中原 健太郎さんの
1級建築士合格体験記

とにかく諦めずに最後
までやり切る

令和元年度
1級建築士合格
中原 健太郎 さん(29)

学 歴
大学院
勤務先
官公庁
行政
教 室
受講講座
1級建築士学科対策講座
1級建築士設計製図講座

受験回数 学科1回/設計製図3回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
まちづくりに関わりたい

まちづくりに興味があり志望しました。100年に1度と言われる「都市の骨格の大転換」の変化をこの目で見て、関わってみたアクセスの良さ総合資格学院の校舎が職場や自宅から近く、自習室が利用しやすい環境にあったのが理由としては大きいです。また、独学は自分には合わないと感じ、総合資格学院に通うことを決めました。い、という思いからこの仕事を選びました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
「建築主事」取得のため

将来的に建築主事の取得を目標としています。そのために1級建築士取得をめざしました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
アクセスの良さ

総合資格学院の校舎が職場や自宅から近く、自習室が利用しやすい環境にあったのが理由としては大きいです。また、独学は自分には合わないと感じ、総合資格学院に通うことを決めました。

ご自身と独学者を比べて、感じた一番大きな違い
知識量の違い

独学で勉強している人と同じ試験で同じ点数を取っていたとしても、その知識が実際に定着しているのかは差が大いにあると感じました。総合資格学院でみっちりと勉強したことは、無駄になっていないと思います。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
予定を入れすぎた

試験勉強期間中にプライベートでも忙しくなり、勉強に本腰を入れてできないことがあり、大変反省しています。片手間で合格できるような容易な試験ではないと痛感しています。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
隙間時間と自習室の活用

仕事の休み時間などの隙間時間は上手に活用し、就業後はなるべく多くの時間を確保し、総合資格学院の自習室へ通いました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
現場監理

学院で勉強したおかげで、現場で打ち合わせなどをしているときに、必要な寸法がきちんと頭に入っており、チェックするポイントが理解できました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)
得意科目(分野)

計画

苦手科目(分野)

法規

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法
講師の言ったことは全てやろう

法規については、ずっと点が取れず、悩んでいました。時間も取れず、講義で言われていた宿題以外のことはできていませんでした。その後講師の方が言っていた整理法を試してみると、理解しやすくなり、本番では今までで一番高い点が取れました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと
多角的な学習

講義のなかでどうしてそういう答えになるのか、いろいろな視点や情報から得ることを学び、多角的に学習する重要性を実感することができました。

学科合格のポイント
諦めない

長い勉強期間のなかでは、途中で諦めたくなることが多々ありますが、直前まで諦めずに勉強したことが学科試験を突破できたポイントだと思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
時間配分が大事

事前に設定した時間通りに終わらせることは難しかったです。そのため、とにかく時間を見ながら、収まらなくても形にするように心がけました。講義では多くの問題を解くことができ、その力を養いました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
速く正確に描く

作図では速く正確に描くことに苦労しました。講義などでエスキスの段階から図面にする過程を繰り返し練習し、克服していきました。

製図合格のポイント
課題文の読み取り

設計製図試験の突破のポイントは作図やエスキスはもちろんですが、最後は読み落としや読み違いをしないことだと思います。課題文をしっかり読んで、頭に入れる。そして、中間チェックや最終チェックの時間を十分に取ることで、抜けを防止することが大切です。

合格後の心境や、まわりの変化、今後の目標や抱負は!?

1級建築士を取得して、今後はさらに上の建築基準適合判定資格者検定に合格し、建築行政に深く関わる人間になれるよう、キャリアアップしていこうと考えています。

資格取得をめざす方へアドバイス

諦めずに続けることが大切です。辛いことも多いですが、頑張ってください

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

総合資格学院の講師の方は、専門的な知識が豊富で、質問にも親身に答えていただけました。

学科テキスト

学科テキストは知識を体系的にまとめられており、試験の終わった後にも活用できるほど、とても役立ちました。

グループミーティング

講義の中で、作図方法など有意義な情報や他の人の考えが聞け、自分のなかに活かせたのが良かったと感じています。

コンパクト建築作品集

建築作品が写真などでわかりやすくまとめられている一冊で、重宝しました。