坂本 旭さんの
1級建築士合格体験記

学習の全てが現場で活かせた!

令和元年度
1級建築士合格
坂本 旭 さん(31)

学 歴
工業高校
勤務先
自営業(大工)
大工
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科2回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
小さいころから父親の背中を見続けて

大工として働く父親の姿を見て、現場の『親方』の凄さに魅せられ、「自分も絶対に大工になる」と、小学生のころから思っていました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
高い知識を身に付けるため

現場での作業だからこそ、建築の高い知識を身に付けるべきと考え、資格取得を決断しました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
ライブ講義の良さ

質疑応答がその場でできることが魅力的でした。2級建築士を合格した際も総合資格学院に通ったので、1級も受験するのであれば総合資格学院と決めていました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
一緒に受験した仲間との助け合い

仲間との情報や知識を共有することで切磋琢磨しながら成長できました。自分一人だけの力では合格まで辿り着けなかったです。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
隙間時間をすべて学習時間に

現場までの移動時間、昼休みなど空いた時間は全て勉強に費やしました。設計製図の場合、まとまった時間が必要なので朝早く起きて、学習時間を確保するなどの工夫をしました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
打ち合わせで知識が活きた

打合せをするなかで学科で学んだことをお客様に説明、提案できるようになりました。

設計製図攻略法

強化ポイントについて感じたこと、役立ったこと
グループミーティングの重要さ

他の人のプラン構成を聞くことは勉強になりました。固定概念になることなく柔軟に対応することができました。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
エスキスを割り切る判断力

とにかくエスキスが苦手で、まとまらなくずるずると時間をかけることが多かったのですが、100点を狙うのではなく80点のプランをめざすようにしたら気持ちが楽になりました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
色々なシャープペンの芯で、メリハリをつける

柱は0.9mm、躯体は0.7mm、文字は0.35mmと使い分けることで図面にメリハリをつけ、印象度UPを心がけました

製図合格のポイント
課題文に忠実なチェック

出題者(施主)の思いに応える気持ちで臨むことが製図試験を突破するポイントだと思います。そのためには課題文をよく読みチェックすること、読み落としをなくすことが重要です!

合格後の心境や、まわりの変化、今後の目標や抱負は!?

「この経験を活かし、次の世代へ繋げたい!」と考えています。そして、今後の若い人々に建築業界に興味を持ってもらえる架け橋となりたいです。

資格取得をめざす方へアドバイス

資格取得は簡単なことではありませんが、決して自分に妥協しないことです!

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

試験対策だけではなく建築士としての姿勢を学ぶことができました。

グループミーティング

他人の意見を聞くことで違う視点を加えることができました。

教務スタッフ

講義のなかではできないフォローや情報を沢山教えてもらいました。モチベーション向上にも繋げてくれました。

設備用教材

空調系が苦手だったのでよく活用していました。とてもわかりやすい内容で理解するまで何度も読み返しました。