伊與部 聖奈さんの
1級建築士合格体験記

人生の通過点の一つをクリア

令和元年度
1級建築士合格
伊與部 聖奈 さん(27)

学 歴
専門学校
勤務先
専門学校
教師
教 室
受講講座
1級建築士設計製図講座

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
ものづくりに魅せられた少女のそばにいた「大工さんの一言」

幼少期からものづくりが大好きだった私。「ものに命を吹き込む仕事をしたい」と思った私が選んだのは、大工だった祖父の「設計したら?」の一言で建築の道でした。人々に一番身近なものをつくりたかったのかもしれません。中学3年生で志を固め、高校は理数科へ、その後は手に職をと2級建築士を最短で取得できる専門学校へ進学しました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
1級建築士の受験はただの通過点

建築士を夢見る私にとって、1級建築士は目標の通過点であり、当然受験するべきものでした。自分の希望する仕事を選択できる可能性を広げるための手段としてはもちろん、ただ「1級建築士ってかっこいい! なりたい!」という幼い頃からの憧れから受験しました。とにかく学習時間の確保を最優先するため、職場、家庭、友人に理解を求め、協力していただきました。ただただ、感謝の気持ちしかありません。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
使いやすい教材と熱心な講師陣によるライブ講義

学科はまだしも、製図はどうしても独学では厳しい内容です。2級建築士受験の際に総合資格学院の教材にお世話になっていたこともあり、悩まず受講を決めました。事前に拝見させていただいた教材も私に合っていたように感じました。実績はもちろん、圧倒的な情報量や課題分析、熱心な講師陣によるライブ講義も決め手となりました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
チェックの徹底なくして合格なし

私は製図1年目の本番、普段とは違うところでの読み取りミスから大幅なプラン変更という判断をして、不合格となりました。直さず描込み量を増やせばもしかしたら……と担当講師の言葉が頭から離れませんでした。中間チェックや最終チェックの甘さを痛感し、2年目はそこを意識して取り組みました。また、合格するための判断力を鍛えるように意識しました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
大敵睡魔対策! こだわり過ぎない生活リズム

学科と違い、まとまった時間と製図板を広げる環境が必要な製図。まず、学習以外のことは極力やらないようにするため、家事等はすべて家族にお願いしました。また、その日の体調や眠気に合わせて仮眠を取り、生活リズムにこだわり過ぎずに少しでも効率的な学習できるようにしました。なお、可能な限り学院へ通い、集中できる学習時間・環境を確保する努力もしました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
本当の理解がないと人には伝えられない

学生に建築知識・技術を伝える教務をしていますが、自信を持って教壇に立つことができています。また、知識の幅が広がるとともに理解度も増したため、ポイントを押さえた、よりわかりやすい授業につながると感じています。授業や学生対応の質の向上がこの仕事の最も重要なことのひとつなので、学院での学習が大いに活かせています。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
「意識」ができれば変えられる

エスキスを目標タイム内に収めることに特に苦労しました。どうしても「もっとましなプランになるのではないか」「これでいいのか」と迷走してしまい、割り切って進むことが苦手でした。まずは、とにかく時間を意識。そして優先順位を崩さず、諦めるところを見極めることを意識。同じ課題を何度も時間を計測して取り組み、時間に乗る感覚を掴むようにしました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
スピードと質の両立

第一関門はスピード。作図の目標時間が前年より30分短縮されたことから苦労しました。どの工程にどの程度時間がかかっているのか逐一計って分析しました。第二関門は質。質は講師にその都度確認し、「丁寧に描けている」と言われた図面以上のできを心掛けました。

製図合格のポイント
「時間」がすべて

どれだけ「時間」をかけて学習できたか。どれだけ自分の決めた「時間」を守ることができるか。どれだけ効率的で有意義な学習「時間」を確保する努力ができるか。製図は24時間の使い方が問われる試験だと強く感じます。

今後の目標や抱負

教務という仕事に直結させ、よりわかりやすく専門的な知識・技術の伝達に活かしていきたいです。また、他の資格や分野の知識も習得し、自分の可能性や価値の向上を図っていきます。直近では、宅建士を受験しようか検討中です。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

資格取得には、思っていた以上に多くの犠牲が伴いました。特に時間の損失は大きく、その時のかけがえのないものよりも目の前の学習を優先しなければなりません。今後の人生プランを検討し、受験時期を見極め、覚悟を決めたら一気に合格してしまった方がいいです。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

学生時代の知識が基盤となり、1級建築士試験合格までの力が身につきました。一番初めに吸収する知識・技術の重要性を体感しました。感謝の念が尽きません。また、現在自らその重要な立場にいることを再認識しました。この基盤を学生に伝えることで恩返しができるよう、より努力いたします。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

自分のエスキスや作図の様子を講師の方に直接ご確認いただき、その場でアドバイスいただけることが実力向上に繋がりました。また、疑問点をすぐに直接質問できる環境がとても良かったです。

講師

業界で活躍されており、1級建築士試験に合格させるプロである講師からの指導があってこその合格でした。知識、技術、学習方法や心構えまでアドバイスいただき、講師の言葉はすべて素直に従うように心掛けていました。

グループミーティング

仲間の良い点や失敗点などを吸収し、自分にも蓄積できました。また、グループで意見を交換することで、課題をより深く理解することに繋がりました。

オリジナル製図課題

よく考えられた課題が多数あり、一つひとつの課題を丁寧に学習し、自分のものにするように心掛けることで、本番で使える引出しが増えました。