片桐 知美さんの
1級建築士合格体験記

まわりの方からの支えを大切に

令和元年度
1級建築士合格
片桐 知美 さん(28)

学 歴
大学院
勤務先
設計事務所
意匠設計
本試験得点
105点 (計画:18点、環境・設備:19点、法規:21点、構造:27点、施工:20点)
教 室
受講講座
1級建築士短期必勝総合セット

受験回数 学科2回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
人に使われる建築を学びたい

建築をめざしたのは、モノづくりが好きだったことと、単純にかっこいいと思ったからです!大学で建築を学ぶうえで、相手がいてその人が使う建築をつくることの楽しさとやりがいを感じることができました。そのとき感じたやりがいを仕事としてやっていきたい!と思ったことがきっかけです。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
自分に自信をつけたい、知識の幅をひろげたい

大学のころから1級建築士は視野に入れていましたが、仕事を始めてから、自分への自信をつける意味でもより資格を取得したいと思うようになりました。仕事とのスケジュール管理がとても不安でしたが、職場の先輩からの協力をいただき、大切な時期に学習時間を確保することができました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
教材への信頼と校舎への信頼

以前、総合資格学院で2級建築士を取得した際に、教材がとても充実していたため、信頼がありました。また、通っていた校舎にいた方達含めて校舎への信頼もあり、充実した環境で学習に取り組めると思いました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
講義への出席は大切

受験1年目は、仕事のスケジュール管理が甘く、ほとんど講義に出ることができませんでした。2年目の受験時にライブ講義の重要性と、規則正しく講義に出て学習のペースを乱さないことの大切さを実感しました。講義は甘く見てはいけません……。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
1日のスケジュール管理

仕事とのスケジュール管理が1番苦労しました。1日のスケジュールをしっかりと立てて、「残業は何時まで」と決めて、そのあとの時間で学習時間を確保しました。ただ、自分の場合学習だけだと煮詰まってしまうので、仕事とうまく時間管理をすることで、規則正しく密な学習時間を確保できたと思います。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
施工知識の向上

設計の業務を行っているため、施工に対しての知識が足りていないことが自分にとって不安要素でした。資格取得に向けて施工の学習をしてからは、現場に足を運ぶことで現場の見方も変わり、設計業務へも活かすことができました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)
得意科目(分野)

計画

苦手科目(分野)

施工

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法
講師の講義

計画は大学時代からも好きな科目だったため、積極的に問題に取り組めました。施工は、1年目の学習では全くイメージがつかず、ほぼ暗記で挑んでしまったのですが、2年目の学習で講師の方の講義を受けることができ、「なぜそうなるのか」原理を教えていただいたことをきっかけに、問題集に取り組む姿勢が変わりました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと
ライブ講義

2年目の学習では自分で問題集を解いていくなかでわからないことをライブ講義の際に講師の方に質問することで理解を深めることができました。特に施工、環境・設備はとても理解が深まりました。

学科合格のポイント
問題集、模試を理解しながらやりこむこと

学院の問題集、模試はとても信頼していたので、とにかくやりこみました。また、理解を深めるためにテキストに戻って何度も確認したり、講師の方へ質問を行いました。1年目の学習では問題集のやりこみが圧倒的に足りなかったと、今では反省しています。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
わからないことは必ず聞く

わからないことがわからない時期は、グループミーティングで他の受講生の方の質問がとてもためになりました。質問ができるようになってからは、わからないときは講師の方、また一緒に製図学習に取り組むチームの受講生の方々に必ず聞くようにしました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
作図強化講座でのスピード感の取得

作図強化講座で講師の方に背中を押されることで、スピード感を取得することができました。また、グループミーティングで他の受講生の方の図面を見ることで、精度のアップにもつながりました。最後は作図に自信を持つことができました。

製図合格のポイント
チームワーク!

最初はグループミーティングに抵抗がありましたが、他の受講生の方にとても助けていただきました。また、一緒に学習に取り組む仲間でありながらも、おそらく製図のライバルになるので、「負けていられない!」という気持ちを忘れず、刺激をもらいながら製図の講義に向かいました。

今後の目標や抱負

業務上ではまだわからないこと教えてもらうことばかりですが、建築士の資格を取得したことを自分自身の1つの自信にして、積極的に業務に向かいたいと思います!また、責任の大きい仕事であるということを改めて意識したいと思います。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

まわりの方のサポートは絶対です!

学生時代にお世話になった恩師へ一言

学生時代に考えていた「1級建築士」という資格を取得することができました!仕事はもちろん楽しいことばかりではありませんが、教えていただいた、「建築」に近づけるよう、日々これからも努力します!

総合資格の教材やサービスでよかったところ
グループミーティング

わからないこともわからないとき、他の受講生の方の質問で得る情報がとてもためになりました。他の受講生の方の図面、エスキスから学ぶことも多く、とても充実した時間でした。

学科模擬試験

2級建築士取得に向けて通学していたときから信頼していましたが、模試から本試験に出る問題がとても多く、ポイントをしっかりとおさえられる教材でした。

教務スタッフ

2級建築士の学習のころからお世話になっており、仕事のスケジュールに合わせられるよう協力してくれました。講義に出られないときも日程調整の相談にたくさん乗っていただきました。

作図強化講座

この講座で作図のスピードアップと完成度を高める指導を徹底的にやらせていただいたおかげで、作図時間が縮まり精度もぐっとあがりました。この講座で作図に自信をつけることができました。