み取りやエスキス、チェックなどに時間を割り振れ、重大な不適合やケアレスミスが少なくなり、安定感と自信がついてきました。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

考えの幅を広げる

はじめのころはエスキスにおいてプランやレイアウトの選択肢が乏しく、やって良いこと悪いことの区別がつかずに、時間を掛けたうえに妥協しながら進めていました。自分の弱点は考えの選択肢が少ないことでしたので、グループミーティングで他の人の考えを取り入れ何十回もエスキスをこなしました。その後は考えの幅が広がり、あまりつまずくことなくエスキスを完成できるようになりました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

手を止めるな

塵も積もれば山となる。ではないですが作図で一番やってはいけないのは、手を止めている時間をつくることです。はじめのころ作図の手順が曖昧で「次何描こう?」「これはこっちのほうがいいな?」など手を休めて考えながらやっている状態でした。作図時間を短縮するために心がけたことは「うまい人を真似する」「エスキスの情報密度を高める」ということです。作図の実演映像や、グループミーティングで速い人の真似をし、エスキス1/400のプランニングでは細かいレイアウトや要求室の正式名称と面積を明確にすることで、精度よくスピーディな作図ができました。

設計製図合格のポイント

親友

同じクラスに学科から一緒にがんばってきた親友がおり、良き友・良きライバルとして切磋琢磨し取り組んでいました。お互いに負けず嫌いな性格で、学科のときから相手がいい点数を取ると、称えつつも負けたくないという気持ちが自分たちを掻き立てていました。製図においても同様に良きライバルとして高め、支え合い、成長していきました。親友がいなければ絶対合格できなかったと断言できます。

今後の目標や抱負

1級建築士は社会的に責任のある仕事です。これからはこの資格を活かして社会に貢献していきたいです。次なる目標は現場の人間として1級の施工管理技士の取得をめざします。

資格取得をめざす方へアドバイス

私は弱い人間でしたが、応援し支えてくれた方々、競い合える仲間がいたおかげで七転八倒しながらやっていくことができました。努力をすれば誰でも資格が取れます。しかし、努力し続けるためには自分の取り巻く環境が大きく関わってきます。資格取得までの道は大変険しくひとりで立ち向かうには困難過ぎます。ぜひ皆さんも支えてくれる方々を大事にし、そして周りの敵も味方にして資格取得をめざしてください。

講師

本業がありながらプライベートな時間を割いてまで、私たちを合格させるために悩み、葛藤している講師の姿に感化され、絶対合格するという使命感が生まれました。

グループミーティング

敵同士ではありますが同じ目標に向かい努力する良きライバルとして切磋琢磨してきました。良いところは称え、悪いところは指摘し合えたのですごく成長できました。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター