氏原 菜摘さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

1年間我慢の積み重ねで得られた結果

平成30年度 1級建築士合格

氏原 菜摘 さん(26)

学 歴
大学
勤務先
ハウスメーカー
工事監理
本試験得点

96点
(計画:12点、環境・設備:18点、法規:24点、構造:27点、施工:15点)

教 室

受講講座

受験経験 学科2回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

つくることが好きだった

小学生のころ図工教室に通っていました。まだそのころは建築に興味があったわけではなかったのですが、何かをつくったりすることが好きだった気持ちが、大学受験時に建築学科を選ぶきっかけになったのだと思います。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

お客さまの信頼を得るため

仕事をするうえで、女性で、若いともなると、お客さまのなかには不安に思う人がいるかもしれません。そのため、いち早く建築士の資格を取り、お客さまからの信頼を得たかったからです。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

2級建築士の合格体験

2級建築士の資格を取得するときに、設計製図から総合資格学院に通い結果を出すことができたので、引き続き学院に通うことに決めました。今回1級建築士ということで、当然2級建築士よりも難しいことは承知していましたので、学科・設計製図ともに受講することにしました。

受験期間中の印象に残るエピソード

みんなの話題についていけない

会社で話題のドラマや番組の話で盛り上がっているのを聞いていて、我慢、我慢と思ったことが何度もありました。合格がわかったあと、観ようと決めて録り溜めておいたドラマを一気に観て、これからは何でもいくらでも観られると思うと幸せを感じました。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

自分ができる時間に

朝はいくら決意しても起きられなかったので、夜はどんなに眠くても勉強しようと決めて、たとえ数分でも毎日やるようにしていました。そうすると逆にやらない日は不安になるので、勉強を継続するうえで効果があったと思います。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

難しい専門用語にも親しみが持てた

今まで何気なくこなしていただけの仕事が、知識が増えたことにより理解につながったり、興味をもってできるようになりました。それが今後さらにお客さまに喜んでいただけるような結果に結びつけばと思っています。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

法規

苦手科目(分野)

施工

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

とにかく法令集を引くこと

法規に関しては、後半法令集を引かなくてもわかる問題が増えてきましたが、それに頼らず、必ず法令集を引いて根拠を確認するよう心がけていました。また施工は、ハウスメーカーで仕事をしているためスケール感をイメージしにくいところも多く、私のなかでは苦手な科目になってしまいました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

講師オリジナルの教え方

施工では、数値をものすごい量覚えなければならないため、語呂合わせで覚えることが私には必須でした。また、環境・設備の難しい仕組みをイラストで覚えるよう教えていただきました。そういった覚え方を教えてもらえたのも力になりました。

学科合格のポイント

書いて身につける

とにかく暗記が苦手だったので、科目ごとにノートをつくって、間違ったところは書くようにしていました。最初は時間がかかりますが、終盤になると偏りなく勉強しなければならないので、そのノートを見るだけでもその科目を復習したことになるので助かりました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

やっただけ力になるのを実感できる

最初は記述に対しての苦手意識が強く、全然勉強をしませんでした。もちろん講師の評価も0ばかりの記述を書いていました。後半になり「さすがにこのままではまずい」と思い、記述例をひたすら書き写して勉強した結果、最初とは比べ物にならないくらいの量を記述できるようになりました。記述が苦手な人は、やっただけ力になることを信じ、苦手意識を捨て、最初からがんばってほしいです。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

普段の仕事とのスケールの違い

仕事では基本的に住宅しか扱ってないので、スケール感の違いに戸惑いました。しかしそれは、とにかく描くことで覚え、だんだん自分のものにしていくことができました。また、1級建築士の講義を受けることで、自分の視野や観点が広がったと感じています。

設計製図合格のポイント

妥協することも必要

2級建築士受講時からエスキスに対する苦手意識が強く、さらに設備などの知識がつき、こうやらなきゃという意識が抜けず、最初は学院の目標時間内で終わらないこともありました。しかし、最終的に完成させることが大事と何度も言われ続け、本番では満足のいくプランではなかったものの「これでいこう」と踏ん切りをつけ完成させることができました。

今後の目標や抱負

1級建築士を受験するにあたって、会社課内のサポートは大きく、先輩方が仕事を負担してくれました。その1年間分を恩返しできるように、今後は仕事に打ち込んでいきたいです。資格に恥じないよう責任をもって仕事することはもちろん、この1年の感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいです。

資格取得をめざす方へアドバイス

20代のうちにやりたいことがいっぱいあるなかで、すべてを犠牲にして勉強し続けるのはつらかったですが、我慢したからこそ得られる幸福感も大きかったです。中途半端にがんばる1年間はとてももったいないと思うので、悔いのないように毎日勉強し、ぜひこの幸福感を味わって欲しいです。

コンパクト建築作品集

写真つきでまとまっているこの作品集があったことで、建築作品問題は苦手でしたが、ひたすら見て、読んで、勉強することができました。

学科模擬試験

模擬試験があることで、段階ごとに目標を設定することができ、自分の現状も把握できるよい機会になりました。

映像ライブラリー

復習や理解できなかった部分を、あとから自分の都合のよいタイミングで確認することができました。

講師

設計製図の講義では、少人数のため質問のしやすさや、きめ細やかな対応など、いい距離感で指導を受けることができました。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター