山本 将人さんの
1級建築士合格体験記

体験記一覧

合格を待ってくれている人たちを想えば、
どんなにつらくてもがんばれる

平成30年度 1級建築士合格

山本 将人 さん(27)

学 歴
大学院
勤務先
設計事務所
意匠設計
教 室

受講講座

受験経験 学科2回 / 設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

誰かを笑顔にできるものづくり

幼いころからプラモデルをつくったり、絵を描いたりすることが好きで、将来はものづくりの仕事に就きたいと思っていました。地元の工業高校に建築科があることを知り、次第に建物に対する興味が湧いてきました。興味の幅を広げるために建築学科のある大学へ進学しました。所属した研究室で実施プロジェクトに携わる機会があり、設計・監理に関わった建物が竣工し、そこを利用する人たちの笑顔に感動し、設計の道に進むことを決めました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

一人の人間として認めてもらいたい

人に認めてもらう設計者となるために必要な資格だと感じ、受験を決意しました。また、建築家に憧れがあり、活躍されている方々はやはり1級建築士を持っていました。資格を取得することで、そこに一歩でも近づきたいと思っていました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

身近な有資格者が通っていた場所

働きながら取得しなければならないうえに、学習スケジュールを立てることが苦手だったため、資格学校に通おうと思っていました。上司や先輩など身近な有資格者が通っていた学校でもあったため、総合資格学院に決めました。

受験期間中の印象に残るエピソード

できない自分をさらけ出せた

1年目で不合格だった私は、失敗を隠して内向的な姿勢だったことを自覚しました。「そんな自分を捨てない限り合格できない」と感じ、講義の初日に「たくさん失敗して、できない自分をさらけ出します!」と宣言しました。口にすることで楽になったし、失敗を恐れず積極的に学習に取り組むことができました。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

会社に学習状況を伝える

上司には日頃の会話のなかで試験日程や学習状況などを伝えていたため、設計製図の課題発表後は、業務的な負担が少なくなるよう配慮してもらえました。基本的に学院の自習室を利用していたのですが、利用時間を意識することで集中して学習することができました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

積極的な設計姿勢

これまで受け身だった構造や設備について、積極的にコミュニケーションを取りながら意匠設計が進められるようになりました。これは、設計製図対策において建築計画がけでなく構造計画や設備計画について、課題ごとにプレゼンテーションしていった結果だと思います。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、平成30年度の講座強化についての感想

読み取りとチェックの重要性

試験時間は6時間30分ありますが、講座ではチェックを含め6時間15分のタイムスケジュールを掲げてスタートしました。私はエスキスが伸びてしまうタイプだったのですが、完璧なプランに固執しないことで目標時間を達成することができました。課題文の読み合わせやチェック時間の重要性を何度も指導されたことで、不合格にならないためのポイントを押さえることができたと思います。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

別パターンをエスキス

すぐに解答例を参照せずにグループミーティングで議論した内容を踏まえて、別パターンのラフなエスキスを行いました。解答例を見てしまうと考え方が固定されてしまうと思ったからです。これを実施することで柔軟な思考でエスキスを進められるようになりました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

図面の余白で線の練習

作図時間の短縮は課題発表前にクリアできましたが、添削図面では表現方法をよく指摘されていました。作図後の図面を観察し、その余白を線の濃淡や点線の練習で埋め尽くして提出していました。添削には練習した箇所についてもコメントがあり、ステップアップしている実感がありました。

設計製図合格のポイント

これで大丈夫!気にしない!

明文化されている要求に対して、どのようなカタチであれ答えたことが合格につながったと思っています。普段であればエスキスを終えたら作図では一切迷わないのですが、本番の緊張感から作図中にプランの方向性に自信が持てなくなってしまいました。無謀な考えに至りそうでしたが、講師やチューターの言葉を思い返し、チェックを優先し、要求に対して不十分と感じた箇所には補足を描き加えることで配慮している意思を示すという思考に切り替えました。要点記述についても言い回しを工夫するなど、まずは自分の中で整合性が取れるよう最大限努力しました。講師がよく口にしていた「納得できない部分はあるけれど、要求は満たせている。これで大丈夫!気にしない!」という言葉が自分に染みついていたのだと思います。

今後の目標や抱負

1級建築士試験に合格したということは、その基準に示される通り、それに相応しい「知識及び技能」を有するものとして認められたということです。今は、大きな喜びとともに実務レベルとの差にプレッシャーを感じますが、これから多くの経験を積み信頼される建築士をめざしていきます。

資格取得をめざす方へアドバイス

学科を合格しても一息つく間もなく設計製図講座が始まります。もし、何をしてよいかわからなければ、1枚でも多く作図することをオススメします。振り返ると、受験初年度の私は、手を動かしていませんでした。最終的な成果品は、手描きの図面です。本試験課題は受験生を容赦なく裏切ってきますが、作図表現やスピードは裏切りません。コンピューターではなく、人が評価する以上、第一印象は少なからず結果に影響すると思います。「これだけ描いてきたから大丈夫!」と自信が持てるくらい描いてください!

講師

毎課題後、講師のエスキスをコピーさせてもらい検討すべきことや手順を参考にしていました。一度ライブで講師のエスキスを見せていただく機会があり、その後の進め方に大きく影響しました。

自習室

仕事を終えて自習室に行くと、すでに黙々と学習している方々がいたので競争心が高まりました。

グループミーティング

各々が自分の提案について口頭で説明しますが、やはり図面に表現していなければそれは伝わりません。では、どのように表現すればよかったのか、その時間をどうやって確保するか延々と議論できる場がとても有意義でした。

1級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター