川島 みなみさんの
2級建築士合格体験記

体験記一覧

やれるだけやってみる、後悔はしないように

平成30年度 2級建築士合格

川島 みなみ さん(22)

学 歴
大学
勤務先
設計事務所
意匠設計
本試験得点

71点
(計画:20点、法規:20点、構造:14点、施工:17点)

教 室

受講講座

受験経験 学科1回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

両親の勧め

元々何かをつくり上げたり、絵を描くことが好きでした。父が建設業をしていることもあり、私にあっているのではないかと両親が勧めてくれました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

色んな仕事をさせてもらえるように

「2級建築士ぐらいもってなきゃ、仕事にならないでしょ」と思っていました。実際そこまでのことはないかもしれません。でも、資格を持っているに越したことはないなとも思います。建築士になるのなら、色んな仕事をしてみたいなと考えていたので受験しようと思いました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

勉強するように自分を追い込む

やらなければならないとわかっていても、なかなか手をつけないのが私の悪いところで、独学では勉強しないのが目に見えていました。学院に行くようにすれば、勉強せざるを得ない環境をつくれますし、他の人たちの進捗状況も知れるのでいい刺激にもなりました。

受験期間中の印象に残るエピソード

卒業設計をしながら勉強

大学卒業にあたり、卒業設計に取り組んでいたので、その合間に勉強していました。時間がないなかでの勉強はとても大変でした。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

会社で勉強

自分の業務が終わった後、会社で勉強してから帰るようにしていました。会社で勉強すると、仕事をしているような気分で勉強に取り組むことができましたし、自宅よりも集中できたのでありがたかったと思います。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

問題に実務で出会う感覚

学んだことがどんどん話に出てきます。実際に法令集を使うこともありますし、教えてもらうにしても、学んだことが基礎となって、理解しやすいこともあります。住宅の設計図では、筋交いの位置を決めることもありますし、法規で学んだことがそのまま実務に活きていると感じます。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

法規

苦手科目(分野)

施工

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

とにかく解く

法規が得意になったのは、最終的にでした。最初はむしろ苦手な科目でしたが、たくさんの問題に取り組んでいくうちに、答えを見つけるスピードも上がりましたし、どのような問題がよく出るのかも少しわかるようになりました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

スタッフが見放さなかった

私は元々建築が好きで、どうしてもやりたい、と思って建築の道に進んだわけではなく、本当に取り組みたい挑戦したいことが別にあるので最後の1カ月くらいがめちゃくちゃ辛かったです。なんでこんなにしんどいことをしなくちゃならないのかと、泣いたり、怒ったりしながら勉強しているときもありました。ラスト1カ月だというのに、宿題をしなくなったりもしました。でも学院のスタッフは私を見放さずに、ずっと応援してくださっていました。勉強のアドバイスなど、ずっと背中を押してくださってありがたかったです。

学科合格のポイント

自分はできると言い聞かせて

自分自身ががんばらないと、誰も代わりにはやってくれません。それにふと、このままじゃ後悔するんじゃないかと思い、勉強も本番も自分はできると言い聞かせて取り組みました。私自身の他に取り組みたいことも、結局2級建築士を1回で合格できるくらいがんばれる人じゃないと成功しないとも考えていたので、がんばれたのかもしれません。自己暗示が意外と効きました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

難しく考えすぎない

「最初から全部指示通りに」「解答例のようにきれいにおさめないと」と思っていても、なかなかうまくはいかないものです。最初はとりあえずすべての部屋が入っていればいいや、くらいの軽い気持ちで始めてみると、意外とすんなりおさまったりすることもあります。元々大学で学んでいたことが意匠設計だったので、正直あまり苦労はしませんでした。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

誰かのミスは自分のミスだと思って

作図をした後にはグループミーティングがあったので、そこで一緒に講義を受けている人たちが、どのような図面を描いているのかを知ることができました。さらに、それぞれがミスしたところについて全員で話合う機会でもあるので、次は自分もそのミスした部分に気をつけるようにできたと思います。

設計製図合格のポイント

流れに乗るように描く

「始まったら最後まで、筆を止めない」と言うと、言い過ぎなのかもしれませんが、それくらいのつもりで乗った流れを止めないように、集中を切らさないように描いていました。人にもよるとは思うのですが、私の場合は一度手を止めると「これでいいのだろうか」と迷い始めてしまうので、一気に描き上げるようにしていました。

今後の目標や抱負

実務でたくさん経験を積むことと、1級建築士の資格を取得することです。実は私自身のやりたいことは建築とは違う分野にあります。ただ、一度やると決めたらがんばれる自分でありたいとも思うので、今は建築の分野でやるだけやってみようと思います。

資格取得をめざす方へアドバイス

2級建築士を受験して自分が思っているよりも自分はがんばれるようにできているんだと感じたり、それなりに努力するとそれなりの結果が返ってくるものなんだなと思いました。資格は一生モノですから、とりあえず1年、後悔のないようにやれるだけやってみてはいかがでしょうか。

学科模擬試験

模擬試験を受けて初めて、自分がどれくらいできるのかを知り、これでは受からないと危機感を覚えました。わかりやすく自分を焦らせてくれたのでありがたかったと思います。

製図模擬試験

時間を計って模擬試験に取り組めたので自分がどれくらい描けるのか知る機会になってよかったと思います。一緒に受けている人がどれくらい描けるかも知れたので良い刺激をもらっていました。

2級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター