林 克臣さんの
1級建築士合格体験記

熱意をもって取り組むこと

令和元年度
1級建築士合格
林 克臣 さん(36)

学 歴
大学
勤務先
設計事務所
意匠設計・工事監理
本試験得点
104点 (計画:17点、環境・設備:17点、法規:25点、構造:23点、施工:22点)
教 室
受講講座
1級建築士学科対策講座
1級建築士設計製図講座

受験回数 学科7回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
熱意をもって取り組むこと

前職では主に家具の小売販売・配送の仕事をしていました。ある時に住宅の特注家具を受注する機会があり、設計者との打合せや納品に携わったことで設計の面白さを知りました。日々、納品で様々な建物を見てきたので、次第に家具だけではなく建物全体を自分で設計して提案したいという気持ちが強くなり、設計の仕事の道に進もうと思いました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
仕事をしていく上で必要な資格

2級建築士の資格を取得して設計事務所に転職しましたが、担当できる建物に制限があり、1級建築士は仕事を続けていく上で必要な資格でした。資格取得には多くの勉強時間が必要になるので、家庭と仕事のバランスを保ちながら勉強できるか不安がありましたが、家族の理解や会社の後押しもあり受験を決めました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
ライブ講義

平日の勉強時間の確保が難しいとわかっていたので、講義日に集中して勉強したいと考えていました。ライブ講義は緊張感があり集中力を切らさずに講義を受けることができ、その場で質問も可能なので密度の濃い勉強ができると思い、ライブ講義が充実している総合資格学院に決めました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
試験日2日前に家族旅行

台風の影響で設計製図試験が延期になり、当初試験後に予定していた家族旅行が試験の2日前になってしまいました。中止も考えましたが思い切って旅行に行ったことで、心と体をリフレッシュすることができ、良い状態で試験に臨めたと思います。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
講義日集中学習

勉強する期間が長く家庭と仕事のバランスを保ちながら、まとまった勉強時間を確保することがとても難しかったです。学科では講義の予習・復習の時間は確保できましたが、過去問題まで勉強できていなかったので、通勤時間や仕事の移動時間を利用してデジトレの音声による一問一答を常に聞いていました。講義で学んだ内容に対しては疑問点を残さないように当日講師の方々に質問し、時間が確保できる講義日に集中して学習を進められるように意識していました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
信頼関係

現場監理を行う上で、学院で学習した施工方法や数値が頭に入っていたので、工事施工者との打ち合わせがスムーズになりました。信頼関係にもつながっていると思います。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)
得意科目(分野)

法規

苦手科目(分野)

構造

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法
恥ずかしがらずに質問

構造力学が特に苦手で模試では得点があがりませんでした。基本的な内容でもなかなか理解することができず講師に同じようなことを何度も質問してしまいましたが、毎回丁寧に教えていただき本試験までには克服することがきました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと
熱意

試験勉強期間が長く、気持ちが切れそうになる時もありましたが、講師、教務スタッフ、すべての方々が毎回熱意をもって講義に臨んでくれていると感じていたので、自分も「熱意をもって受講しなければ失礼だ」と思い、集中を切らさずに学習できたと思います。

学科合格のポイント
最後まで貪欲に勉強を続ける

学科はやればやっただけ点数が伸びると思います。些細なことでも講師に質問し、最後まで貪欲に勉強を続けていったことが学科合格に繋がったと思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
課題文の読み取り時間の確保と中間チェック

私は作図時間を気にして課題文の読み取り時間が短かったため、大きなミスをすることがありました。講師やチューターの方から、「読み取り時間を多くとり、必ずエスキス後に中間チェックを入れることで結果手戻りが少なくなり時間の短縮につながること」を教えていただき大きなミスが減ったと思います。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
情報共有

作図時間を短縮できず苦労しました。講義後に他の受講生と情報共有することで、いろいろな作図方法を試すことができ、自分にあった作図方法が見つかったと思います。

製図合格のポイント
あきらめない気持ちとチェック時間の確保

試験当日は緊張から目標としていたエスキス時間を大きく超過しまいましたが、あきらめずに最後まで描きあげたことが合格に繋がったと思います。また、講師から図面チェックの重要性について日頃より教えていただいていたので、時間配分を調整してチェック時間を確保したことで大きなミスを防ぐことができました。

合格後の心境や、まわりの変化、今後の目標や抱負は!?

資格を取得し、ようやく建築士としてのスタートラインに立てました。資格取得まで時間を費やしたので、いままで支えていただいた方々に恩返しができるように感謝の気持ちを忘れずに精進していきたいと思います。学院スタッフの方々からは熱意をもって接していただきとても励みになりました。私も熱意をもって相手に思いを伝えられる建築士になりたいと思います。

資格取得をめざす方へアドバイス

私は学科で何度も不合格になりました。日々自分の置かれている状況は変わっていきます。年齢を重ねるほど時間を確保することは難しくなってくると思います。資格取得を決断したら本気で向きあってください。勉強期間は長いので心に迷いがでることもあるかもしれませんが、自分に言い訳をつくって先延ばしせず1回で資格を取りきろうとする強い気持ちが大切だと思います。あきらめずに努力すればいつかは報われます。がんばってください。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

講師、チューター、教務スタッフの方々の講義に対する熱意が伝わってきたので、緊張感があり集中力を切らさずに講義を受けることができました。その場で質問も可能なので密度の濃い勉強ができたと思います。

デジトレ

まとまった勉強時間の確保が難しかったことと、通勤や仕事の移動手段が車だったことから、音声にて勉強できるデジトレの一問一答がとても役に立ちました。

特別講座

重要な問題を集中的に学ぶことができ、テキストがわかりやすくまとまっているので試験直前の確認にも利用できました。GW講座の構造の文章問題では絵や簡単なフロー図を描いて視覚的にとらえて解く方法を学ぶことができて理解が深まりました。直前対策講座では実際にそのまま試験に出題された選択肢もあったので受講して良かったと思っています。

グループミーティング

製図では様々な解答や考え方があり、自分の図面に対してみんなで意見を出していただけるので考え方の幅が広がりました。講師による他の受講生へのアドバイスも聞くことができてとても参考になりました。他の受講生と意見を交わせるので、受講生同士の絆を深める良いきっかけにもなりました。