坂本 大輔さんの
1級建築士合格体験記

「絶対合格する」という強い気持ちを持ち続ける

令和元年度
1級建築士合格
坂本 大輔 さん(32)

学 歴
大学院
勤務先
工務店
意匠設計
教 室
受講講座
1級建築士設計製図・中期必勝コース

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
建築というモノづくりの楽しさ

小さいころから自分で考えて、手を動かしてモノをつくることが好きでした。自然と建物の設計がしたいと思うようになり、建築を学びはじめました。大学でデザイン学科を専攻し、そこで意匠設計の楽しさ・面白さに魅せられ、この道に進みました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
本気で夢を叶えるため

今までは独学で勉強してきましたが、思うように継続できず、地元にUターンしたことを機会に、本腰を据えて、本気で1級建築士を取得しようと思いました。勉強するモチベーションがずっと維持できるか不安でしたが、ここで取り切りたいという想いが強かったので、乗り切ることができました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
学習カリキュラムの良さとライブ講義

合格するための学習カリキュラムが明確に組み立てられていたことが、総合資格学院を選択した一番の決め手になりました。また、直接講師の方々から指導を受けられることも魅力的に感じました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
こなすだけではダメ

試験勉強は長期間に及ぶため、勉強を開始したころは、与えられた課題のみをこなし、勉強に対してあまり気持ちが入っていなかったと思います。模試では全く成績が伸びず、このままではマズいと気持ちを切り替え、合格するためにはどうすればよいか、改めて学習方法を見直しました。与えられた課題だけをするのではなく、自分自身で課題をきちんと整理し、正しく理解していくことが大切だと感じました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
自分に合った方法で学習する

仕事を行いながらだと勉強時間は限られるので、休憩時間や仕事後の時間の使い方を工夫しました。昼食を取りながらテキストを読み込んだり、休憩時間に少し問題を解いたりしました。私の場合、夜の方が集中できたので、仕事後に1日最低で4時間程度は学習時間を確保し、習慣化していきました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
スキルアップ

実務でクライアントや現場での打合せなどを行うなかで、学院で得た知識が活かされていると感じました。設計者としてのスキルアップにつなげることができたと思います。

設計製図攻略法

作図で苦労した点や克服方法、講座で役立ったこと
こだわらずに柔軟に考える

学院の課題は、様々な要素が詰まっていて、難しい課題が多く、一つの部分にこだわっていると、全体が見えなくなってしまい、ミスも増えてきます。時間との闘いでもあるので、割り切りながら、俯瞰して全体を捉えることが大切だと感じました。記述は、キーワードや数値を理解することと、設備の仕組みを正しく理解することで、自然と書けるようになりました。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
エスキスを覚える

作図に対しての苦手意識はあまりありませんでしたが、作図時間を短縮することに苦労しました。最初は、何度もエスキス見ては作図をしていたので、時間がかかり、手戻りも多かったのですが、作図手順を守り、時間配分を意識し、機械的に描いていくことで、速く描けるようになりました。

製図合格のポイント
チェック時間の確保

6時間半の試験のなかでチェック時間が一番重要だと思います。中間チェックでは、ミスがあると後戻りできないので、何回も課題文とエスキスを見直しました。最終チェックでは、見落としがないか何度も確認し、補足を書き足し、設計意図が伝わるように仕上げたことが、合格へと結びついたと思います。

今後の目標や豊富

資格を取得し、ようやく、スタートラインに立つことができました。今後は1級建築士として責任を持って設計に取組み、より多くの建築をつくりたいと思います。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

長期間に及ぶ試験勉強のなかで、何度も心が折れそうになり、投げ出したいと思うことも沢山ありました。そのたびに「絶対に合格する」と自分に言い聞かせて乗り切りました。最後まであきらめずに、辛抱して継続していくことが大切だと思いました。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

講義が終わった後も、夜遅くまで一緒に残っていただき、疑問点やわからない部分を丁寧に教えていただいたことで、本試験でも落ち着いて臨むことができたと思います。

グループミーティング

他の受講生のプランと自身のプランを見比べることで、どこでミスをしたのか発見することができ、同じミスをしないように意識できました。また、ミスだけでなく良い部分も多く見つけることができ、参考になりました。

合格ダイアリー

学習予定を書き込み、スケジューリングしていくことで、やるべき内容を明確にすることができました。

教務スタッフ

不安なときや自信がないとき、落ち込んだときに常に相談に乗っていただき、励みになりました。