片桐 悌貴さんの
宅建士合格体験記

体験記一覧

あきらめずに何度でも挑戦することが大事

平成30年度 宅建士合格

片桐 悌貴 さん(29)

学 歴
大学院
勤務先
サービス業
ホールスタッフ
本試験得点
37点
教 室

受講講座

受験経験 4回

私の受験ストーリー

宅建士試験の受験を決断したきっかけ

挑戦

宅地建物取引士というものを知り、この資格があれば将来いろいろなことへ挑戦しやすくなると思ったため、受験を決断しました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由

独学の限界を思い知り

毎年難化してきているのは理解していましたが、独学で受験していました。独学の限界を2回目の受験の際に思い知らされ、「今までと同じ方法ではダメだ」と考えるようになりました。数ある資格の学校の中でも、講義の内容と質が他の学校とは明らかに違うことを知り、総合資格学院への通学を決めました。

勉強の時間の作り方について、苦労した・工夫した点

ノルマを決める

都度時間をつくるのではなく、1日のノルマを決め、それを絶対にこなすために合格ダイアリーや、次の日のノルマ分を机に用意しておき、こなすようにしていました。

宅建士攻略法

一番得意の科目(分野)と、得意にできた理由

得意科目(分野)

宅建業法

得意にできた理由

出る範囲が基本的に決まっているので、しっかりとひとつずつ潰していったのがよかったと思います。

一番苦手の科目(分野)と、その克服方法

苦手科目(分野)

法令上の制限

克服方法

覚えることが苦手でしたが、短いスパンで何回も問題を繰り返し解くことで理解を深めていきました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと

まわりを気にするのは意外と大事

まわりの点数を知ることで、自分が客観的にどの分野が人よりどれくらいできないのか、もしくはどれだけ基本的にできていないのかを把握でき、それがモチベーションアップにつながりました。

宅建士攻略のポイント

堅実な道が近道

ひとつずつミスを丁寧に修正していく。それこそが堅実な方法であり、一番の近道です。

今後の目標や抱負

挑戦する気持ちをこれからも忘れないようにしていきたいです。

資格取得を目指す方へアドバイス

合格をめざすなら、わき目も振らずに一直線でめざしてください。

ライブ講義

映像のような一辺倒な調子ではなく、重要なところをジョークなどを交えながらもより集中して学ぶことができました。

演習テスト

問題の傾向を学ぶことができました。また、何回もやり直すことでその分野の基本的な問題パターンの把握ができました。

テキスト

わからない部分で立ち止まっても、そういった部分に限って、わかりやすくテキストに記載されていました。受講生目線でつくられているよい教材だと思います。

模擬試験

学習を進めるなかで、今自分がどのくらいのレベルにいるのかが客観的に把握することができ、やる気につながりました。

宅建士をめざすなら…

まずは資料請求・受講相談から

講座案内・
資格情報

1級建築士

講座案内

資格情報

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士

建築施工管理技士

講座案内

資格情報

土木施工管理技士

講座案内

資格情報

管工事施工管理技士

講座案内

資格情報

構造設計1級建築士

講座案内

資格情報

設備設計1級建築士

講座案内

資格情報

インテリアコーディネーター

講座案内

資格情報

 

 

 

法定講習

監理技術者講習

(株)総合資格

宅建登録講習

(株)総合資格

宅建登録実務講習

(株)総合資格

建築士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター

管理建築士講習

(株)総合資格学院法定講習センター

第一種電気工事士定期講習

(株)総合資格学院法定講習センター