會澤 隆太さんの
2級建築士合格体験記

体験記一覧

試験勉強は独りの闘いじゃない

平成30年度 2級建築士合格

會澤 隆太 さん(23)

学 歴
大学
勤務先
ハウスメーカー
意匠設計
本試験得点

94点
(計画:22点、法規:24点、構造:24点、施工:24点)

受講講座

受験経験 学科1回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

お世話になった人々の住まいを創りたい

小さい頃から、自宅や祖父母の家の間取りや使い勝手の悪い部分に疑問を感じており、いつか自分の手で住みやすい家を建てようと思っていました。両親、祖父母、そして私がこれまでお世話になった全ての人へ、恩返しとして最高の住まいを贈りたいという夢を叶える為、設計者としての実力をつけたいと考え、自由設計で上昇志向のあるハウスメーカーを選びました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

設計者として信頼できる人となるため

人生において最大の財産となるであろう家を建てるということは、より信頼できる人にしか頼めないことだと思います。しっかりとした知識を身につけ、法で認められる水準の人であることを証明するためにも、資格を取ることを決めました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

資格試験の勉強はモチベーションの維持が大切

講習費は決して安くはありませんが、数字に明確に表れている合格実績と、講師が教壇に立ち、直接教えていただけるライブ形式の講義。そして、何よりお金と時間をかけることで「今年で必ず資格を取る」という強い意志を持つことができると思い、総合資格学院を選びました。

受験期間中の印象に残るエピソード

自分の中でライバルを作り目標設定

私は自分の中で、同じ教室で一番成績の良い人に「この科目だけは勝とう」という目標を常に持ちながら勉強していました。模試で1点差で負けてしまった時は本当に悔しかったですが、それがバネになり「次は勝つ」というモチベーションにも繋げました。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

小さくても具体的な目標を立て続ける

私の勤める会社では、資格取得のための勉強時間を比較的多く与えてもらいましたが、それ故に少々余裕を感じてしまうこともありました。そこで、週一回の講義で得た知識の中でも、曖昧であったりうまく覚えきれなかった項目の中から1日1つだけをしっかり調べて身につけるという勉強方法をとっていました。そうすることで、知識の曖昧さを無くし、自分が点数の取れることろを明確に意識できるようになりました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

設計者にとって、法令集は必需品

大学の頃には読んでみたこともなかった法令集は、今では開かない日はないほど使っています。法規の授業で身につけた法令集の引き方や見るべきポイントなどは非常に役に立っています。

学院で学習した内容が、学校生活または就職活動などで役立ったエピソード

就職に対する意識が変わった

大学では実務的なことをあまり教わらなかったので、漠然とした不安を持ちながらも仕事に就いてから教わればいいという甘えがありました。2級建築士の勉強を始めてからは、実務に直結する知識を次々に身につけられ、仕事に対する具体的なビジョンが見えるようになりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

法規

苦手科目(分野)

施工

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

法令集を沢山開いて関連知識を身につける

構造や施工などは実際に見たことの無い現場が想像できず苦労しましたが、法規的に決まっているものであることも多く、法規と絡めて覚えることで知識を身につけることができた上、法令集をスムーズに引ける様にもなりました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

講師や教務の方に何でも言ってみる

講義中や講義後に講師に質問したり、教務の方に教材のコピー等いろんなことをお願いしましたが、全てしっかり応えてくださいました。受講生と講師や学院スタッフとの距離の近さが良い効率を生んでいると感じます。

学科合格のポイント

一人で背追い込まないこと

本番が近づくにつれ、周りとの差やテストの点数に、どうしても不安になるものです。ぜひ講師や同じ教室の方、教務スタッフなどとお話しして、自分にしっかり自信と余裕を持って挑むことが一番の秘訣であると思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

解答例のトレースは良いトレーニング

初めの方に講師から、解答例のトレースを課題として渡されますが、やっていくうちに「どうしてこういう配置なんだろう」「ここはこれで良いのだろうか」など疑問が沢山出てきます。それに対して質問したり調べたりして解決していくことで、自身のエスキス力が自然と向上したと感じています。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

手順はしっかりなぞる

初めの頃、手を抜けそうな手順は飛ばして作図しており、結果描ききれなかったり線が雑になってしまうことが多くありました。講師に指摘を受け、手順通りに進める練習を積むことで、精度の高い図面を描けるようになりました。

設計製図合格のポイント

講師の言葉を信じること

製図試験は、守らなければならないことは多くありますが、学科試験とは違い明確な正解はありません。しかし、毎回の図面の評価を真摯に受け止め、対策していけば必ず合格できるものです。わからないことやうまくいかないことがあれば積極的に講師に相談すると良いと思います。

今後の目標や抱負

まずは一級建築士の一発合格を一つの大きな目標として、実務にも試験にも通用する知識を蓄えるため、日々気を引き締めて仕事に取り組みたいと思っています。また、AIやICT技術が今後ますます発展するであろうこの業界で長く活躍するためにも、宅建士など建築士以外の資格も合わせて取りたいと考えています。

資格取得をめざす方へアドバイス

私はとにかく、試験勉強は一人で闘うものではないという意識を皆さんに持って貰いたいと思っています。講師や教務スタッフ、同じ教室の受講生や他校へ通う友達、そして親も、全員が味方であると信じて臨んでみてください。

ライセンスアドバイザー

私の担当をしていただいた方は、相性が良く、明るく気さくな方で、度々の連絡や教室での会話はモチベーションの維持に繋がりました。

講師

週一回の講義とはいえ、細かいところまでしっかり答えてくださる先生方で、ちょっとした疑問でもすぐに解消したい私は、とてもお世話になりました。

設計製図テキスト

製図は最初、自信がなくなるほどうまくいかなかったのですが、まずは手順をしっかり身につけようとテキストを読み込み、それ通りに進めることを徹底した結果、目に見えて上達していくことを実感できました。

法令集

開きやすい大きさ、ポイントを押さえたアンダーライン、見やすいインデックスといった、総合資格学院の知識の粋が詰まった一冊です。

2級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター