中島 昭紀さんの
1級建築士合格体験記

ともに最後まで走りきった妻に感謝

令和元年度
1級建築士合格
中島 昭紀 さん(27)

学 歴
大学院
勤務先
建築設備工事会社
施工管理
教 室
受講講座
1級建築士設計製図講座

受験回数 学科1回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
建物の快適性に大きな影響力がある建築設備

建築設備はほとんどの建物では天井裏や床下など、普段は人から見られることのない場所で働いていますが、建物の環境快適性に大きく影響するのは設備だと思いました。居住者が快適に、衛生的に生活するために欠かすことができない建築設備に興味を持ち、現職に至りました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
資格取得の重要性を教えて頂いた上司の存在

建築設備業を本業とする会社に入社した際、業務上直接的な関係のない1級建築士を取るつもりはありませんでした。しかし、ある上司から建設業界で働く上での資格取得の重要性を説かれ、そこで1級建築士に対する意識が強くなりました。その上司に「良い報告をするぞ」という気持ちがモチベーションの一つになったと思います。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
大学時代から親交のあったライセンスアドバイザー

資格学校の選択で迷ったことは有りませんでした。大学時代から総合資格学院のライセンスアドバイザーの方と親交があり、学院のカリキュラム、教材についての情報は常に得られました。そこで、学院の豊富な教材や、ライブ講義など「バックアップの手厚さを信じてみよう」と決心しました。特に、ライブ講義はわからないことをすぐ聞けるという点で魅力的でした。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
製図試験の延期直後のモチベーション

今年の設計製図試験は、試験日前日に延期が決定され、延期決定からしばらくはモチベーションが上がりませんでした。机に向かってもなかなか手が進まず、いっそのこと、試験のことは一旦忘れてしまおう、と1、2週間は遊び、旅行にも行きました。今思えば、それが気持ちの切り替えになったのかもしれません。学科試験を含め、1年近くの長期戦である試験のため、時には息抜きも大切だと思います。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
あらゆる隙間時間を利用

資格を取る上で、勉強時間の確保は不可欠ですが、時間の確保のために、通勤時や昼休みにエスキス、プランニングを考えたりと、隙間時間はずっと試験勉強のことを考えていました。それでも時間が足りず、睡眠時間を削りながら生活していくことが一番苦労したことです。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
エスキス手順の確立がカギ

設計製図対策の中でもっとも苦労したのがエスキスです。エスキスを進める上で「どうしてもプランがまとまらない」「課題文に反したミスをしてしまう」といった状態が試験日直前までずっと続きました。原因はエスキスの手順が確立されていないことだったと思います。これから試験を迎える受験生の方は、講座初期の段階でエスキスのプロセスを十分に理解し、早期に手順を確立されることをお勧めします。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
学院の目標時間の壁を切るには、作図手順の確立を!

学院では作図完成に掛ける時間が決まっており、必達です。作図にも短時間で描き上げる方法があり、学院では分刻みに決められたタイムスケジュール・作図手順を教わりました。あとは、反復、反復、反復です。受講生仲間の中にはとびっきり作図が速い人もいたので、技を見て盗んだことも効果的でした。ちなみに、私が最初に描いた図面に掛けた時間は7時間でした。これから受験される方、最初は途方もなく感じるかもしれませんが安心してください、そんなものです。

製図合格のポイント
徹底した時間管理

6時間30分という限られた時間の中で、自分が満足いく図面・記述を仕上げられたことは一度もありませんでした。「完璧な図面を仕上げる受験生はほとんどいないはず」と思い、「完璧に仕上げたい」という意識は捨て、「減点されてもいいから時間以内で完成させる!」という意識が大事だと思います。学院では分刻みで決められたタイムスケジュールを教えてもらえるので、あとはそれを実現できるまで反復練習をしました。

今後の目標や抱負

私の本業は建築設備ですが、実務の中でも建築士試験で学んだ知識は活かせるはずです。建築のことがわかる設備屋になれるよう、今後は、1級管工事、建築設備士などの資格取得にも積極的に挑戦していきたいです。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

資格を取得する際には、時間や費用を費やし、孤独な時間が続くこともあるかと思います。社会人の資格勉強は仕事との両立のため、とても大変なことだと思います。私は何度か投げ出したことがありましたが、最後まで走り抜ける覚悟を決めてください。断固たる決意を!

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

終始全力投球で指導していただきました。すべての球を投げ返すことはできませんでした(笑)。

グループミーティング

自分のエスキスを他の受講生に説明することで、考えのプロセスを掘り下げることができ、また意見を聞くことで、自分にはない観点を得ることができました。

設備用教材

建築設備の概要を知る上では、市販されているどの教材よりも簡潔に書いてあり勉強になりました。実務の場でも活用していこうと思います!

ライセンスアドバイザー

試験勉強中は成績が振るわず落ち込むことが多かったですが、そんなときのアドバイスや励ましに勇気づけられました。