赤星 翔太さんの
1級建築士合格体験記

努力すれば必ず取得できる

令和元年度
1級建築士合格
赤星 翔太 さん(29)

学 歴
専門学校
勤務先
建設会社
施工管理
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科3回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
中学時代にテレビで観た宮大工

中学3年生のときにテレビで宮大工さんの特集を観て木造建築に興味を持ったのがきっかけです。それから現場作業員を経験しながら専門学校に進学して、現場管理(現場監督)という職業を知り、現在の仕事に進みました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
1級という名の資格を取りたい

現在の仕事は現場管理ですが、設計業務を行いたいと考え、2級建築士の資格を取得しました。そのときにせっかく資格を持つなら1級の方がいいと思い、続けて1級建築士の受験を決意しました。安易な考えではじめたので、学科試験対策の講義を受けたときには、2級とのレベルの差を目の当たりにして心が折れそうにもなりました。しかし応援してくれている人のため、また自分自身のプライドのため、歯を食いしばってがんばりました。また、教室内で知り合った講師や受講生の方々のサポートもいただけたのが励みになりました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
手厚いサポート体制

映像講義の学校とも比較しましたが、講師の方々によるライブ講義では質問にも答えてくれるので、続けられそうだと感じたためです。また、常に順位を意識して勉強に取り組めるのも良かったと思います。

ご自身と独学者を比べて、感じた一番大きな違い
勉強をする環境

毎週同じサイクルで、コンスタントに勉強を続けられる環境が整っていることや、自分が何をするべきなのかを的確にアドバイスしていただけること、常に周りとの競争意識を持ちながら勉強に取り組めることが大きな違いだと思います。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
教室内でできた仲間とのグループミーティング

学科試験は個人プレーでもできますが、製図試験はひとりではできない試験です。様々な業種のプロの方々による、色々な角度からの意見を聞きながらのグループミーティングでは、実務でも通用するような知識をたくさん得ることができて、大変勉強になりました。また短期から上がってきたほかの受講生にこちらが話して教えてあげるような機会もあり、そこから逆にヒントを得られることもありました。気さくに話せる環境が整った教室だからこそ得られた経験だと思います。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
勉強を仕事として1日のスケジュールを立てる

現場管理の仕事は就業時間が長く、学習時間の確保が難しかったです。しかし勉強も仕事のうちと割り切って、勉強をはじめると決めた時間までに終わらせるように仕事を調整していました。また勤務先にかけ合って、土曜の昼など業務量の少ないときには早上がりさせてもらうなど、職場にサポートしてもらうこともありました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
知識量が増えて、色々なことがイメージできるようになった

普段の仕事は木造がメインなのですが、マンションのリフォームや工場の修繕も行う機会があります。今まではその場の判断で対処していたような事も、ある程度想定して仕事ができるようになったため、業者の手配ミスや出戻り、手直しの頻度がかなり少なくなりました。

総合資格配信の「e建築用語集アプリ」「製図タイマーアプリ」利用した感想
「製図タイマーアプリ」

最初の時間設定が面倒ではありますが、作図のスピードアップのためには細かくラップを刻む必要があり、それを正確に記録するには最適なアプリでした。正しく活用すれば自分のスキルアップに必ず役立ちます。進行の遅れやすいところがわかるのはもちろん、作図の各過程を終えるごとにボタンを押す必要があるのですが、熱中していると押し忘れてしまいますので、常に冷静さを保っていないといけないということも教えてくれました。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、令和元年度の講座強化についての感想
チェック時間の確保は大切

平成30年度に続き、法規違反の減点がかなり厳しくなっています。エスキスの段階でのチェック、作図終了後のチェックを落ち着いて正確にできるようにするには、とにかく時間管理が大切だと痛感しました。講師の方にも相談し、優先してチェックする順番を一緒に考えてもらい、特に防火設備や特定防火設備のシンボルの記入漏れには細心の注意を払って確認していました。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
優先順位の読み取り

課題文で要求されていることを全て完璧に叶えることは不可能だと割り切ることを念頭に置いて、しなければならないこと、通常はするべきこと、したほうが良いことの優先順位をつけることに苦労しました。そこで、僕に合った読み取りの仕方やマーカーの入れ方を講師と一緒に模索していただいて克服しました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
学院の目標時間の壁を乗り越える

もともと作図スピードは遅くない方だったのですが、開講日の初日に「ゴールデンウィークまでに補足込みで必ず学院の目標時間を切ってもらいます」と言われたときは、その短さに衝撃を受けました。作図手順を変更したり、道具を変えたりすることで学院の目標時間を切ることができました。

製図合格のポイント
読み取りと時間管理

最初の20分に人生をかけろ!と口うるさく言われ続けますが、最初は本当の意味を理解できませんでした。ですが講義をこなすにつれてその意味を痛感しました。ポイントは適正な時間配分でチェック時間を確保すること。そのためには作図時間の短縮は必須となります。

今後の目標や抱負

日常の業務は管理なので、直接は1級建築士の知識はあまり使わないのですが、今後仕事の幅を広げていけるよう、チャンスを活かしていきたいです。そのためにも仕事の知識を共有できるよう、教室で出会った仲間との交流は絶やさず、お互い切磋琢磨しあえるような関係を築いていきたいです。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

努力すれば必ず取れる資格です。必ず努力は実ります。ですが一人では高いモチベーションを保つことは難しいと思います。僕は他の合格者のようにスムーズに合格したわけではないのですが、あきらめずにやり続けられたのは応援してくれた家族・友人・職場の方々や、同じ目標を持った仲間たちとの助け合いがあったからだと思っています。自分が関わっている人全てを味方につけて自分の励みにして下さい。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

どうしようもなかった僕でもちゃんとやり切ったよ!

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

各講師による独自の覚え方や裏技など、生きた講義を受けることができたのがよかったです。

講師

丁寧な質疑応答から他愛もない話まで、とにかく話しやすい講師の方々と出会えたことがよかったです。

グループミーティング

講師には聞けないような事も受講生同士なら聞けるということがたくさんあったのですごく助かりました。

製図模擬試験

本試験と同じ緊張感やモチベーションで取り組める数少ない機会であり、各時点での習得状況を把握できるのがすごくよかったです。