西村 沙結さんの
1級建築士合格体験記

強い気持ちを持ち続けること

令和元年度
1級建築士合格
西村 沙結 さん(27)

学 歴
大学
勤務先
設計事務所
意匠設計
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
公共性の高い建築の設計がしたかったから

自分の想い描く線が実際の建築物になり、多くの人々に使ってもらえるということに憧れを抱いていました。そのため、大学は建築学科に入学し、公共性の高い建築設計に携わることができる設計事務所に就職しました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
1級建築士として仕事がしたかったから

受験した理由のひとつは、会社が資格取得を推奨しているということ。そして、建築の道に進むからには1級建築士として仕事がしたいという思いがあったからです。資格を取らなければ、図面に名前が残ることもありませんので、早々に取得したくて受験を決めました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
身近に講師がいる環境が魅力

総合資格学院の1級建築士合格者占有率が圧倒的に高く、有利に学習を進められると思ったからです。また、講師が常にいるライブ講義であることで、不明点はすぐ解決でき、講義の内容も頭に残りやすいということに魅力を感じました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
楽しみながら真剣に取り組めた1年

平日の夜に、時間を忘れてエスキスや作図に取り組んでしまい、気づけば外が明るくなっていたことも。その結果、翌日の仕事では睡眠不足で頭が働かないということも多々ありました。試験直前期には、休日に何人かの受講生で集まってエスキスとグループミーティングを行いました。年齢層が幅広いメンバーでしたが、尊敬できる人たちでした。勉強しつつも学生時代に戻ったような気持ちで楽しく試験勉強ができたのは、いい思い出です。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
時間はつくるもの

平日は残業も多く、なかなかまとまった勉強時間を確保することは難しかったです。でも、就寝前の30分~1時間は勉強や作図にあてるなどして、机に向かわない日をできるだけなくすように努めました。要点の記述や構造、設備の知識をつける勉強は、教材や課題の写真をスマホで撮影しておき、通勤電車内で勉強。このように、すき間の時間を有効活用し、自宅ではエスキスや作図に集中できるようにしました。なお、週末は日曜日が講義だったので、土曜日は7~8時間は勉強をしていたと思います。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
基本的な知識が設計に活きた

実務では設備や構造についてあまり学ぶ機会がありませんでした。しかし、1級建築士の勉強をすることで、知っておくべき基本的な知識を習得することができたので、実務設計時の引き出しが増えたように思います。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、令和元年度の講座強化についての感想
充実した講義内容

まず長期講座で学びはじめて驚いたことが、講師による非常に精度の高い作図チェックです。前年受験時もそこそこ作図の精度には自信があったのですが、まだまだ力が足りないことに気づかされました。また、講師による講義内容の良さはもちろんですが、グループミーティングからもたくさんの優秀な受講生から刺激を受け、1回毎の講義の満足度が非常に高かったです。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
課題文がすべて

エスキスで重要なのは、課題文に寄り添ったプランニングをするための課題文の読み取りです。自分がいつもどこで読み落としや思い込みをしてしまうかを意識して確認し、再び同じ間違いをしないように訓練を重ねました。プランニングは、パズルのように室をはめていくのではなく、使われ方を頭に描きながらプランに落としていくことが大切です。また、自分の描いているプランにこだわりすぎず、ほかのパターンもいろいろ検討して選択肢を多く持っておくことも重要かと思います。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
速く描くには何度も描くことが大事

)作図スピードはもともと遅くありませんでしたが、さらに速く、精度の高い図面が描けるように、夏期休暇期間は1日1枚程度作図を行いました。また、どんな課題であっても必ず登場する、階段やトイレなどはスラスラ描けるようにしておくとスピードアップにつながります。なお、作図道具は、自分が使いやすい道具に出会っていなかったらもったいないと思ったので、みなさんに道具を借りてみたり、お金を惜しまずいろいろ購入して選ぶなどして研究を重ねました。その結果、自分にぴったりの道具に出会えました!

製図合格のポイント
合格したいという気持ちを持ち続けること

講師や受講生からの指摘やアドバイスには素直に耳を傾けて、独りよがりにならずどんどん吸収することです。あとは講義で出された課題は真面目に取り組み、なんとしても合格したいという気持ちを持ち続けることが大切です。

今後の目標や豊富

1級建築士の資格が名刺に書いてあるだけで、施主や施工者から建築がわかっている人間だと判断されてしまうので、資格が取れてうれしい反面、身の引き締まる思いです。1級建築士の名に恥じない仕事をしていきたいと思います。もう少し具体的に言うなら、近い将来は小規模でも自分で丸々一件を担当できるようになりたいです。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

モチベーションを保ち続けるのも大変だと思います。私の場合は、試験に合格したらやりたいこと、受かったときの自分を想像して過ごしていました。試験当日や結果発表前に気持ちが不安定になったことも。自分で自分にプレッシャーをかけていたのかもしれません。合格した今は、とても晴れやかな気持ちです(笑)。また、講義での課題で納得のいく成果が出ないと、本当に受かるのだろうかと不安に押しつぶされそうになることもあるかもしれません。自分に負けない強い気持ちを持って、せっかくなら楽しんで勉強に取り組んでくださ。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

自分のエスキスや作図のクセを踏まえた的確な指導を受けることができました。

グループミーティング

ほかの受講生とエスキス方法や思考プロセスを共有し合うことで、よいところを自分の学習に取り入れることができました。

オリジナル製図課題

一つの課題にたくさんのポイントが詰まっていたので、取り組みがいがあり、さまざまなパターンに対応できるようになりました。

設計製図テキスト

基本的な事項を確認したいときに、調べやすいので重宝しました。