熊木 宏子さんの
2級建築士合格体験記

体験記一覧

あきらめないでやりきることが大切!

平成30年度 2級建築士合格

熊木 宏子 さん(33)

学 歴
大学
勤務先
設計事務所
意匠設計
本試験得点

81点
(計画:19点、法規:19点、構造:21点、施工:22点)

教 室

受講講座

受験経験 学科2回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

日常にない空間づくりができる

ものづくりが好きで大学では造形を中心に学んできました。就職を考えたとき、造形やグラフィックも含めてつくり上げる店舗の内装設計に興味を持ち、今の進路を選びました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

知識を深めて、キャリアアップをめざしたい

就職して実際に仕事をするうえで、内装設計でも建物の骨組みの関係など、建築部分をふまえて仕事を進めなくてはいけないことも多いです。そのため、建築に対して知識がないことが自分の弱みになっていました。転職して時間に余裕ができたことをきっかけに一念発起。受験して資格を取得することを決めました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

サボれない環境と講師に質問できること

これまで独学で勉強をした時期もありましたが、気力が続かずにすぐに放棄することを繰り返していました。今回受験するなら、自分が絶対サボらない環境のなかで勉強したい、と思って通学を選んだのです。ライブ講義はもちろんですが、講師に直接質問できるのがいいかなとも思いました。実際、講義の内容についていけないときは、休み時間などに講師に質問をして理解を深めることができたので、あきらめないで続けることができました。

受験期間中の印象に残るエピソード

電車のなかでも

通勤電車のなかでも学習していました。「トレイントレーニング」だけではなく、前日の要点まとめやテストのやり直しなど、ポケットに何本も蛍光ペンを指して、満員電車でプリントを睨んでいる社会人って……今思えば結構変な人だったかもしれないな、と思います。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

「とりあえず」でもスケジュールをつくる!

講義終了後、その日のうちに1週間のスケジュールを合格ダイアリーに書き込んで組み立てていました。こんなに時間がとれるのかな……と、いつも不安になりましたが、これだけでもやらないと次の講義について行けない!という思いも芽生えました。仕事をしながらでも、学習時間が取れなかった分をどこで補えるかと考えながら、1週間を過ごすことができて良かったと思います。平日の勉強時間はだいたい3時間は確保しようとしました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

建築の分野にも積極的に関われる!

今までは内装設計をするとき、建築部分が関わる部分はなるベく避けて計画したり、知人の建築士に相談してからではないと進められなかったり、遠回りして仕事を進めることが多かったです。しかし、試験勉強を通して建築に対する知識が増えたことで、避けていた部分でも積極的に考え、取り組んでいけるようになりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

施工

苦手科目(分野)

構造

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

講師やチューターに何度も質問

学生時代から理数系がめちゃくちゃ不得意で、構造が一番とっかかりにくい科目でした。はじめのころは講義されている内容すらもわからないほどでした。そのため、講義中にわからない箇所をチェックして、講師やチューターに何度も聞いて教えてもらいました。同じ内容でも何度も丁寧に教えていただき、少しずつ克服でき、点数も伸びたのでうれしかったです。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

ほかの受講生と話すグループミーティング

講義内のグループミーティングでほかの受講生と話せたのが良かったです。自分では思いつかなかったような覚え方や、考え方が聞けてとても参考になりました。自分で予習復習したことよりも、グループミーティングでほかの受講生から聞いた、その1回で頭に残ることも多かったと思います。

学科合格のポイント

最後には、学院を信じてやりきったこと

最初は学院の迫力に「そんなにやるの? そこまでやるの?」と半信半疑でしたが、学習を進めるうちに「やっぱりもう少しやろう、まだがんばれるかも」と取り組むようになりました。気がつくと、学院の迫力に乗るようなかたちでがんばりきれたと思います。講義や試験対策などももちろんですが、最後まで全力で励ましてもらえたことが合格につながったと思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

仕事とは別!と割り切る!

仕事でもエスキスやプランニングをした経験があったので、できるだろうと思っていました。でも、試験のプランニングと仕事のプランニングは別物でした!課題の特色や条件の読み取り、整理など、試験対策のプランニングにはなかなか慣れることができませんでした。ほかの受講生とエスキスなどを見せ合うことで、考える方向性を修正したり、エスキスのパターンを増やすことができ、とてもよかったです。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

線を描くこと&時間短縮に苦労

仕事ではCADを使っているので、手描きの製図線を描いたことがなく、まずは線をまっすぐ均等に描くだけでも苦労しましたが、はじめの2週間くらいは毎日15分線をひくトレーニングをしてから課題に取り組むようにしました。また、見た目にこだわり時間がかかりすぎていたのですが、講師やほかの受講生から助言をもらえたことで、取り組み方が変わりました。作図はまずは描き上げないと、合格ラインにのりません。後半からは描き上げることに集中できたと思います。

設計製図合格のポイント

失敗をたくさん知る

実は製図の本試験で、1時間くらい経ったときにエスキスにミスがあると気づきました。そして、一気にパニックに!でも、学院の講義や模擬試験でもミスや失敗があり、その度講師から改善、対策の方法を教えてもらったり、ほかの受講生の失敗や改善法をチーム内で共有していました。本試験のときも、それらの対策を思い出して、なんとか修正して作図までできました。たくさんの失敗を学院で経験したからこそ、本試験でもすぐに落ち着いて対策できたと思います。

今後の目標や抱負

キャリアアップのために資格取得をめざしましたが、資格が取れたことでまたさらに広い分野に挑戦できるのではないかなと思っています。たとえば、今はビルの中のスペースでの内装意匠設計をしていますが、町屋の改装などの設計もできるかもしれません。可能性は広がりますね。資格があるから経験できることもあると思うし、その先に1級建築士もあるのかなと思います。建物の基礎から、自分でイチから考えられるようになるのも楽しみですね。

資格取得をめざす方へアドバイス

受験を決めたときに周りの人たちから「いまさら勉強し直すなんて……」と言われることも多かったです。また、決意するまでは自分でもそう思っていました。でも、やっぱりはじめてみないとはじまらないし、はじめるなら絶対取れるような環境に飛び込んでみるのが良いと思います!大変なことも多いけど、資格取得をめざしてがんばってほしいです!

学科模擬試験

新傾向の問題も学院での模擬試験に近い問題も、本番の試験で出題されたことに驚きました。特に後半の模擬試験はぜひ受講してほしいです!

教務スタッフ

目標とするポイントだったり、受験申込みの期限だったり、忘れがちな話をしてもらえて助かりました。なかでも、学科試験のときのガイダンスで配られたプリントに「結局、合格される方は最後までやりきった方です」と書いてあったのが一番印象的。製図試験が終わるまで部屋に貼っていました。

講師

小さな質問でも熱心に教えていただけたので、ちょっとのつまずきも大きな疑問も解消できました!私は基礎的な知識も浅かったので、本当に助かりました。模擬試験などでも一緒に一喜一憂してもらい、次もまたがんばろうと思えました。

弱点克服シート

理解したつもりでも点数が取れてなかった項目、前回取れたのに今回取れてなかった項目がわかりやすく、その後の対策がとても立てやすくなりました。

2級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター