梅津 拓也さんの
1級建築士合格体験記

人間が最も美しい時、
それは覚悟を決めた時

令和元年度
1級建築士合格
梅津 拓也 さん(25)

学 歴
大学
勤務先
官公庁
本試験得点
109点 (計画:20点、環境・設備:18点、法規:25点、構造:24点、施工:22点)
教 室
受講講座
1級建築士パーフェクト総合セット

受験回数 学科1回/設計製図1回

私の受験ストーリー

現在の仕事の道に進もうと思ったきっかけ
地域貢献に建築というアプローチ

大学時代にお邪魔した地元自治体のインターンシップで、建築という面から地域をより良くしようと尽力されている職員の方々を目の当たりにしました。建築といえば設計か工事監理という当時の私の固定観念が破壊されたと同時に、建築の知識を用いて地域貢献できることに大きな魅力を感じ、市役所へ建築職としての入庁を志しました。

1級建築士試験の受験を決断した理由・きっかけ、また受験を決める際に不安だったこととその克服法
建築に携わるならマストの国家資格

「建築に携わる者なら取得しておくべき、そして取得するなら行動は早く」とおぼろげに考えていたため、大学時代から受験を決断し、勉強をはじめていました。社会人になった際の仕事との両立という不安もありましたが、「時間は与えられるものでなく、自ら創るもの」という級友の言葉を胸に、社会人になっても創意工夫により時間を捻出し勉強時間を確保することができました。

独学または、他の学校利用ではなく「総合資格学院」に決めた理由
他社の追随を許さない高い合格者占有率

最難関国家資格の一つである1級建築士の取得に独学で挑むのは無謀であると思い、資格学校を利用したいと前から思っていました。その矢先に総合資格学院のライセンスアドバイザーの方から、合格者占有率が他社に比べ高いなど様々な説明を受ける機会があり、迷わず利用を決意しました。

合格したからこそ言える失敗談や反省点、受験期間中の印象に残るエピソード
宿題は計画的に

試験がまだ数カ月先である時期はどうしても気が緩んでしまい、宿題への着手がなおざりになることが多々ありました。結果、直前期は積み残した宿題の消化に手いっぱいとなり、+αの勉強が十二分にできませんでした。

勉強時間のつくり方について、苦労した点・工夫した点
青学駅伝チームの模倣

以前、青山学院大学陸上競技部の原監督の講演を受け、「監督に就任した際、まず朝5時起床夜22時就寝を選手に徹底した。その生活が定着してきた数年後、駅伝の順位が大きく上がった」というような内容の話を伺いました。そしてそれをそのまま真似しました。結果、朝の集中できる時間に十分な勉強時間が確保できました。

当学院で学習した内容が、お仕事で活かせたエピソード
建築知識の引き出しが増えた

仕事で建築基準法の確認をする際、法令集の確認が滞りなくできるようになりました。また、建物の工事を受け持った際は、施工で勉強した知識のおかげで、以前より多様かつ深く物事を考えることができるようになりました。先輩との建築の雑談にも一層花が咲くようになりました。

学院で学習した内容が、学校生活または就職活動などで役立ったエピソード
周囲を凌駕しているという自信

学生時代はwebでの視聴講義だけだったので、建築の知識が深く身についていたわけではないですが、精神的には、資格の勉強について周囲より早くスタートダッシュを切っているということが自分の中で自信となっていました。

学科攻略法

得意科目(分野)と苦手科目(分野)
得意科目(分野)

特になし

苦手科目(分野)

特になし

得意にできた理由、もしくは苦手科目の克服法
敢えて持たない、得意・苦手の意識

極論でいえば、満点がとれない科目は苦手科目だと思います。その考えに基づけば、全て苦手科目ということになるため、私は全科目に対して得意、苦手という意識を持たず、平等に勉強しました。そうすることで、比較的点数が取れる科目、そうでない科目、全ての点数が全体的に伸び、実力の底上げができました。

講義で一番役に立ったこと、助けになったこと
質問とその応答内容を敷き詰めたノート

講義では講師の方々に大変お世話になりました。講義時間内外問わず、ときには私個人のため遅くまで残って下さって疑問点にご対応いただいたことが何度もありました。そのことが、合格要因の大きな部分を占めていると思います。そのため、自宅学習で疑問に思ったことは全てメモを取り、講義日にそれらを質問することで理解を深めることができました。

