八木橋 奏未さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

最後まであきらめないことが大切!

平成30年度 1級建築士合格

八木橋 奏未 さん(27)

学 歴
大学
勤務先
ハウスメーカー
積算・見積
本試験得点

96点
(計画:13点、環境・設備:15点、法規:26点、構造:26点、施工:16点)

教 室

受講講座

受験経験 学科3回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

ものづくりに関わりたかった

小さいころから、図工や絵などを描くのが好きで自然と進路はものづくりができる場所へと進んでいました。大学で建築を学び、自分の手で人の暮らしがより良いものにできるかもしれないと思い、それが最も実現できるハウスメーカーに就職しました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

学生時代から決めていました

大学で建築を学んでおり、「最終目標は1級建築士だ!」と学生のときから思っていたので、2級建築士合格後、何の迷いもなく1級建築士の受験を決意しました。また、会社の先輩の活躍する姿も強く背中を押してくれました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

厳しい環境に身を置きたい

1回目の受験のとき他の資格学校へ通っていましたが、講師がいるわけでもなく緩い環境で勉強をしていたため、学科で落ちてしまいました。会社の先輩や友人から、総合資格学院は勉強をさせるように背中を押してくれるから私にあっているといわれ、受講することに決めました。

他講習と比較して、実際学院で学んだ感想

理解が深まる指導方法

他の資格学校では映像講義のため、わからないところも聞けず理解が曖昧ななかで受験をしたので、ことごとくひっかけ問題にやられていました。学院は、過去問などの問題を解くだけではなく、講師が一人ひとりに対して寄り添うように指導してくれたので、理解を深めることができ、ひっかけ問題も解けるようになりました。また、教材も学院の方が使いやすく優れていると思います。

受験期間中の印象に残るエピソード

環境に恵まれていることを実感

入社してすぐに2級建築士を受け、引き続き1級建築士を受験したため1年間の大半が受験シーズンとなっていました。先輩や友人からは、お金と時間を受験に充てている私の姿を見て「20代という青春時代を使ってまで勉強するなんて……」と言われていましたが、逆にそこまでがんばる姿を応援してくれる人も多く、環境に恵まれていることを実感できた受験期間でもありました。今は遊べなかった分を取り戻すかのように遊んでいます!

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

曜日によっての使い分け

残業が多く、家に帰ってから勉強する気力がなかなか生まれませんでした。私の会社は定休がしっかりとれていたので、休みの日と講義の日に嫌いな科目をみっちり勉強し、通勤の日は好きな科目をやるようにしていました。好きな科目なら短い時間でもやる気になったので!

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

法令集をフル活用

受験期間中、嫌になるほど法令集に触れていたおかげで、仕事のあらゆる場面で法規の知識が活かせており、勉強していて良かったと思います。今までは法律的な話で理解できなかったことはネットで調べていたのですが、学院で法令集を引くことを学んだことで、今ではわからないことは法令集で確認できるようになりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

法規

苦手科目(分野)

施工

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

日々の積み重ね

正直法規は苦手科目でした。厚い法令集を開いて難しい言葉を眺めるだけでも憂鬱でしたが、宿題・講義の予習・復習をするため、嫌でも法令集を引く習慣ができ、いつの間にか法令集を引かずに解ける問題が増え、苦手科目が得意科目に変わっていました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

講師のアドバイス

過去問を丸暗記していたため、ある程度点数は取れていましたが、合格点までは届かず苦戦していたとき、講師からのアドバイスをもらいました。そのアドバイスとは、「1級建築士は丸暗記だけでは合格しない! 問題を解くときは、なぜこの答えなのか?を追及して問題を解くように!」と言われました。それからは問題を感覚で解かず、時間をかけて根拠を持って解くようにしたので、ひっかけ問題にも強くなり合格ラインまで点数を上げることができました。

学科合格のポイント

いわれたことを完璧にこなす

膨大な宿題の量、一日の講義、講師からの課題など密度の濃い学習をこなすのは大変ですが、そこで得た自信、そして自然と試験に向かう心構えができてきます。学院の指導を信じ、それをこなしたからこそ得た合格だと思います!!

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

スケール感の違いにとまどい

ハウスメーカーに勤めているので、最初は大規模な建物のプランニングがわからず苦戦しました。設備関係で何が重要かわからなかったりしましたが、講義を受けているうちに、最後はしっかり理解できるようになりました。エスキスも最初は見よう見まねで描いていましたが、やはり講義を聞くことで理解が深まってきました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

作図量を増やす

特に苦手意識はなかったのですが、やはり最初は時間がかかりすぎて苦労しました。そこで、宿題をしっかりこなし、作図量も増やして、最終的には作図時間を大幅に減らすことができました。やはり作図量を増やし枚数を重ねることでスピードアップと精度の高い作図ができると思います。

設計製図合格のポイント

講師を信じた

クラスの人数が少なかったので講師が一人ひとり細かく指導してくれました。その講師はいつも「プランニングが大事」と指導してくれ、感覚的ではなく、なぜこうした方が良いか、そしてこうすれば合格できるよと理由を述べながら指導してくれました。理由をはっきり説明しながらの指導方法に信頼が置け、講師を信じて学習したことが合格につながりました。

今後の目標や抱負

1年間この資格を取るためにご迷惑をおかけした会社や先輩方のためにも、1級建築士受験で得た知識を活かして、これからも今まで以上に仕事をがんばりたいと思います。また、結婚して子供ができ、もし会社を辞めることがあったとしても、今回得たこの資格が自分のその後の選択肢を増やしてくれると信じています。

資格取得をめざす方へアドバイス

「絶対に1年で合格する」という心構えで勉強すると良いと思います。中には長々とやっている人を見ることもありますが、私の周辺の先輩方は1年か2年で合格し、すぐに仕事に活かしている方が多いです。今年は受験に力を入れ、「一発で合格しよう」という気持ちが伝われば、がんばっているんだなと先輩方も協力体制を取ってくれますし、学院の講師陣にも伝わると思います。集中力を持って合格をめざしてください。

講師

一人ひとりに合わせた学習方法を教えてくれ、疑問点にもその場で解答してくれるため、内容をとてもよく理解することができました。

法令集

他の資格学校の法令集は小さく見づらく使いにくかったのですが、学院の法令集は大きく見やすく、インデックスもわかりやすくとても使い勝手が良かったです。

合格サイクル+継続学習

密度の濃い学習を一定のリズムでこなせるよう組まれた学習サイクルで、私の学習リズムを自然とつくってくれました。

学科テキスト

他の資格学校のテキストは、それなりの知識を持っている人が見ればわかりやすいのかもしれないですが不親切、学院のテキストは、写真などもあり、まだ知識の少ない人が見てもとてもわかりやすかったと思います。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター