五十嵐 佑太郎さんの
1級建築士合格体験記

がんばることは良いこと

令和元年度
1級建築士合格
五十嵐 佑太郎 さん(27)

学 歴
大学院
勤務先
官公庁
行政
教 室
受講講座
1級建築士設計製図・中期必勝コース

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
奥が深い仕事をしたい

気持ちさえあればどこまでも突き詰めて考えられて、長く続けてもずっと飽きが来ないことを仕事にしたいと思い、建築関係の道を選びました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
受験資格を満たしたため

建築の仕事をする以上、受験資格を満たせば必ず受験するものと思っていたので、決断は特にしていません。学習をはじめるにあたっては、就職したての慣れない環境下で、さらに自分に負荷をかけて大丈夫だろうかと思っていましたが、はじめてみると仕事に役立つ知識が多く、丁度よかったと思います。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
先輩が多く合格していた

在学中に、直近に卒業した先輩方がたくさん総合資格学院に通って合格したという話を聞き、それなら自分も通えば受かるだろうと、特に比較もせずに即決しました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
製図試験延期

台風19号により製図試験の延期の発表がありました。直前の学習時間もモチベーションも最高潮だった分、仕方ないとわかっていてもショックが大きかったです。普段から勉強も仕事も両立してがんばっていた人と、試験優先して仕事を後回しにしていた人をふるいにかけるような出来事だったと思います。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
限られた時間の方が捗った

仕事が終わって夕食を食べると、大体はダラダラしてしまったり、寝る時間を多少遅くしてゆっくりやれば良いという思考に陥りがちだったので、平日の場合は夜よりも朝に、出勤までの時間に集中して勉強することが多かったです。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
実務の理解力向上

私の場合は就職して割とすぐに勉強を始めたので、実務のなかで学習した内容が活かされたことはたくさんあります。特に法規は、学科〜製図の学習までしてようやく実際の図面のなかでのイメージがつきやすくなったと思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
解答例と自己プラン比較

学院の参考解答例と自己プランを比較し、略図化してノートにまとめる作業が特にプランニングに参考になりました。略図には、アプローチ方向、屋上庭園(指定)、大空間、竪穴、吹抜け、共用空間等、プランニングに影響の大きいものを色分けして整理しました。また、失敗した点や足りなかった点を書き出すことによって、同じ失敗をしない注意力向上にもつながりました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
作図手順の固定と時間記録

講師の方から貰った、作図の手順と時間を記録する表を、自分なりにアレンジして使っていました。まず作図手順を完全に固定することと、手順毎に実際にかかった時間を正確に記録することで、自分がどの段階でどの位時間がかかっているかを把握し、本番に備えました。

製図合格のポイント
楽しんでつづける

設計製図試験は2回受験しましたが、製図の講座のひと夏、ハードながら目標に向かって頑張っている感じが熱くて好きでした。本試験は普段通りの動きができた実感が少なく、試験が終了した時点で「これは今年もダメだ」と思いましたが、失敗したと思ったことが致命的なミスではなかったため合格したのかと思います。完成はもちろん、完璧をめざすべきだと思いますが、優先すべき事項を見誤らないことが大切だとわかりました。

今後の目標や抱負

今の仕事を続けている限りは、取得したことで劇的に変化が起こるということは無いのが残念ですが、1級建築士は別の資格の「受検資格」になります。次は建築基準適合判定資格者検定試験を受検する予定です。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

仕事を続ける以上は勉強を続ける必要があるし、どうせ勉強するなら資格取得という具体的な目標にした方がわかりやすく、メリットもあります。また、難易度が高い試験ほど、ライフイベントに少なからず影響があるとも思いますので、どうせ取るなら短期集中して取得が良いと思います。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

今後とも慢心せず励みたいと思います。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
グループミーティング

製図では、自分と他の人の図面を見比べることで、自分に足りない部分を確認できました。また、自分や他の人のした失敗を共有して、講師から対応策を聞くことが特に参考になりました。

講師

具体的な試験対策はもちろん、質問に丁寧にご対応頂いたり、モチベーションを引き出すような声がけを頂いたりと、とても良かったです。毎回講義の前に法規に関する小テストをしたのも、ど忘れ防止に役立ちました。

設備用教材

設備に苦手意識があったのですが、図などが掲載されており、わかりやすかったです。