髙橋 孝平さんの
1級建築士合格体験記

とにかく時間をつくって勉強する

令和元年度
1級建築士合格
髙橋 孝平 さん(32)

学 歴
大学
勤務先
ハウスメーカー
施工管理
教 室
受講講座
1級建築士設計製図完全合格対策講座

受験回数 学科2回/設計製図2回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
せっかく取った資格を活かしたい

当初補修会社に勤めていて会社で資格者が欲しいということで2級建築士を受験し合格したのですが、総合資格学院で現在勤めているハウスメーカーの募集をみつけ、有資格者を募集していたので、より資格を活かせる仕事をしたいと思い、思い切って転職しました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
正社員へのステップアップのために

現在契約社員なのですが、正社員採用もあるということで、自分の価値を高めるために1級建築士の受験を決めました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
実績と勝手知ったる総合資格

以前勤めていた会社にライセンスアドバイザーの方が来ていてそのつながりで2級建築士を受験していたので、実績があり、やり方もわかっている総合資格学院にまたお世話になることにしました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
まさかの試験延期

台風の影響で試験が延期になってしまいモチベーションが下がってしまいましたが、ここで止まってしまったら立て直せないと思い、何でもいいから継続することを心がけました。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
勉強に集中できる環境づくり

契約社員なのでほぼ定時に上がることができ、勉強時間を確保することはできたのですが、自宅だと全くやる気が出ないので仕事帰りや講義のない休日は学院の自習室で勉強していました。学院が休みの日はマンガ喫茶の個室で勉強していました。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
色々試してみる

エスキスのやり方は講師が教えてくれましたが、自分には合わない部分もあったので、どうやったらまとめやすいか、色々試して自分なりのやり方を見つけました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
身体に動きを叩き込む

最初は何をどうしたらいいのかわからないので目標時間内に描くことができませんでしたが、繰り返し描くことが手順を覚え、ムダをなくし最後には目標時間内に描き切ることができました。

製図合格のポイント
チェックと最後の最後まで描く

読み落し、思い込み、描き忘れは試験の緊張で大なり小なりやってしまいます。本番ではチェックを徹底したことで大きなミスがなかったので合格することができたと思います。また、最後の最後まで描き続けたことで描き忘れをなくし、表現できたと思います。

今後の目標や豊富

まずは資格を活かして正社員をめざします。資格があれば昇給、昇進につながるのでキャリアアップしていきたいです。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

年々試験の難易度が上がっているのでやると決めたのなら、とにかく集中して取り組んで、早いうちに取ることをおすすめします。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
自習室

自宅に帰ると気が抜けてしまい、勉強する気になれないので誘惑がなく、他の受講生もいて勉強しなくてはいけなくなる自習室を活用しました。自習室では集中して勉強に取り組むことができました

学科問題集

過去問題が項目ごとにまとめられているので、予習・復習や苦手な項目をまとめてできるので、効率的に勉強することができました。

グループミーティング

自分では気付けなかったミスを見つけたり、誰かのミスや疑問点を共有することで自分の引き出しを増やすことができました。

ライブ講義

講師に直接教えてもらえるので、疑問点はその日のうちに解消できました。