市川 貴浩さんの
1級建築士合格体験記

最後まであきらめずに

令和元年度
1級建築士合格
市川 貴浩 さん(34)

学 歴
専門学校
勤務先
工務店
意匠設計
本試験得点
104点 (計画:15点、環境・設備:17点、法規:25点、構造:25点、施工:22点)
教 室
受講講座
1級建築士ストレート合格コース

受験回数 学科3回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
設計が自分にあっている

元々は物づくりに携わる仕事をしたいと思い工業高校へ進学を決め、そこで建築の「設計」に出会いました。自分の思いや考えをプランに詰め込む大変さや、上手にできた時の楽しさが自分にあっていると感じ、この道に進みました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
自身のスキルアップ

社内の設計部門の先輩方が皆、1級建築士ということもあり、自分も早く1級をとり、スキルアップしたいと思っていました。一番不安だったのが勉強時間の確保と継続できるかで、先輩や会社、そして家族の協力で、できるだけ勉強に集中できるようにして頂き、講義も休まず受けることができました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
映像ではなく本当の講師

総合資格学院を選んだ1番の理由は講師が講義をしてくれるからです。映像だと集中できなかったり、最悪寝てしまうという不安がありました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
集中できるか心配

試験期間中、一番印象に残ったことは学科試験日です。去年、初めての子供を授かったのですが、その子の出産予定日が学科試験と同じ7月28日でした。試験に集中できるか心配でソワソワしていましたが、試験前に無事に産まれてくれて学科試験も集中して受けることができました。初めての親孝行ありがとう(笑)

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
毎朝の学習

毎日、空いている時間や仕事が終わってからの学習はもちろんやっていましたが、仕事によっては夜が遅く、勉強の時間が取れない日もありました。自分はだらけてしまう性格のため、毎日やる事が大事だと考えて毎朝早く起き勉強の時間を確保しました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
いつの間にか力に

苦手だった法規でしたが、社内で設計の打合わせの際に法規の知識すぐに出てきて、法令集を引くのがびっくりする程スムーズにできました。いつの間にか自分の力になっていると実感しました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)
得意科目(分野)

構造

苦手科目(分野)

法規

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法
講師やスタッフを信じて

苦手科目は自分では勉強の仕方もわからなかったので、学院の宿題や講師のやり方をそのままやりました。自分でやるやらないの判断はせず、予習や復習をしっかりやることで講義内容を理解できるようになり、克服できました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと
講師の経験談

テキストの内容以外にも講師の経験談やちょっとした雑談が講義中のリフレッシュになり、最後まで集中して受講できました。また、いろいろな話をしてくれたので楽しく講義を受けられました

学科合格のポイント
毎日の積み重ね

学科は問題集さえあればどこでも勉強できるので、ほんとに少しずつでもいいからやることが大事だと思います。一気にたくさんやろうと思うとモチベーションが保てませんが、やる気の出ない日でも1問だけでもやれば身につきます。毎日やる事が大事だと思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
基本に忠実に

はじめはエスキスに手こずり、よくつまずいていました。学院のやり方に沿ってやることで見直しをしたときにどこが悪かったのかが確認しやすかったです。最終的には自分のやりやすいやり方ができてきますが最初は基本に忠実にやることでしっかりと自分の型をつくれると思いました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
時間短縮は作図で

とにかく、作図に入ったら考えないで描けるようにすることが大事です。エスキスの段階で細かい内容や面積などもしっかり描くことで作図にだけ集中できて、時間短縮に繋がります。

製図合格のポイント
他の受験者との交流

クラスメイトはもちろん、講座などで他のクラスと交流することで、モベーションややる気が引っ張られ、「もっとがんばろう」と思えたことが多かったです。また、情報の交換をすることで効率の良いやり方や、わからないことの理解にも繋がりました。

合格後の心境や、まわりの変化、今後の目標や抱負は!?

協力して頂いた皆様に恩返しができるように、1級建築士として名前負けをしないように仕事をがんばっていきたいです。お客様のご相談にも乗れ、ワンランク上の提案ができるようにインテリアコーディネーターなどの資格取得も考えています。

資格取得をめざす方へアドバイス

資格手当やまわりからの印象も変わってくるので資格取得は早めにスタートしてメリットはあってもデメリットはないと思います。自分も一度、資格取得に期間をあけてしまったことを後悔しております。1級を取得しようと考えている方は1年でも早いスタートをしてください。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

講師と直接話ができることで、疑問点などを直ぐに確認することができ講義内容が理解しやすかった。重要な点などが実際の会話でわかることもあり、学習の効率アップに繋がったと思います。

講師
教務スタッフ

とても親身になっていろいろ教えていただけたと思います。嬉しいことや悔しいこと(模試の結果など)を共感してもらい、遅くまで質問や試験についての話などにもつきあって頂いたおかげでモチベーションを保つことができました。とても良い講師や教務スタッフに出会えたと思っています

作図強化講座

設計製図講座ではとても重要な講座だと思います。最初に作図時間が短縮できたことで、その後の講義のエスキスに集中できたり、模試や通しの講義でも作図時間に余裕ができたため、エスキスやチェックに時間が取ることができました。本番で特に痛感したのが、試験のプレッシャーからか上手くエスキスができず、やっとできたと思ったものも間違いが見つかり再エスキス。あきらめかけましたが「作図時間はまだなんとかなる!」と思い、最後まであきらめずにやり何とか描き上げることができました。