佐藤 滉哉さんの
1級建築士合格体験記

実務で活きる学習内容

令和元年度
1級建築士合格
佐藤 滉哉 さん(27)

学 歴
大学院
勤務先
組織設計事務所
意匠設計
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科1回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
小学生のときに見た建築家に憧れて

小学生のころ、実家の新築を依頼した建築家の姿に感銘を受けたのがきっかけだったと思います。クライアントの要望に真摯に対応し、それを建物という壮大なモノづくりの世界でカタチにしていく―。その姿に憧れを持ち、建築の道に進みました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ
設計業務を行ううえで必須の資格

建物を設計する際、クライアントは大きな希望と多額の費用を投じて設計者に委託します。そのクライアントに真摯に寄り添って設計業務を行ううえで、1級建築士の資格はあって然るべきもの、そして礼儀で有るとも思い、受験を決断しました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
豊富な実績と充実したカリキュラム

まず一番目に決め手となったのが圧倒的な合格実績です。建築士試験においては受験者全員がライバルのため、総合資格学院のなかで上位の成績を獲得することで合格に近づけると考えました。また、当時先輩に見せてもらったテキストが大変わかりやすかったのも決め手でした。

受験期間中の印象に残るエピソード
到達点の見える学科と見えない製図

学科は各教科の点数によって、現状の自分の到達点や苦手な部分の克服などが行えますが、製図に至っては採点基準が公開されておらず、1つのミスで合格できなくなる厳しい試験です。初受験年度は学科と同じくらいの学習で大丈夫だろうと思っていたことを後悔しています。製図は学科を受かった人達のなかでの戦いです。試験までにどれだけ自分を追い込んで取り組めたか、それに尽きると思います。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
忙しい日常業務のなかでも毎日決まった時間を確保する

日常業務を行いながら合格をめざすことになるため、いかに学習の習慣を自身で設定できるかが重要であると思います。学科は通勤時間や昼休み、就寝前などの短時間を苦手克服の学習に充てていました。製図はある程度まとまった時間を確保する必要があるため、睡眠時間を削ってエスキスや作図の時間を確保し、隙間時間に要点の学習を行なっていました。

学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
建築に纏わるあらゆる分野で活きる教養

普段は意匠設計業務に従事していますが、電気・設備・構造との打合せにおいて、学院で学んだ知識が活きる場面が増えました。また、現場管理で施工者と打合せをする際にも施工の理解が深まった事により、意見交換がスムーズに行えるようになりました。 「まずは資格を取ってから」という周りの空気も、合格して変わりましたし、教えられる立場から対等な立場へステップアップしていく感覚も生まれました。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、令和元年度の講座強化についての感想
チェック能力の強化で合格を確かなものに

設計製図試験においては、要求項目に対して漏れなく、適切に提案できるかが最重要であると考えます。講座においてはチェックの精度と時間の確保を重点に構成されていたため、本番でしっかりとチェックを行えました。初めて設計製図受験したときは、課題をこなすのに精一杯で+αまで踏み込めませんでしたが、長期の講座に通うことで実力を高めることができました。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
同じ課題を何度も繰り返し、パターンを覚える

エスキスについては、当日課題をランクⅠのプランになるまで解き直し、どの段階でつまずいたのかを把握すうようにしていました。また、アプローチや条件を自身で変更して、解いてみたりすることで対応力を養いました。記述については、当日課題とは別の設備方式の場合で解き直すなど、包括的に学習することに務めました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
スピードと精度のバランス

設計製図試験を通して一番苦手だったのが作図でした。丁寧に描くことにこだわったり、細部が気になって修正したりしていたため、1年目は試験時間の半分弱かかっていたと思います。2年目は合格に必要とされる要素だけを描くことと、採点できる最低限の精度に留めて作図スピードを上げることで最終的に学院の目標時間内に補足も含め描き切ることができました。

製図合格のポイント
正確なチェックと時間管理

学院で掲げている「チェックなくして合格なし」、これに尽きると思います。要求が1つでも満たされていなければどんなに綺麗なプランでも合格できないため、正確なチェックとそれを行うための時間管理、この2つが最重要であると思います。

今後の目標や抱負

資格を取得することで設計者としてやっとスタートラインに立てたと思います。これからは、資格勉強を通して学んだことを活かしつつ、1級建築士の資格に恥じぬよう日々の業務に邁進していきたいです。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

日々の業務を行いながら資格勉強に取り組むのは精神的にも体力的にもかなり辛いです。ただ、その期間を少しでも短くして、合格を掴むため、自分史上これ以上ないくらい集中的に取り組むことが、後々の達成感や充実感に繋がると思います。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
ライブ講義

実務経験の豊富な講師による丁寧な講義や、自身が試験勉強に取り組んでいた際のテクニックなど、実際の試験で救われた部分が多々ありました。また、講義を受けに行くという使命感が継続した学習習慣に繋がりました。

合格ダイアリー

毎週の学習計画を立て、それを実行して行くために有効だと思います。また、日々の学習の成果や反省点などをまとめておくことで、試験直前に効率よく復習できる教材になり得る点も良かったです。

グループミーティング

受験生同士で意見を交換する場がある事で、能動的に学習に取り組め、自身では思いつかなかったプランや同じ悩みを共有したり、切磋琢磨することができたと思います。また自分と違うインフラや設備業界の方の視点・考え方を学ぶ機会にもなりました。

オリジナル製図課題

豊富なバリエーションの課題を解くことで、どんな問題にも柔軟に対応できる能力が備わったと思います。