原田 翔太さんの
2級建築士合格体験記

体験記一覧

講師は自分でできないことをできるようにしてくれる存在

平成30年度 2級建築士合格

原田 翔太 さん(21)

学 歴
専門学校
勤務先
工務店
大工
本試験得点

73点
(計画:17点、法規:16点、構造:20点、施工:20点)

教 室

受講講座

受験経験 学科1回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

大工さんを見て

自分が幼稚園に通っていたころ、新しい自宅を建てることになり、母とともによく見学にいっていました。大工である父や他の職人さんが新しい自宅を建てている姿を見て憧れたこと、木の匂いが自分にとって印象的だったことを覚えています。その経験と記憶が「建築」への道に自然とつながっていました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

工務店を建てるため

父と共に工務店を営むために、元請でも下請けでも仕事を受注できるようにするために、建築士資格は必要不可欠でしたので今回受験をすることに決めました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

無駄なく学びたかった

専門学校の先生に「建築士は取らないのか」と問いかけられ、資格学校のホームページで講習のことや合格実績を調べたりしていました。いくつか選択肢があるなかで総合資格学院に決めた理由は、知り合いの先輩が2級建築士を取るときに学院で合格していたことです。その先輩にも相談して学院で学習を始めることにしました。

受験期間中の印象に残るエピソード

根本から教えてくれた講師

自分がわからない問題を講師に質問すると根本から理解させてくれました。根本がわかっていれば少しぐらいの応用問題でも解けますが、根本の理解が中途半端な状態では難しいです。講師は、自分でできないことをできるようにしてくれる存在でした。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

仕事以外はほとんど勉強

仕事以外のプライベートの時間をすべて勉強にあてるという意識で取り組んでいました。例えばついスマホを手にしそうな仕事の休憩時間や車での待ち時間などもテキストを読んだり、問題集を使って問題を解くようにしていました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

現場知識の見直し

学習した内容が仕事に活かせたという順序ではありませんが、実際に働いているなかで何となく知っていったことを、ちゃんとした知識として学び直せたというイメージです。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

施工

苦手科目(分野)

計画

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

苦手は数で勝負

施工は仕事で使う知識が多かったので得意なほうでした。また構造は理屈が理解できれば推し進めることができたのですが、計画は本当に最後まで克服できたと思えないくらい苦手でした。問題集をひたすら解いて多くの問題に触れるようにしていました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

講師がいてくれること

文章を読むのが苦手だったということもあり、解説を読んでも理解できないことも多くありました。そんなときに講師に質問すると、モノを使って説明してくれたりして自分の理解が進むように教えてくれました。これがライブ講義の良さだと感じました。

学科合格のポイント

問題集をしっかりやる!

少しバラつきもあるのですが、問題集は平均で一日2時間ぐらい取り掛かるようにしていました。最終的には問題集は3周以上していたと思います。何度も解くことで自分の苦手な問題やつまずきやすいところもわかりました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

何度も図面を描くこと

初道路が東や南側の方角の場合はすんなりプランニングに入れたりするのですが、北側になると途端に自分のなかで難易度が跳ね上がり中々良い計画ができずにいました。そういった苦手なケースも、講師の指導をしっかり聞くことと、繰り返し図面を描き学院のパターンを体に覚えさせることで克服しようとしました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

できるのか……

最初はスピードが速すぎて2カ月でできるわけがないと思いました。ターニングポイントは1回目の模擬試験で図面を描ききれなかったこと。周りの受講生も見ながら、そのときに危機感を覚えました。そこから必死で講義についていきましたが、後から思い返すと最初の講義で求められた作図スピードでないと合格は無理だったと感じています。

設計製図合格のポイント

毎日どんな図面でもいいから描く

試験までに多くの図面に触れるようにしていました。エスキスをする時間がない場合は、学院からもらったエスキス例を元に作図の練習をするなど、必ず毎日取り掛かっていました。作図スピードがあがり、本試験では1時間前に描き終えることができましたし、その時間を使ってしっかりチェックができたことも良かったと思います。

今後の目標や抱負

もっと多くの人に信頼してもらえるように、もっと自分に胸をはれるように1級建築士合格をめざします。

資格取得をめざす方へアドバイス

「これで合格できる」と思えるまで、突き詰めて勉強すること。

学科テキスト

各単元の要点説明と例題がちょうどよい分量で割り振りされていて、頭に入りやすかったという印象です。

学科模擬試験

周りとの比較もでき、今の自分の力量がある程度知れるという点が良かったと思います。これが本番だったら不合格だったという危機感も感じました。

ライブ講義

講師がわからないところやつまづいているところを理解させてくれるところが良かったです。

2級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター