髙橋 千早さんの
1級建築士合格体験記

自分のスキルアップのためにも決して無駄ではない

令和元年度
1級建築士合格
髙橋 千早 さん(34)

学 歴
大学
勤務先
ハウスメーカー
積算
教 室
受講講座
1級建築士設計製図講座

受験回数 学科2回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
人が生活する空間の提案がしたかった

学生のころからものづくりができる職に就きたいと思い、大学は美術系の大学に進学しました。大学では、椅子などのインテリアデザインから公共で利用できる場などの空間デザインを勉強しました。デザインを学ぶなかで、空間の”イメージ”を具現化し、数字や図面に起こすことのできる設計というスキルを身につけたいと思い、今の職に就きました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
設計という職で生きていくには必須

設計という職に就いた当初から、第三者に信頼してもらう第一歩として、資格というものは必須だと考えていました。受験を決めるのには特に迷いや不安はありませんでした。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
タイミング

2級建築士の受験がきっかけです。私は2級建築士の受験資格を得るのに実務経験が必要だったのですが、そろそろ受験勉強を始めなくては……と考えた時期にちょうど総合資格学院の説明を聞く機会があり、学院に決めました。2級取得に向けた学習で、講義やテキストなどがしっかりしていたこと、ポイントをおさえた効果的な学習ができたことで満足していたため、そのまま1級建築士の受験学習も学院に決めました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
堕落するかやりきるか、全ては自分との戦い

私は1級建築士に挑戦した数年のなかで何度も、「今日は仕事が遅かったから」などと言い訳をして勉強しない日をだらだらとつくってしまいました。しかし、堕落は堕落を呼び、一度陥ると勉強するという気持ちに切り替えるのがとても大変です。モチベーションの維持は人それぞれだと思いますが、私の場合は自分なりにメリハリのあるスケジュールを体に覚えさせ、癖づけることが大事でした。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
眠いときは寝る

私の場合は仕事から帰ってすぐに学習に取り組むと、なかなか疲れが取れなくてただやっているだけになり、身に入ってきませんでした。なので、仕事から帰ってどうしても眠いときは1、2時間寝てから学習に取り組みました。その方が、勉強時間は短くても、集中して課題に取り組めたと思います。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
設計としての基本的な部分が身についた

建築学科卒ではなかったため、正直、法令集の引き方や建築基準法については何も知りませんでした。かといって、そのような基本的な部分を上司が教えてくれるわけでもありませんでした。なので学院で学習したことが原点となり、設計の基本的な知識やスキルが身につき、今の仕事に当てはめて考えることができています。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
動線を意識すること

1年目は正直、エスキスが時間内にまとまらず、無理やりまとめても空間構成がめちゃくちゃな状態でした。今振り返ると、毎回課題の細かな要求にとらわれすぎて大きな骨となる動線を無視していたからだと思います。解答例を写すときは、2つの階段の位置と廊下を意識して、一番大きな軸となる動線を意識するといいと思います。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
とにかく手を動かし、プランをシンプルに

作図で苦労した点は時間短縮でした。時間短縮はとにかく考える時間をなくすことがポイントです。そのためには次にすることを体におぼえさせることと、プランをシンプルにすることです。トイレのレイアウト、職員室や教室などのレイアウトなどは考えなくてもかけるよう、テキストに記載してあるものを何度もかくことです。担当講師が講義開始のの30分前に什器レイアウトの練習を行ってくだいましたが、力になりました。

製図合格のポイント
エスキス力

作図がどんなに上手でも正解のエスキスができていなければ、この試験には受かりません。講師の言っているポイントを素直に取り入れること、何度も言っていることは絶対に曲げずにエスキスをまとめることです。また、解答例のポイントなども毎回目を通し自分のエスキスの修正を行い、エスキス力を磨くことです。

今後の目標や抱負

1級建築士を取得したことをきっかけに、住宅だけでなく、もう少し規模の大きな建築物の設計に携われるようにがんばっていきたいと思います。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

今年不合格だったら正直諦めようかと考えていましたが、やはり取得すると自信がつき、今後のスキルアップに対する向上心も湧いてきます。また、周囲の目も変わります。資格取得までは苦しいですが、やり遂げること自体がスキルアップへの第一歩だと思います。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
講師

講義のなかで外せないポイントを絞って指導してくれたのですが、できていないときは毎回叱られました。そのおかげで、本試験で頭がパニックになっても外せないポイントを落とさずにエスキスをまとめることができました。

オリジナル製図課題

文章のつくり方や構成などが実際の試験と相違なくつくられているので、問題の読み方やポイントの抑え方などをしっかり学習し、本試験に挑むことができました。

記述用教材

記述対策にはあまり時間を割けなかったなか、文章を繰り返し読んだり写したりするだけで、本試験への対策が十分行えました。

設備教材

建物の規模によっても全然違うため、設備に関わっていないと全くわからない科目でしたが、しくみや必要なスペースなどわかりやすく図にまとめられているため、作図に活かしやすかったです。