井上 侑也さんの
1級建築士合格体験記

実務に係る勉強に集中するために
資格を早く取得する

令和元年度
1級建築士合格
井上 侑也 さん(27)

学 歴
大学院
勤務先
設計事務所
意匠設計・構造設計
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
建築士事務所を営む父の姿を見続けて

私の父は、私が生まれたときから建築士事務所を営んでいました。そこで父が図面を描く姿を見たり図面を眺める機会を得たりしたことで、建築物をつくり上げる面白さを知り、徐々に建築の道に進みたいと感じはじめました。中学卒業後は高専の建築科に進み、さらに将来は父を超える建築士になりたいと思い、大学院まで建築を学び続けました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
独立し、自分の名前で建築物を設計するためには資格が必須

現在2級建築士として設計事務所で働いていますが、将来的にはもっと大きく様々な用途の建築物を設計したいと考えており、さらに構造設計1級建築士の取得も目標の一つとしています。その目標を達成するために1級建築士の取得は必須でしたので、受験して当然という思いでした。周囲に建築士を受験することを自分から伝えることで、多くの応援をいただき、受験の励みになりました。事務所にも多大な理解をいただき、集中講座への参加や、空き時間の学習などに取り組みました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
2級建築士受験時に利用しよかったから

大学院時代に2級建築士の製図試験を受験する際に総合資格学院を利用し、そのときの指導方法がわかりやすかったため今回も利用しようと決めました。合格実績も日本一というのも決めた理由の一つとなっています。実際講義を受けて、講義のペースやテキストのわかりやすさは素晴らしいと感じました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
自ら学ぼうとする姿勢が重要

私は平成30年の製図試験で一度不合格になっています。そのときに感じたことは、出された課題をなんとなくこなしていただけになってしまっていたなということでした。もちろん出される課題・宿題などをこなすことは重要ですが、確実な合格を勝ち取るためには、図面や解答例を自ら分析し、ゾーニングや室の配置の根拠まで考えることが重要であると思いました。本試験では毎年想定されてない初出題の部分が出るといわれています。本試験で初めての内容が出てきた場合にどのようにするかは自分しか決断できないので、学院の課題以外にも実例建築物の分析が必要であると思いました。2回目の製図試験では、2回目のプライドもありましたし、相対試験であることから少しでも合格率を高めたいと感じ、図面を極力綺麗に描くことを意識しました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
会社の協力+自分で時間をつくり出す

所属する設計事務所の所長も資格取得の大変さを知っていたので、平日夜の勉強時間は比較的確保しやすかったです。しかしそれだけでは学校の課題をこなすだけで精いっぱいでしたので、朝や昼休みを活用して、自分で必要と感じる部分の学習をしました。普段と比べるとどうしても睡眠時間は短くなりがちですが、一年だけ!目標達成のため!というつもりでがんばることができました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
建築法規の理解がしっかりしたものになった

学科の学習のなかでも法規については業務に関係する部分が多く、そこの理解をより深められたことは大きかったです。また、普段あまり触れることのなかった設備や施工に関する最低限の知識を取得できたことで、現場などの関係者との打ち合わせが比較的スムーズになったように感じます。製図試験に関しては、実務で手描きすることは少ないですが、プランニングの基本的な考え方などを学ぶことができたと思います。また、同じ教室で長期間学んだ建築関係の仲間との関係は、今後一緒に仕事をする関係になるかもしれないと思っています。

総合資格配信の「e建築用語集アプリ」「製図タイマーアプリ」利用した感想
「e建築用語集アプリ」

わからない用語について詳しく説明されているため役立ちました。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、令和元年度の講座強化についての感想
チェックの重要性を再確認

