五十嵐 康太郎さんの
1級建築士合格体験記

自分がやってきた努力は裏切らない

令和元年度
1級建築士合格
五十嵐 康太郎 さん(26)

学 歴
専門学校
勤務先
設計事務所
意匠設計
本試験得点
109点 (計画:17点、環境・設備:17点、法規:25点、構造:27点、施工:23点)
教 室
受講講座
1級建築士パーフェクト総合セット

受験回数 学科1回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
自分の家を設計したい

きっかけは凄くシンプルでした。人生の多くの時間を過ごす家を自分で設計したいたいと思ったからです。そうして勉強していくうちに様々な建物の設計に興味を持ち設計事務所に就職することにしました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
仕事に必要

仕事をしていく上で1級建築士取得は必須でした。またこの道に進んだ以上一つの通過点として学生の頃から意識はしていました。合格率の低い難関国家試験で1年で学科と製図試験を合格するストレート合格ができるか不安でしたが、講師が「学院の言う通りにすれば受かる」と何度もおっしゃっていたのでその言葉を信じて勉強を続けました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
合格者占有率の高さ

試験に対する知識のない中で合格者占有率の高さはとても魅力的に思えました。実績に裏付けされた講義内容には大きな信頼を寄せることができ、「学院で学んだことをしっかり出し切れば大丈夫。たとえ自分の知らない問題が出ても他の受験者も知らないはず」と心の底から思えたことで焦ることなく試験を進めることができました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
宿題は計画的に行う

エスキスに時間を割きすぎて作図を週末にまとめて行うことが多かったです。時間に追われて作図を行なったので作図スピードは速くなったのかもしれませんが、それでも2時間の睡眠で学院に行くことになったのは苦い思い出です。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
誘惑の排除

勉強しているとついついスマホに手が伸びてしまうので漫画、ゲーム等のアプリはすべて消去しました。勉強以外にやることがない環境にすることで効率よく勉強できたと思います。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
打合せの内容が理解しやすく

構造や施工についての打合せを理解しやすくなったと感じます。今までは知らない言葉や数値などが飛び交い、内容についていけないこともありましたが、学院で学習を通じて理解が深まったことで積極的に参加することができるようになりました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)
得意科目(分野)

計画

苦手科目(分野)

施工

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法
リンク学習

施工は知らない言葉だらけで理解するのに苦労しました。インターネットで実際の施工写真等を検索し、現実のものとリンクさせることで理解を深めました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと
その場で解決

ライブ講義なのでわからないことがすぐに質問できる環境は良かったです。わからないことはその日のうちに解決することで自宅学習の効率は高まったと思います。

学科合格のポイント
問題をゆっくり読む

法規以外の科目は当日、時間が多く余ると思います。日頃の学習から選択肢一つひとつをゆっくり読み、理解することでいつもと違う表現に気づくことができると思います。ゆっくり読むことを強く意識して、本番もうっかりミス0で合格できました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
数をこなす

私はエスキスが好きだったこともありクラスメイトの数倍はエスキスを行なったと思います。数をこなすことで自分の中の引き出しが増え、本番でも難題に柔軟に対応できたのだと思います。記述も同じように何度も繰り返すことで悩む箇所が減り、時間の短縮につながりました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
クラスメイトから吸収

作図の速い人がどのように行なっているのか聞きました。クラスメイトが活用しているテクニックから、自分にあっているものを組み合わせて少しでも時間の短縮ができるように工夫しました。

製図合格のポイント
情報共有

クラスメイトとの情報共有を積極的に行うことでエスキスに対する様々な考え方や時間短縮のテクニックが身につくと思います。誰かがしたミスは自分もしないように気をつけることで効率よく学習を進めることができます。

今後の目標や抱負

1級建築士の取得は1つの目標でした。しかしながら、資格を取得したからといって仕事ができるようになるとは思っていません。これからはより仕事に力を入れて早く一人前の建築家となれるよう精進したいと思います。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

不安になることがあると思いますが自分がやってきた努力は裏切りません。試験当日冷静でいられるように日頃の小さな努力を大事にしてください。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

映像講義ではないので自分がわからない箇所をすぐに質問できる環境は良かったです。その場で解決することで無駄なことで悩まずに学習を進めることができたと思います。

合格サイクル+継続学習

学院に通っているのだからこそ、過去問ではなくオリジナル教材を中心に学習しました。解説もわかりやすくテキストのページとリンクされていたのも良かったです。