藤谷 基巳さんの
1級建築士合格体験記

地道な積み重ねが、

自分を合格に導いてくれる

令和元年度
1級建築士合格
藤谷 基巳 さん(31)

学 歴
専門学校
勤務先
設計事務所
意匠設計
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科2回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
「建築」って面白い

専門学校1年生のとき、授業で様々なデザインや理論を学習する機会があり、自分が理想とする建築ってなんだろうって考えはじめたのがきっかけでした。建築は様々な学問や美術と深く関わっているため、とても奥が深いです。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ
自分が理想とする「建築」の実現

現在は個人で設計事務所を運営していますが、1級建築士になることでさらに仕事の幅を広げたいと思ったのがきっかけです。勉強と仕事の両立は大変でしたが、スケジュール管理をきっちりしていたおかげで、なんとか勉強時間を確保できました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
2級建築士試験は総合資格学院で合格

テキストの内容が充実しているので、安心して学習できました。できればもっと早く受験したかったのですが、確実に合格したかったため、秋田校が開校する知らせを受けてすぐに総合資格学院に受講を申し込みました。

受験期間中の印象に残るエピソード
とにかく不安

合格できるかわからず弱気だった自分は、休憩時間やグループミーティング中になかなか意見を言えず、周りからは自分だけ得しようとしている人のように見られていたのかもしれません。ただ、不安だったんです(笑)。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
徹底した仕事のスケジュール管理

設計製図試験の勉強は最低2時間必要なので、毎日エスキスや作図をするための時間を確保するために仕事と勉強のスケジュールを綿密に計画しました。結果、効率よく仕事を終わらせられるようにもなり、良かったと思います。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、令和元年度の講座強化についての感想
誰が見ても完璧な仕上がりをめざす

ある程度のエスキス力、要点記述力、作図スピードはありました。しかし、ただ描ければいいのではなく、採点者が合格だと判断できる図面を描かなければ意味がありません。講義を通してエスキス、作図の手順確認、要点記述のポイントなど、誰が見ても完璧な仕上がりをめざすことの重要性が実感できました。充実した内容だったと思います。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
関連諸室のゾーニング・建物構成を色分け

初めは部屋の配置がわからず時間内に終えることができず苦戦した記憶があります。A3の方眼ノートに課題ごと解答例を1/400でトレースし、ゾーンごとに色分けして建物構成を確認する作業を繰り返しました。この作業を繰り返すことで、時間内にまとめることができるようになりました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
メリハリのある図面が書けず苦戦

最初は全て2Bの0.7mmシャープで書いていましたが、メリハリをうまく表現できず単調な図面となってしまいました。以降は柱を2Bの0.9mm、断面図の躯体を2Bの0.7mm、それ以外はBの0.5mmシャープを使うことでメリハリがある図面を描けるようになりました。

製図合格のポイント
エスキスの段階で頭に空間をイメージし、作図時間を短縮

シンプルな構成だと頭にイメージしやすくなります。ホールから廊下を通すときはできるだけ真っすぐ通し、廊下に沿って諸室をまとまりよく配置することでシンプルな構成になります。作図では極力エスキス用紙を見ずに、頭にイメージしたプランで作図できれば作図時間を大幅に削減できるし、その分エスキスや作図密度を上げるための時間に割り振ることができます。各図面のチェック時間にも使えるので、効果は大きいと思います。

今後の目標や抱負

1級建築士取得は自分がめざす建築を実現させるための通過点に過ぎません。資格取得を機に様々な経験をして、夢に向かって自分をどんどんキャリアアップさせていきたいと思っています。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

学習していると先が見えず不安になることが多々あると思います。誰もが不安ななかで、「自分の夢を実現させてやりたい」と強い想いを持つことが、皆さんの学習を後押ししてくれると思います。地道な積み重ねが、自分をあるべき方向に導いてくれるでしょう。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

合格するための付け焼刃的な考え方ではなく、設計者として人の命を守れるかというスタンスで建築設計における考え方や姿勢を学ぶことが出来ました。

エスキス用教材

エスキスの基本プロセスを確認することで、自由度や難易度が高い問題にも柔軟に対応できる能力が身につけられたと思います。