作図スピードは2回目の受験ということもあり心配していませんでした。今回はスピードを保ったうえで綺麗な図面を描くことを心掛けました。また学院の手順を守ることで抜かりのない正確な図面を描くことができるようになりました。製図試験において最も重要な工程はチェックであると思います。この時間を十分に確保する習慣を身に付けていれば重大なミスのない図面を描くことができ、一気に合格が近づくと思いました。グループミーティングにより、ほかの人のミスや考え方を知ることで、自分だけの学習だけでは知り得ない内容の学習ができ、エスキス・作図がより充実したものになったと感じます。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
エスキスチェック、作図チェックが最重要

エスキスを行い、作図中に室の抜かりやサイズ違いに気づきもう修正できない、という経験を何度かしてしまい、丁寧なチェックを心がけるようになりました。学院・講師の推奨するチェック方法により、確実なチェックができるようになったと思います。また、チェックしたうえで見つかったミスを短時間で修正する方法も併せて学習しました。記述に関してはまず過去問を繰り返し行い、見たことのある設問には短時間で解答できるようにしました。また、初出題の設問対策として設備や省エネ関連の知識を学院資料により学習しました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
丁寧な文字を描くことに苦労した

私は普段から文字が雑な方で、時間に追われる試験では読めない文字を書いてしまうことが多々ありました。学院資料や講師からは綺麗に見える文字の書き方を学びました。また、どの文字が読みづらいかは自分ではわかりにくいので、教室の人や家族、友人などに図面を見てもらい、読みづらい文字を指摘してもらいました。指摘された文字を書く際は特に丁寧に書くことを心掛けるようにしました。

製図合格のポイント
チェック時間の確保

いくら作図が速くても抜かりのあるエスキスで作図してしまっては不合格となってしまいます。そのため、スピードを上げた作図を無駄にしないためにもチェックは念入りにすべきだと思います。練習課題でチェック時間を確保し、毎回繰り返し丁寧に確認することで、チェック精度を充実させ、自分がミスしやすい内容も知ることができます。ここでミスしやすい内容を知り、そうならないようにエスキス方法を工夫することで、エスキスミスも減らすことができると思います。

今後の目標や抱負

1級建築士取得は私の大きな目標の一つでしたが、今後の人生においてはスタート地点に立った段階です。これからは自分が本当にやりたかった勉強に集中することができ、それを実務に生かしでバリバリ仕事をしたいと思っています。1級建築士としての品位を持ち誠実な建築士となることをめざしています。幅広い知識を持った建築士となるために、宅地建物取引士、土地家屋調査士、構造設計1級建築士、建築設備士など様々な資格取得を考えています。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

まず私は1級建築士の勉強を開始した時点で周囲の人々にそれを伝えるようにしました。それによって無理に遊びなどに誘われなくなるとともに応援もしてくれると思います。応援してくれた恩返しをしたい、というのが一つのモチベーションになると思います。さらに、合格したらどうしたいか、をいつも考えることもモチベーションの維持につながりました。また、講師と受験仲間が教室にいて、雑談を交えながら切磋琢磨するというのは、そのものが楽しい時間となり、一度も勉強が嫌だと感じることはありませんでした。そのためにも、学院に通いはじめたら積極的に教室の人に話しかけ、週1回の講義日を楽しいものにするというのもいいと思います。そのように切磋琢磨した仲間との絆は一生続くものになると思います。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

丁寧かつわかりやすい指導のおかげで、私のなかで建築がより楽しいものとなり、もっともっと建築のことを知りたいと感じられるようになりました。ありがとうございました。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

その場で行う講義のおかげで知識の定着がしっかりしていたと思います。わからない点もすぐに質問し教えてもらうことができました。

講師

講義の内容はもちろん、関連する事柄も併せて教えていただけたので、覚えやすかったです。また、効率的な学習方法について教えてくれた講師もいたので非常にありがたかったです。

オリジナル製図課題

様々なパターンの課題を学習できたことで対応力がついたと思います。

製図模擬試験

本試験を想定したタイムマネジメントや緊張感を体験できたことは本試験での冷静さを保つのに本当に役立ちました。