学科合格のポイント
学院が培ってきた合格メソッド

学院の講義を皆勤し、課された宿題をこなし、指示された予習・復習を行う、当たり前のようなこれらのことを淡々と繰り返すことが、合格への最短ルートだと思います。私の周りには、テキストを貰ってから講義にほとんど行かず、自宅で勉強をしている方がいましたが、勉強の計画を自分で立てるなど、大変そうでした。我流は捨て、学院がこれまでで培った極上の勉強法をそのまま受け止めることがポイントと思います。

設計製図攻略法

エスキスや記述(プランニング)で苦労した点や克服法、講義で役に立ったこと
探せば無限にある隙間時間

記述に試験直前まで苦戦していた私は、各課題の記述の参考解答例を撮影し、スマートフォンで常に見る生活を送っていました。食事中、歯磨き中、トイレ中、移動中、休憩中などなど、探せば意外と多くの隙間時間を見つけることができ、結果多量の時間を勉強に充てることができました。

作図で苦労した点や克服方法、講義で役立ったこと
私は「作図の勉強」の5字を「いばらの道」と読む

私は最初、作図のスピードが教室で一番遅く、強烈な劣等感、虚無感から作図が苦痛で、宿題への着手も滞っていました。ただ、作図スピードは描いた量に比例すると頭では理解していたため、己を律し、9月頃からは積み残しを含めた宿題への取り組みを加速させました。宿題を完遂したころには、学院の目標時間で描けるようになっており、改めて学院の講義をきちんとこなせば、力が十分につくことを実感しました。

製図合格のポイント
止まない雨は無いと、ただひたすらに己を信じる

圧倒的に周囲より劣った実力、いつまでも思う様にいかないエスキス、全然時間が短縮されない作図に何度も心を砕かれかけました。ただ、講師の方が、「君のような初受験者は、試験直前で急激に成長することが多い」と鼓舞してくださったため、己を信じて勉強を続けた結果、合格できました。特に初受験の方は、最後まで腐らず、気を緩めずに勉強しぬくことが合格のポイントだと思います。

今後の目標や抱負

今後は1級建築士を取得するなかで得た知識、経験を総動員し、一層社会に資する人間になりたいと思います。また、将来は建築主事、施工管理技士や宅建士など、幅広く資格を取得し、広大な視野を持った人間になりたいと思っています。

御自身の経験を元に資格取得をめざす方へアドバイス

資格取得には、その難易度に応じた覚悟が必要です。私の場合、1級建築士受験への覚悟は、総合資格学院の利用でした。費やした時間は揺るがぬ自信へ、費やしたお金は「何が何でもストレートで合格する」という強い気持ちの原動力となりました。合格すれば、費やしたものは何倍もの価値になって返ってきます。何かを犠牲にしてでも、大いなる覚悟をもって臨んだとき、あなたの未来は眩しくて直視できない程輝かしいものになると思います。

学生時代にお世話になった恩師へ一言

大学を卒業しストレートで資格取得、最年少1級建築士になったことで、多少は我が母校の株を上げ、恩返しができたかなと思います。今後も、我が大学が標榜する「地域に生き、世界に伸びる」を念頭に、建築の力で地域、そして世界へ貢献できる人間となれるよう邁進します。

総合資格の教材やサービスでよかったところ
オリジナル製図課題

様々な条件を想定して作成された課題の一つひとつが、本番さながらで完成度が高いと思います。毎週新しい課題に挑戦し、全て解き終えた試験直前期には多様な条件に対応できる力がついていました。課題の質が合格に直結したと思います。

チューター

特に設計製図試験の勉強において、チューターの方に大変お世話になりました。勉強が周囲より出遅れていた自分に対し、遅くまで残ってご指導下さったり、自分に合ったエスキス手順を一緒に模索して下さったりと、大変親身にご対応いただきました。チューターさんの存在が合格に不可欠でした。

合格サイクル+継続学習

講義の1週間後にあるテストのおかげで、講義後に復習をするというルーティンが身につきました。また、テストを行うため、満点を取ろうと闘争心が掻きたてられ、自然とより深く、より広く復習をするようになっていました。

グループミーティング

設計製図試験の勉強において、グループミーティングのおかげで特に大きく成長できました。試験直前まで設計製図の能力が教室で一番低かった私は、周囲の方全員が講師でした。課題の成果を見せあうグループミーティングでは、自分の欠点、周りの方々のいい所を多分に知ることができ、多大な力をつけることができました。