末武 大輝さんの
2級建築士合格体験記

体験記一覧

努力は絶対、絶対裏切らない

平成30年度 2級建築士合格

末武 大輝 さん(23)

学 歴
大学
勤務先
ハウスメーカー
施工管理
本試験得点

74点
(計画:18点、法規:18点、構造:20点、施工:18点)

教 室

受講講座

受験経験 学科1回 / 設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ

初めから最後まで

物をつくるのが大好きで、それがだんだん建築というものに置き換わっていき、今でも建築を考えて模型をつくったりします。物ができあがるまでの一部分ではなく、模型づくりのように最初から最後まで関わっていきたい、固定概念にとらわれずいろんな人たちが話し合い関わり合う、そして一つの建築ができるのを間近で見て感じたいと思い、今の仕事に進みました。

建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ

運転免許証と同じ

この仕事をしている限り、どんなに優れた能力を持っていても、どんなに魅力的な才能を持っていても、資格がない人間ができることはほんの一握りです。仕事に対する責任や、使う人、依頼者の不安に胸を張って応えるには、資格を持つこと以外にないと思い決意をしました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

レースは1人より大勢で

負けず嫌いの性格なのは自分が一番わかっているので、自分の立ち位置や今の実力がすぐわかるよう、資格学校に通うことを決めました。学院に決めた理由は、いくつかの学校の説明会を聞きに行ったなかで、模試やテストの回数の多さと内容のレベルの高さが、自分の実力を試すのにぴったりだと感じたからです。また、テスト後のサポートの良さを先輩からも聞いていたので受講を決めました。

受験期間中の印象に残るエピソード

講師の合格祈願

講師の方々が、試験前に受講生の合格祈願に行ってくれました。本当に嬉しくて、絶対に結果で恩返ししようと思いました。試験当日、製図板に貼ってあった合格祈願のお守りと写真を見て、さらに気合が入ったのを覚えています。

勉強の時間の作り方について、苦労した点・工夫した点

何時からはじめても、学習時間は一緒

勉強する時間を何時から何時と決めるのではなく、“毎日何時間”とノルマを決めることで、仕事で忙しくて何時までかかるかわからない時期も、勉強するクセをなくさずに済みました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード

建築法規の重要性

実際に現場で働くと、採光計算や日影規制は日常的に使います。実際に、勉強をしてない同期がわからなかったことも自分は勉強をしていたので、すぐに理解ができ、次の仕事を任せてもらえるようにもなりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)

得意科目(分野)

法規

苦手科目(分野)

施工

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法

ほかの科目より計画的に

苦手な科目はつらくなると手が止まるので、計画的に楽しく学習できるように工夫しました。具体的には難しい問題と簡単な問題を混ぜて「自分はできている」という錯覚に落としていました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

合格ダイアリーを有効利用

学習ができなかった日にチェックを入れ、図にしていました。できなかった日が週に何回あったか各週ごとに出していたので、例えばある週に2回できない日があれば、その次の週に2回分を追加し、全体としてバランスをとっていました。学習ができたか、できなかったかを明確にすることで、学習の進捗状況を把握していました。

学科合格のポイント

自分を過信しない

自分の苦手は自覚していましたが、得意とは考えないようにしました。特に点数が突出して良いという科目がなかったので、得意科目を後回しにしようとか考えず、平均的に進めました。全科目が自分の弱点だと思い、一年間やりきりました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと

大きい引き出しに中身をたくさん

引き出しが多すぎると何が正解か本番でわからなくなってしまうので、引き出しは一つにし、中身を細分化しそれを整理しておけば頭が混乱せずスッキリすると考えました。「各階」「各パターン」とかにわけて、準備していたのですが、本番直前の模試では、うまく対応できなかったので、エスキスをやるときは小分けするのではなく、トータルで対応した方が強みになると判断しました。

作図で苦労した点や克服法、講義で役立ったこと

一本の線に命がけ

いつも色の濃さ、太さ、止め、ハネ、全部が大切で命がけだと思って描いていたのですが、最初は全然うまくいかず時間もかかっていました。最初は良かった私のライバルは終りの方でそれができず混乱していましたが、最初から意識して描いていた私は、後半には自分でも満足いく作図になり、確実に力がついてきたことが実感でき、楽しく作図ができるようになりました。一本の線から始まる作図も、意識の違いで差がでます。

設計製図合格のポイント

ライバル意識の大切さ

一番優秀なクラスメイトが描いた図面を写真に撮り、常に自分の図面と比較していました。まったくかなわなかったこのライバルと切磋琢磨するうちに、自分とほかのクラスメイトとの差が開いていくことに気がつきました。次は自分が一番になるぞと思ってやるのが成長の秘訣です。

今後の目標や抱負

1級建築士の受験資格が得られたらすぐにトライし、2年以内に合格します。そして、学んだ知識を活かし、お客さまはもちろんのこと、会社の上司、まわりの人たちの期待に応えられるよう全力でがんばります。

資格取得をめざす方へアドバイス

資格は仕事の免許証。胸を張って仕事をするには、がんばって努力して手にした資格が一番です。学習期間が長いのでどうしてもやる気の波があると思いますが、やれないときに解く一問、そして線一本が引けたかどうかを意識し、継続することの大切さを思いながらがんばってほしいです。

学生時代、お世話になった恩師へ一言

先生にいわれる「こんなものかい?」が悔しく見返したくてがんばれました(笑)。

講師

講師の熱心さと優しさが、毎週の燃料でした。わからないことや不安なことなどの相談にも乗ってもらえ、遅くまで対応してくれたこともありました。

法令集

「くしゃくしゃになるまで開け」と言われ、実際くしゃくしゃになるまで使いました。わかりやすく、覚えやすい教材でした。

教務スタッフ

毎週毎週、進捗具合やテストの結果などをまとめていただき、聞きたいことがあるときや不安なときなどにも、よく相談にのっていただきました。

合格サイクル+継続学習

テスト、復習、練習、予習、テスト……。この繰り返しでしか、点数は伸びません。わかっていてもできないことがほとんどなので、このサイクルのカリキュラムを徹底することで結果が出せました。

2級建築士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター