可須水 優香さんの
2級建築士合格体験記

体験記一覧

分からないところは、恥ずかしがらずに聞き、言われたことをこなし、最後まで自信を持ってやりきること

平成30年度 2級建築士合格

可須水 優香 さん(28)

学 歴
大学
勤務先
工務店
設計アシスタント
本試験得点

70点
(計画:16点、法規:14点、構造:19点、施工:21点)

受講講座

受験経験 学科4回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

人の暮らしの雰囲気や生活感に興味があったため

小学生の頃の国語の宿題か何かで、地方の方言や昔の人の暮らしをまとめて発表して褒められたのがうれしかったことから、人の暮らしの雰囲気や生活感に興味を持つようになりました。高校に通っている際に、定礎に設計事務所の名前が書いてあったことから、建築に興味を持つようになりました。大学卒業後、すぐに建築業界とは違う分野に就職しましたが、学業が生かせる分野で働きたいと感じ、今の会社に転職いたしました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

仕事の分野から見えていく景色が広がると思ったため

家や施設を建てることは、たくさんの人の力を借りて一つひとつ形になり、世の中に出て、人の繋がりがわかりやすい形で表れる仕事だと思います。その繋がりに建築士として関わることができたらと思い、資格取得をめざしました。また、将来、共働きなどになったときに資格があればパートでもなんでも再就職しやすくなるだろうと思ったことも、理由の一つです。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

総合資格学院のきっかけは大学の同級生

総合資格学院に決めた理由は、大学の同級生が総合資格学院に通っていたので、みんなが通っているなら安心だろうと思ったからです。心理的に苦しいことが重なり、勉強に手が付けられなくなり、途中で諦めてしまいました。しかしながら、しばらく好きなことをしているうちに、勉強するやる気が出てきたのと、通うことで自分がどのレベルにいるか把握できることなど、独学にはない良さに気付き、再開しました。また、講師やスタッフの方々がとても優しく熱心なので、再開することができました。

受験期間中の印象に残るエピソード

講師やスタッフが自分のことを覚えていることがとてもうれしかった

途中で通うのをやめてしまったため、「覚えているよ」と声をかけてくださったのがとてもうれしかったです。その一言が絶対に最後までやり切って合格すると決意するきっかけになりました。社会人になってから、友人に会う機会も減り、生活も変わり、職場では年上の人が多い環境のなかで、年下の人たちや同じくらいの年齢の人たちが総合資格学院でがんばっている姿を見ると自分の励みにもなりました。何よりも、講師やスタッフの方々が話しかけて下さったのがとてもうれしく、通っていてすごく楽しかったです。課題や成績の伸びが芳しくない状態でしたが、みなさんが丁寧に教えてくださるので、そこがまた大変うれしかったです。楽しかったという印象しかないです。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

メンタルの強さが必要

通勤時間や会社のお昼休みを活用していました。トレイントレーニングにカバーを付けるなど工夫しなが外出時にも勉強しました。また、早朝から勉強すると集中力が増すので、なるべく早朝に勉強時間をとるように朝食の時間を調整するなどの工夫をしました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

まだ多くはありません

具体的なエピソードはありませんが、先輩や上司、現場の方々と話をする際に、今までわからないことがわかるようになったり、自分の意見を持てるようになっていると感じています。これからたくさん活かせるようにしたいです。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

施工

苦手科目(分野)

構造

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

共通点を見つけ勉強することで克服できました

構造のトラスの部分が苦手で、何度も答えを見ながら繰り返すうちに解けるようになりました。それから、模試で木工事が苦手と出たので、それを重点的に繰り返すうちに、施工も点数が上がるようになりました。共通点を探すと勉強しやすいです。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

貴重な講義の時間

短期講座だったため、すべての講義が貴重な時間でした。そして、途中で行かなくなってから数年が経過しているにも関わらず、覚えてくださった講師の方がいて、「わからないところは何でも聞いてね」という言葉や、「また会おうね」と言ってくださったことが励みになり、最後までやり切ろうと思えました。

学科合格のポイント

模試の結果を見て対策を立てる

模試の結果で苦手分野を炙り出し、その項目を重点的に解き、苦手分野をなくすようにしました。問題集を問題部分と解説部分をカッターで切り離し、分からないところはすぐに答えを見るようにしました。最初はわからないところだらけで辛いですが、やれば何とかなると信じていたので、機械的な気持ちで、できなかったときや、やらなかったときでも自分を責めないようにしました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

会社の空き時間に克服

私は全くエスキスができませんでした。特別対策講座に申し込んで教えてもらわなかったら、講義にもついて行けなかったと思います。敷地の形で箱の形が決まること、パズルのように部屋を埋めていくことなど教えてもらわなかったら何もできませんでした。課題を提出し、添削してもらうことで引き出しを増やし、普段から問題用紙を持ち歩き、ノートに模範解答を模写し、空き時間が少しでもあったら何パターンか考え、繰り返し解きました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

模写のすすめ

平面図が描けなかったため、講師から模写するとよいとアドバイスをいただき、模範解答を模写することに専念しました。模写していくうちに平面図の描き方を覚えることができました。それから、立面図の外観を何パターンも考えることができなかったため、ひとつのパターンに統一して描くようにしました。

設計製図合格のポイント

講師・教務スタッフからの応援

大学を卒業してから、期間が空いており、線も引けないところからスタートでしたが、講師のみなさまの指導と応援により、気持ちを良い方向へ保ち続けることができました。あと、同じ講義を受けている人たちが良くできる人たちの集まりだったのもあり、がんばることができました。周りの人に恵まれていたことが合格のポイントだったと思います。

今後の目標や抱負

建築士の免許を取ってからがスタートと聞いていたので、仕事のスキルを上げ貢献していきたいです。名刺にも建築士と記されるので、それに恥じないようにしなければなりません。これからも何かしらの勉強を続けて、何事もバランス良く楽しく過ごせるように計画していきたいです。

資格取得をめざす方へアドバイス

私は、苦しいときにあれもこれもと詰め込みすぎて潰れてしまう苦い経験をしたことがありました。資格取得は早めのほうがいいですが、自分を追い込みすぎないように力を抜いて、やるべきことをこなし、緩く計画を立て、リラックスして勉強に臨んだほうがいいと思います。それから、勉強するときに、自分は必ず受かるので、そのためにやるべきことをこなしているのだと思い込みながら勉強していました。自分は絶対に大丈夫だと根拠のない自信をもって、周りと比べずにマイペースで自分の成長を見守り、やり切ることが大切だと思います。

講師

わからないところは、夜遅くまで教えてくださいました。気にかけてくださり、丁寧に教えていただいたことがうれしかったため、最後までがんばることができました。また実務の話なども参考になりました。

教務スタッフ

合格ダイアリーにコメントを書いてくれるところがうれしかったです。励ましてもらい、いろんな話をすることが楽しかったです。ダメなときには背中を押してくださったり、メンタル面のサポートをしていただき感謝しています。

学科テキスト

問題集の解説を見てもわからなかったところが詳しく書いてあり、線を引くだけでも理解力が向上しました。受験期間の後半に見ていましたが、前半にも力を入れたほうが良かったと後悔しています。特に、法規は法令集に線を引くのと同時に見たほうがいいと思いました。

トレイントレーニング

市販の教材など、重くて持ち運ぶのが大変だったのですが、トレイントレーニングはどこでも持ち運びができ、一問一答形式なので勉強しやすかったです。模試の苦手分野も、その項目を何度も繰り返しすることで理解力が上がりました。

2級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター