高木 翔平さんの
1級建築士合格体験記

自分を信じて突き進め

令和元年度
1級建築士合格
高木 翔平 さん(27)

学 歴
大学院
勤務先
設計事務所
建築設計・
工事監理・大工
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科2回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
幼少のころから見てきた祖父・父の背中

幼少のころから事務所に行くたびに祖父に建築についての話をよく聞かされました。「五重塔の心柱のような男になりなさい」と、何度もそう語る祖父の鋭い光を帯びた目と、ゴツゴツした大きな手、木材を睨む背中が今でも印象に残っています。建築の道に興味を持つには十分な環境だったと思います。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
人生のはじまりは1級建築士を取ってから

幼少のころからそういった環境で育ってきていたので、小学校の卒業文集には既に建築の世界への熱い思いを書いていました。祖父の「やるなら1番をとれ」という教育方針もあって、いつしか1級建築士を取ってようやく自分の人生がスタートするような感覚になっていたので、この受験はあって然るべき存在でした。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
合格率と実績、受講生の年齢層

資格学校を決める際に、実は他校の営業の方との話を進めていましたが、総合資格学院の講師によるライブ講義、高い合格率と実績を見比べて総合資格学院に決めました。また、受講生の年 齢が若いことを聞いて、競い合える環境が自分に合っていると思ったのも理由の一つです。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
手段に頼るな、自分の手と頭に叩き込め

1年目の学科勉強中はその必要とされる膨大な知識量を前に愕然とし、教材をすべてスキャンして電子書籍化。いつでも勉強できるようにしてみたり、睡眠時間を削って睡眠効率を上げる方法を考えてみたりなどピントのずれた学習方法を模索していました。2年目からは新たな手段を模索することをきっぱり辞め、自分の手と頭の精度を上げる努力をしました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
深夜の誰もいない会社

学科は出張中の飛行機の中で勉強するなど隙間時間を利用しました。しかし設計製図の試験はそうはいかず、睡眠を削るしかありませんでした。自宅で勉強しようとするとつい自分に甘えが出てしまうので、深夜の誰もいない会社に目をつけ、22時ごろに寝る準備を完全に済ませた後、会社に行き4時半ごろに帰宅、翌朝7時半に出社するようなサイクルをつくることで勉強時間を確保しました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
職人さんと話ができるように

現場に出て職人さんと話をする機会が多く、最初のころは何を言っているかさっぱりわからず話をすることが怖かったのですが、学院で知識が増えていくにつれ、現場の流れや人の動きが 見渡せるようになり、現場でのコミュニケーションも次第に円滑になりました。

設計製図攻略法

当学院で行った、①精度の高い図面を効率よくスピーディに描ける作図力、②作図時間の短縮によるエスキス時間の確保・表現豊かなプランニング、③ミスや好事例を共有するグループミーティングなど、令和元年度の講座強化についての感想
徹底した時間管理

製図の初年度は何が何だかよくわからないまま作図力のみを鍛えていました。それ故にエスキスは一向に苦手意識が抜けないまま時間の縛りに囚われ、未完への不安が大きく、作図も荒く、とにかく焦りしかなかったように思います。しかし2年目は今自分が どの段階にいるのか、予定の時間から何分遅れているのか、作図量の多さによってエスキスにかけられる時間が何分あるのかを冷静に把握できる時間管理を徹底して叩き込んでいただいたおかげで、課題文に向き合うことができ、課題の主旨に落ち着いて寄り添うことができたと思います。

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
「課題文が全てであり、答えだ」

エスキスには発想力、プランニングの経験、センスが必要……。
そう考えていた僕に講師から発せられた「課題文が全てであり、答えだ」の一言は受講当初の僕の偏見を一瞬のうちに崩してくれました。エスキスに相当トラウマを抱えていましたが、課題文の読み落とし、勘違いがほぼなくなり、履き違えずに読む感覚をつかむことができてからはエスキスの形が自然と浮かび上がってくるようになりました。それ以来「今回はどんな文言でひっかけようとしてくるのかな?」とちょっとワクワクしながら課題文を読むことができるようになりました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
作図の速さは量、精度はエスキスにあり

作図に関してはかなりの自信があり、あまり苦労はしませんでしたが、1級建築士の作図の順番、作図量に慣れるためにはとにかく量を描いて練習する必要がありました。また、作図のスピード・精度に大きく影響するのはほかでもない自分のエスキスでした。
ミスの要因はエスキスの段階で省き、自分がミスしやすい空調関係、PC梁、斜線、室名、区画関係は大きな文字で書く、目に付きやすいように印を描くなどの訓練をしたことで作図の時間短縮と精度向上につながりました。

製図合格のポイント
課題文と反省

課題文が全てです。確定要素の少ない課題では意を決して決断しなければならない場面がたくさんありますが、まずは課題文の主旨に沿うことが大切です。あとは自分のミスを放置しないこと。講義では大量の添削図面が返ってきます。宿題をするだけで精一杯……と思うのは当然の感情だとは思いますが、そこには講師の愛がたくさん詰め込まれているので2度と同じミスはするまいと書き留めておくことが、試験当日つまらないミスで不合格にならないためのポイントだと思います。

今後の目標や抱負

今後はこれまで扱うことのできなかった規模のお施主様のご要望にも応えていきたいと思います。住宅 を扱うことが多く、土地関係からトータルでサポートできる体制を整えたいと考えているので、宅地建物取引士の取得をめざそうと考えています。また、この 一年間勉強をがんばったので、友人と一緒にツーリングや飲み会も存分に楽しみたいです。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

困難な勉強時間の確保、大量の宿題、特別対策講義など、逃げたくなる理由なんていくらでもあります。踏みとどまることができたのは応援してくれる家族、友人、講師、ライセンスアドバイザーなどの、学院の方々の存在があったからこそです。苦しんでいた当時の自分に一言言えるのならばこう声をかけてあげたいです。「大丈夫、お前はよくやってる。そのままやりきれば最高の景色に出会えるから」。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

先生には多大なご迷惑をおかけしましたが、ようやくスズメの涙程ではありますが吉報を届けられたかと思います。最近では公園でゆっくりする時間もなくて、院生のころの僕に「羨ましいほど美しい空間と精度を実施設計まで持ち込める位、手と足を動かして!」と叱咤激励を飛ばしてあげたい日々を送っております。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

講師には、描いた線・成果物をから、思考の癖・迷い・躊躇をぐうの音も出ないほどに見破られました。課題を解いている最中には、絶対にしてはいけないミスをしたまま解き進めてしまい、講師から強く指導されましたが、あのときのご指摘のおかげで合格できたと思っています。

ライセンスアドバイザー

担当してくれたライセンスアドバイザーはとにかく勉強の進捗状況、精神状態、健康状態を気にかけてくれました。ライセンスアドバイザーとは受講の契約時くらいしか会うことが無い関係性だと思っていましたが、全く違い、4年間(2級建築士の期間も含む)の僕の状態を全体的な視野で把握してくれている人が学院にいるという安心感はとても大きな励みになりました。