浅倉 和真さんの
1級建築士合格体験記

合格する自分をイメージする

令和元年度
1級建築士合格
浅倉 和真 さん(29)

学 歴
大学院
勤務先
建設会社
意匠設計
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
高校時代に行った美術館に魅了されて

高校2年生のころ、黒川紀章先生が設計した国立新美術館を見て、ダイナミックな規模や流線形の外観、内部の空間にとても魅了されたのがきっかけです。「いつか自分もあのようなインパクトのある建築物を設計したい」と思い、建築設計の道をめざしました。私は住宅設計よりも大規模の建築設計に興味を持っていたので、就職活動の際は総合建設業の道を選びました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
この資格なしでは何も始まらない

現在は建設会社の設計部で働いていますが、仕事を行う上で1級建築士の資格は最低限の資格として必要になります。資格がなければ、設計の仕事というよりも、ずっと資料作成や補助などの仕事をし続けることになってしまいます。できるだけ早く自分の責任で建物を設計したいと思ったので、受験を決めました。仕事をする上で、資格取得は必ず通らなければならない道なので、不安はなかったです。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
合格実績と充実したカリキュラム

合格実績は以前から認識していたので、迷わず総合資格学院を選択しました。会社の先輩たちから実体験を聞いたのも理由のひとつ。また、社会人になったら勉強時間を自分自身で確保することが難しいと感じていたので、日曜日に必ず通う習慣がつけられる資格学校がいいと思いました。どちらかというと、私はある程度の強制力がないと勉強しないタイプだったので、自らその状況をつくれる総合資格学院が一番自分に適していると思いました。

ご自身と独学者を比べて、感じた一番大きな違い
情報量の差が歴然!

全国合格者の多くを占める総合資格学院で、上位のレベルに達していれば、絶対に合格すると思っていました。総合資格学院は受講生が多く、データやノウハウが集積されています。そのため、自分の実力がどのレベルに位置しているのかを客観的、視覚的にわかりやすく把握することができたので、ほかの受講生より優れている部分や劣っている部分が明確になりました。以上のことから、独学より勉強効率が格段に上がると思います。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
自己採点をしながら手が震えた

1級建築士の学科試験で、鬼門となっているのが計画の足切りです。私は建築作品集に対する学習時間が足りなかったような気がします。現代建築が出題されてしまうと普段からの知識の積み重ねが問われますが、近代建築や歴史建築は必ず出題されますので、そのあたりの建築物はしっかり覚えておいた方が良いと思いました。私の場合、計画の本試験は建築作品の問題でかなり失点してしまい、自己採点をしながら手が震えていたのを鮮明に覚えています。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
部屋をきれいにすることからスタート

よほどの状況でない限り、時間がないというのは言い訳だと思います。私は会社の飲み会は1次会だけ出席し、その後に勉強をするなどして、1日に2~3時間は勉強時間を確保しました。そのほかに自宅で実践したのは、常に部屋と机の上をきれいに保つということだけ。部屋がきれいだと勉強に集中できるからです。また、カフェで勉強する方が集中できるという方もいますが、私は自宅にいるときに最大のパフォーマンスが発揮できるほうが絶対に効率が良いと思っていました。そのため、テレビやスマホのゲームなど、勉強の妨げになるものをできるだけ排除しました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
仕事の理解度が上がった

打合せなどで構造や設備の話題になったときに、専門外の内容であっても学科で勉強した用語や考え方のおかげで、話の内容をある程度は理解できるようになりました。また、法的な知識が身についているので、以前よりも仕事のスピードが上がった気がします。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、令和元年度の講座強化についての感想
クラスメイトとミスを共有

精度の高い図面を描くということは、単純に作図スピードを上げるだけでは身につきません。①~③の能力の総合値だと思います。私のクラスでは③のようなグループミーティングを通じてお互いの図面をよく見て、自身の図面との違いや細かいミス、良い点などを指摘しあいました。このような取り組みによって、「ミスのない」図面をめざすことに重点を置き、徐々に作図時の手戻り(やり直し、描き直し)がなくなりました。受講生同士のリラックスした空気の中で気兼ねなく意見を言いあうのはいい経験になりました。同じミスを繰り返すことやケアレスミスを指摘され、凹んだこともありましたが、とてもプラスになりました。このような指導方法はとても効果的だと感じました。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
日本語を注意して読むのが大事

資格学校の課題を多くやると、慣れてしまうからか、つい問題文の文章を自分の解釈で捉えて、勘違いをしてしまうことがあります。プランニングの実力やスピードは課題演習を行った数だけ向上しますが、日本語の文章の読み間違いをして、プランニングを間違った方向に進めてしまったら、いくら早く作図に入ったとしてもランクⅢやランクⅣになってしまいます。私はよくうっかりミスで文章を読み落としたり、読み違えたりすることがありました。読み落としと読み違いは似て非なるものです。読み落としに関しては、マーカーの数を極力重要なものに絞ったり、チェックの方法を毎回統一したりすることで防ぐことができました。読み違いに関しては、文章の隣のスペースにイメージ図を描くことで、落ち着いて解釈できるようにしました。講義では、イメージ図は消しゴムで消せる赤色シャープペンを使用することをすすめられ、実践してみるとミスが減りました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
手戻りは最大の命取り!

作図で一番焦る点はやはり手戻り(やり直し、描き直し)です。一番まずいのは、最初の「通り芯」の寸法ミスです。壁や階段を描いた段階で気づくと、おそらく15分以上ロスになるはずです。「通り芯」を引くときはダブルチェックをしたほうがよいと思います。講義で役に立ったことは、手描きで描ける部分は極力手描きで描くということ。特に什器は、極力手描きできれいに描けるようにしておいたほうが、作図後半で時間を短縮できると思います。

製図合格のポイント
まずはランクⅣにならないという心構え

人間は完璧ではないので、誰でもミスはするものです。しかし、個人的な見解ですが、設計製図試験では許されるミスと許されないミスがあると思っています。許されないミスは、面積オーバーや避難距離超過、延焼ラインの間違いなどの建築基準法に抵触する設計です。まず、出題者はこのようなミスをしたものからランクⅣにしていきます。つまり、図面をみてランクⅠから決めるのではなく、「ランクⅣ→ランクⅢ→ランクⅡにならなかったものを合格にする試験」だと感じました。まずは法違反の建物を設計しないようにするべきだと思います。

合格後の心境や、まわりの変化、今後の目標や抱負は!?

建築設計をする者としてやっとスタートラインに立った気持ちです。学科や設計製図で得た知識や経験を生かして、責任をもって建築を設計したいです。私は現場監督としての経験もあるので、今後は1級建築施工管理技士や建築に関係する資格、建築関係以外の資格も取得して、建築士として視野の広い人間になりたいです。建築家は生涯学習だと思います。また、英語が好きなので、英語のスキルアップの勉強も続けたいですし、建築の分野に生かせる機会があればいいですね。

資格取得をめざす方へアドバイス

1級建築士は、基本的に半端な知識や勉強量で受かる試験ではないと思います。運良く学科に合格したとしても、設計製図試験はそんない甘い試験ではありません。勉強期間は一生のうち、たった数年なのでその気になれば、全力を尽くして取り組めると思います。試験当日に自分への甘さを悔やむより、仕事以外のすべての時間を勉強に費やす気持ちで取り組み、悔いのない受験をしたほうが有意義だと思います。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

単に小手先のテクニックではなく、建築設計を深く理解するための知識を丁寧に教えていただき、試験当日の応用力に大きく影響したためです。

ライブ講義

講義後に質問したり相談したりすることで、映像講義ではできない有意義な時間を提供してもらいました。

オリジナル製図課題

問題が過去のデータをベースに緻密に考えられており、よくポイントを突いていると感じました。

製図模擬試験

実際の本試験のような雰囲気で、問題の出題内容の再現性が非常に高く、緊張感を模擬的に体感できました。